最高に面白い実写版の美女と野獣。野獣のCG編集と撮影がすごい!

スポンサーリンク
最高に面白い実写版の美女と野獣。野獣のCG編集と撮影がすごい!

最高に面白い実写版の美女と野獣。野獣のCG編集と撮影がすごい!

昨日Amazonでディズニー映画、美女と野獣の実写版をレンタルしました。

ずっと見たいと思っていたのですが、見るタイミングをつかめなかったので週末セールを機にようやく見ることができました。

 

先ほど見終えたのですが・・・、

本当に・・・・・・、めちゃくちゃ面白かったです!!!

 

 

実写版美女と野獣を見た感想、レビュー

久々にディズニー映画を観たのもあって相当心に響きました(;∀;)

 

第一に、率直に、エマワトソンがかわいすぎて辛かったです。

あのかわいさは反則です。

心の底から癒やされました。

 

あとアニメと同じように、最初は野獣が怖いけど後から優しくなってかわいくなるのも〇。

野獣が人間に戻った際の王子様の外見も超イケメンなので最高にお似合いでグッド。

 

ポット夫人などの食器、家具キャラもCG技術がすごすぎるせいでとてもリアルです。

当たり前ですがCGによりアニメ版よりも現実味が増して見ていて楽しかったです。

 

後は何といってもガストン。

演技がうまいことうまいこと。

相変わらず見ていてめちゃくちゃ腹が立ちます(笑)

生卵4ダース~♪ の歌が本作でもあってホッとしました。

 

(最後コグスワースが妻を嫌っている辺りも笑えた)

 

 

最初、「どうせ結末知ってるしなあ」と思いながら途中で見るのをやめようかとも思いましたが、見終えた結果コレです。

アニメよりも少しミュージカル寄りな気がして、知らず知らずの内に美女と野獣の世界に引き込まれていました。

アニメを見て結末を知っていても、少し変化が加えられたりもしていて、そのうえで忠実に再現されていて本当に面白かったです。

スポンサーリンク

何といってもCGがすごい!撮影現場・舞台裏はこうなっていた!

そしてこの映画を見ていて一番気になったことは何といってもCG技術です。

野獣の姿は全部CG。

どう撮影しているのか、舞台裏はどうなっているのか、本作を見ながら気になって気になってしょうがありませんでした。

 

まず、野獣の表情がとても豊かでした。

今まで見たことがないくらいリアルな表情のCGはどうやって撮影、加工をしているのか。

また、お城のダンスホールで美女と野獣が踊る際には、CGであるはずの野獣の手の上にエマワトソンの手が乗っていたり、野獣の体もどうなっているのか気になっていました。

 

エマワトソンが手を浮かせている?
エマワトソンが野獣の体をイメージして、透明の野獣を思い浮かべて演技をしている?(イメージ:FF10のED)

 

透明になったティーダ

 

とも思いましたがそんなワケもないと思い調べるとYoutubeで動画を発見。

下記のようになっていました。

 

 

顔の表情は特殊なペイントをスプレーし、全ての筋肉の動きを取り込み、それをCGで加工する。

体は人工筋肉付きのスーツを着て体格を表現。

そこにCG加工をして、野獣の姿ができあがったようです。

 

 

・・・話で聞く分には何となくはわかりますが、自分がいざ動画を編集する立場だとしたら全くやり方がわかりません。

ただ野獣を演じるダン・スティーヴンスが、人間史上初めての演技のような、正に新たな挑戦をしていたことがわかります。

演技も編集技術もとにかくすごすぎます。

こういう動画編集者らがYoutube等の動画配信サイトで動画を編集してあげたら余裕で生計を立てていけるような気がします。

スポンサーリンク

現実逃避ができる実写版の美女と野獣

他にもYoutubeを探していたら美女と野獣実写版のメイキング映像も見つけました。

 

 

エマワトソンが実際に本物の馬とも触れ合っていたようですね。

セットもすごい綺麗でこういう場所で働くことを羨ましく感じます。

カメラマンも演出も俳優も音声もいいないいなあ!!!←

 

 

 

本当、久しぶりに激しく現実逃避ができた気がします。

まだ見たことがない方で興味がある方は是非見ることをオススメします!

 

 

そのうちアラジンの実写版やピーターパンの実写版も作られていくかもしれませんね。

 

【ディズニー映画】最高に面白いアラジンのレビュー、感想。

2018.01.18

【ディズニー】ピーターパンとウェンディの再会!最高に面白い『ピーターパン2』&『ピーターパン1』

2017.10.15