18年振りにFF10をやった結果。やっぱり思い出補正ではない文句なしの神ゲー。

スポンサーリンク
18年振りにFF10をやった結果。やっぱり思い出補正ではない文句なしの神ゲー。

18年振りにFF10をやった結果。やっぱり思い出補正ではない文句なしの神ゲー。

どうも、松平です。

STEAMのウィンターセールで、ファイナルファンタジー10 (10-2付き) を購入し、プレイしました。

 

FF10の発売日は2001年7月19日です。

僕は小学生の頃、発売して間もないころに購入してプレイをしたので、実に17~18年振りのプレイとなります。

 

そんな中再度プレイしクリアしましたが、やはり10は紛れもなく神ゲーでした。

 

ファイナルファンタジーⅩ(FF10)という私の人生を狂わせたゲーム

ファイナルファンタジーⅩ(FF10)という私の人生を狂わせたゲーム

2018年7月12日

(↑当時を振り返った時の心境はこちら)

1つ1つの動作、会話がめちゃくちゃ作り込まれている!

うーん・・・、何から書いていいのかわからないですが、改めて感動した部分を少しずつ書いていきたいと思います。

 

 

まずはオープニング。

懐かしさ、そして綺麗なグラフィックとテンション爆上げの音楽

 

・・・・・・ここだけで既に鳥肌ですね。

最初のザナルカンドの街並み、ラジオ?の実況も最高です。

 

 

そしてスピラに行き、

  • ワッカという兄貴肌の良いやつ
  • ユウナという最高にかわいいやつ
  • ルールーというセクシーなやつ
  • キマリという面白いやつ
  • リュックというユウナにも並ぶかわいいやつ
  • アーロンという渋くてかっこよすぎるやつ

 

 

改めて見ると仲間の各キャラが個性抜群です。

 

そしてビサイドの海の風景、音楽、は文句なし。マジで住みたい。

STEAMのHDリマスター版では、BGMがアレンジ版とオリジナル版で選べましたが、オリジナル版を選んで最高でした。

 

 

後は各主要キャラの運命に加え、ブラスカやジェクト、シン、その他ルカやブリッツやガガゼト山やボスなど・・・。

やっぱりストーリー、グラフィック、音楽、システムと全てが完璧でした。

 

スフィア盤は面倒だったけど懐かしくて楽しかったです。

 

 

 

そして各キャラの会話や動作の一つ一つ、まばたきから視線、歩く姿などを見ると、めちゃくちゃ細部まで丁寧に細かく作り込まれているということが改めてわかりました。

会話のセリフであったり、間であったり、表情の一つ一つであったり、っていうやつですね。

 

こういった部分に目が行き、以前プレイした時とは異なる感動が芽生えました。

まあ最後は何度もエンディングを見て結末を知っているはずなのに、結局自然と涙腺がゆるんでしまいましたけどね・・・。

 

 

昔にやって感動したゲームなので、思い出補正というのがあるのかなと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

正真正銘、誰が何と言おうと神ゲーです。

スポンサーリンク

STEAM版はチートが使えて楽ちん!

ちなみに、僕は今回STEAM版をプレイしましたが、フィールド移動やバトルを2倍速~4倍速に変更ができます。

オートセーブもありますし、さらに外道ではありますがチートが使えてエンカウントをなしにしたり、アイテムやギルをMAXにすることもできます。

 

プレイ時間を短縮しつつストーリーを楽しみたかったので、僕はチートをフル活用させていただきました。

「チートこそが大人の力ってやつだよ、シーモア君」(イタイ)

などと一人思いながら、序盤は毎回銭投げでBOSS戦を攻略していました。

 

エンディングまでの総プレイ時間は10~12時間ほど。

サクサクできてストレスもなく、最高に楽しむことができました。

スポンサーリンク

相変わらず喪失感がやばいです。

そして改めてFF10をプレイしてみて、僕の人生の中では絶対にFF10を越えるゲームが現れることはないなと実感しました。

ゲームというより創作物において、FF10よりも良いと思えるものは今後おそらく現れないのではないかと思いました。

 

それくらいやっぱり素晴らしすぎるゲームでした。

(・・・と言いましたがスラムダンク、キングダムはもしかしたら並ぶかな・・・、とか思ったりもしています)

 

 

FF10は全てを完璧に仕上げる、という創作物において基本ともいえることですが、疎かになっている部分が全く見当たりませんでした。

できることを完璧にやることがどの創作物においても大事であり、その創作物にどっぷりと視聴者を浸からせなければいけない。

そのための基本の土台がしっかりあってこそ、さらなる神ストーリーやグラフィック、その他の仕組みによって神ゲーが生まれるのだなあ。

とか思いました。

 

 

 

とまあ冷静にかっこつけて書いていますが、正直今クリアしたことによる喪失感がやばいです・・・。

 

 

 

あああああああああああああああああああああああ!!!!!←

 

やっぱり本当に最強に良かった!!!!!

FF10は最高だ!!!!!!

文句なしの神ゲーでした!!!!!!!!

 

ティーダティーダティーダティーダティーダティーダ!!!!!

ユウナユウナユウナユウナユウナユウナ!!!!!!!←

リュックリュックリュックリュックリュックリュック!!!!!!←

ザナルカンド!ザナルカンド!ザナルカンド!ザナルカンド!ザナルカンド!

スピラスピラスピラスピラスピラスピラスピラスピラ!!!!!!

 

 

 

次時間ができたら今度はFF10-2をプレイしたいと思います。

以上。

 

【追記】

10-2をやりましたのでレビューを書きました。

FF10-2の過去を悔いるキャラの心理描写が最高に面白かった!

FF10-2の過去を悔いるキャラの心理描写が最高に面白かった!

2019年2月11日
FF10-2.5を読んだ感想。酷評多いけど最高に面白かった。

FF10-2.5を読んだ感想。酷評多いけど最高に面白かった。

2018年7月10日