お酒を飲むと憂鬱・弱気になる。二日酔いの自己嫌悪で死にたい方へ

スポンサーリンク
お酒を飲むと憂鬱・弱気になる。二日酔いの自己嫌悪で死にたい方へ

お酒を飲むと憂鬱・弱気になる。二日酔いの自己嫌悪で死にたい方へ

前日の飲み会での自分の発言を後悔し、

「なんであんなこと言ったんだろう・・なんであんなはしゃいでしまったんだろう・・」

と思う人も多いはずだ。

 

我はいつも飲み会に行くたびに、

「失敗した・・はしゃぎすぎた・・喧嘩した・・漏らした・・」

等と、翌日には自己嫌悪に陥り自分が許せなくなる事が多かった。

黒歴史や嫌なことを思い出さない方法

2017.09.26

上記の記事に書いた通り実践しても、酔い潰れた翌日は体の仕組み上、ポジティブな気持ちになることは無理である。

 

あのイチローでも、時差による寝不足の時には弱気になるというほどだ。

イチロー

それと同じように、いくら心でお酒についてわかっているつもりでも、お酒を飲んだ翌日は、体がネガティブモードになるのだ。

なぜ二日酔い時はネガティブになるのか?

なぜ二日酔い時はネガティブになり、酔っ払ってしまうのだろうか?

 

お酒を飲み酔っ払った後には、肝臓でアルコールを分解するためにアセトアルデヒドという物質が大量に生産される。

このアセトアルデヒドは有害な物質で、この物質が体内にあることで体は頭痛やだるさを引き起こしてしまう。

お酒を飲むと、人間の体の構造上、この物質が作られてしまうのだ。

 

そのため、酔っ払った翌日にはどうしてもだるく、ネガティブな思考になってしまうわけだ。

スポンサーリンク

自己嫌悪に陥りネガティブになり、死にたくなってしまう方へ

そんな二日酔い時のネガティブモードの体では、自己嫌悪の念も強くなってしまう。

 

前日の飲み会での自分の発言を後悔し、

「なんであんなこと言ったんだろう・・なんであんなはしゃいでしまったんだろう・・」

と自己嫌悪に陥り死にたくなってしまうような方も多いだろう。

 

だが安心してほしい。

そのような方は一言でいうと、自意識過剰である。

 

ナルシストな部分があるため、

本当の自分はこうじゃないのに・・」

と落ち込んでいるのだろう。

 

それがアセトアルデヒドが作られたネガティブな状態の体により負の感情が増幅され、激しい自己嫌悪に陥っているのだ。

 

 

まず!!!!!

酔っ払った時のあなたの行いを、あなたの周りはあなたほど気にしていない。

酔っ払った時のあなたの行いを見て周りは、

「こういうことをする人なんだ!こういうことをしゃべる人なんだ!」

とびっくりするかもしれない。

 

だがしかし!!!

あなたはそういう人なのだ。
酔っ払うとうるさくなって、はしたなくなってよくわからないことを口走ってしまうそんな人なのだ。

「私はナルシスト、酔うと変になる、それが私である」

と受け止めると心が楽になる。

 

行き過ぎた酔っ払いはたしかに危険であるが、

「昨日の私の酔い具合大丈夫だった?ごめんね」

と言って、周りが「大丈夫だよ、また飲もうね」というくらいなら全然大丈夫なのだ。

 

ということで、お漏らしや犯罪を起こさない限りは、もし何かをしでかしたとしても、基本的に謝罪で何とかなるのだ。

起きたことをいつまでも、ネガティブな思考でくよくよと悩んでいてもしょうがないのである。

スポンサーリンク

自己嫌悪・二日酔いの症状を軽減させよう!

次に自己嫌悪や二日酔いの症状を軽減するための方法を紹介する。

 

くよくよと考えて悩む前に、まずは体にたっぷり栄養を取り込むことが大切である。

水分はもちろん、アルコールの消化を助ける塩分、炭水化物、エネルギーを摂取するために、ラーメン、ごはん、うどん、味噌汁、カレー等、カロリーのあるものをたくさん食べよう!

 

また、二日酔いのアセトアルデヒドを分解するには、エネルギーの他、タンパク質が重要な要素となる。

他にも、ビタミンCもアルコールの分解を早めてくれるので、ビタミンCが含まれる野菜や果物もおすすめである。

しじみに含まれるオルニチンは、肝臓の働きを助けるのでしじみ料理もいいだろう。

 

  • しじみ料理(味噌汁等)
  • トマト料理(ナポリタン、ミートソース等)
  • 鶏肉料理(チキンソテー、親子丼等)
  • 魚料理(焼き魚、お寿司等)
  • 卵料理(オムレツ、卵かけごはん等)
  • 梅干し
  • 柿、みかん、レモン、グレープフルーツ等の果物

 

しじみに、ビタミンCの多いトマト、魚や鳥肉など、上記の料理は特におすすめである。

また、大根も肝臓の働きを助けてくれるので、焼き魚に大根おろし、梅干しおにぎり、しじみのお味噌汁などという和食は最高だ。

これらを食べて二日酔いのネガティブモードから少しでも早く脱出しよう!

スポンサーリンク

我のお酒の失敗談を紹介しよう

他にも二日酔いの症状を軽減するために、他人のお酒の失敗談を見ることで、「自分の失敗は大したことがない」とポジティブになれるはずだ。

ということで我のお酒の失敗談を紹介しよう。

いくつかあるが全部ひどいので箇条書きで書く。

 

  • 上司にビールをぶっかけ後日謝罪
  • 友人宅の隣の家&車に立ちション ⇒ 裁判沙汰
  • ヤンキーのバイクに立ちション ⇒ 大喧嘩沙汰
  • 犬の糞を友人に投げる ⇒ 顔面に投げ返される
  • 犬の糞をつけたアイスを友人に食べさせようとする ⇒ 逆に食べさせられる
  • キャバクラに行き、ブスブスブス!!!!!と叫んで黒服に追い出される
  • キャバクラに行き、キャバ嬢のビールに陰毛を入れ出禁になる
  • 電車で嘔吐&お●らし

 

・・・とこれは一部だが、二日酔いで自己嫌悪に陥っている諸君は、我を越える失敗談でもあるのだろうか?

我はこれらに対して最初は死にたくもなったが、時間が解決してくれ、今ではいじられることもこうしてブログに公開することも大丈夫になった。

我と比べて劣る失敗談であれば、絶対に時間が解決してくれるものである。

スポンサーリンク

終わりに

上記で紹介した考えを持ち、栄養満点の食事を摂取すれば二日酔いの自己嫌悪が少しは軽減されることだろう。

また、他人の失敗談をネットで探して読んでみることもいい方法である。

 

第一に、

酔っ払って失言・失態をし、軽蔑されるような人と今後も飲みたいか?
酔っ払って失言・失態をしても、また飲んでくれるような人と飲むことが本当に楽しいのではないか?

と思い、飲んでは暴れてを繰り返していたら、飲む友達が限られるようになってきました。

なので皆さんはお酒で友人を失わないように気を付けてください。

 

ちなみに我は最近、家で一人でお酒を飲んだ翌日でも、自分自身に対して「働けよ」と、自己嫌悪になることが多い。

意識高い生活と銘打って、お酒を断つことも視野に入れようと思う。

 

では、さらばだ。