【映画】キューティブロンド 必ず元気がもらえる映画!

スポンサーリンク
【映画】キューティブロンド 必ず元気がもらえる映画!

【映画】キューティブロンド 必ず元気がもらえる映画!

どうも、松平です。

 

先ほど、Amazonでの評価が☆4.6点と高い「キューティ・ブロンド」という映画を見ました。(プライム会員は無料)

レビューの評価が高いのもありますが、以下↓のAmazonのレビューがやけに気になって見てみたんですよね。

 

 

辛いときや落ち込んでいる人に是非、観てほしい!!

最初は「おもしろいのかな~」と半信半疑で観始めた映画でした。
最後には、「観てよかった!!」と感動!
主人公の前向きな生き方に、自分も愚痴や不平不満をぶつぶつ言わずに、目の前のことを一生懸命に、面白がってみようと思えました。
毎日が辛いと感じているあなた。
嫌なことがあってもやもやしているあなた。
落ち込んだ気分のあなた。
むかつく奴にイライラしているあなたに是非、観てほしい。
観終わった後は、必ず、明るく、前向きになれます!

【引用】Amazonレビュー

 

 

  • つらい時や落ち込んでいる人に是非見てほしい!
  • 見終わった後は必ず明るく前向きになれる!

 

となると、見ずにはいられなくなり見たのですが・・・。

 

 

結果、レビュー通り元気をもらえてめっちゃくちゃ面白かったです!!

 

 

見てからわかったのですが、キューティブロンドは2001年に公開され、ミュージカルにもなった超名作映画だったみたいです。

というわけで、改めてこの映画のあらすじ、レビュー、感想を書きたいと思います。

 

キューティブロンドのあらすじ

まずこの映画のあらすじを、ネタバレ控えめでざっくりと紹介します。

 

—————

 

 

主人公のエル・ウッズは、金髪とド派手なファッションの超イケイケな大学生。

ファッション学科の成績はオールAでクラブの会長も勤める人気者。

 

そんなエルですが、卒業間近に政治家を目指す彼に振られます。

議員の妻は、法科にいるような真面目な女性でないといけない。

というわけで、彼がいるハーバード大学のロースクールへの入学を決意します。

 

そこで真面目な人たちがたくさんいる中、ド派手で周りから浮きまくるエル。

そんな環境で様々な苦難や物語が展開されていきます。

 

 

—————

 

 

こんなところでしょうか。

深いストーリー性は特にないです。

スポンサーリンク

痛快痛快痛快!主人公のはっきりとした意思に元気がもらえる!

感想、レビューに移ります。

 

 

 

主人公のエルは、いわゆる超絶陽キャです。

 

加えて派手な格好で、ハーバードに入学後は周りから浮きまくっているのですが、周りのことなど何も気にしないんですよね。

振った彼を再度自分の手にするために突っ走るだけ。

 

それが痛快で非常に元気をもらえました。

周りのことなど気にする必要は何一つないというね。

 

 

また、登場人物も全員キャラが良くて、温かい人間味を感じて面白いです。

 

そして、序盤にいじわるだと感じるような人たちが、後半には大体いいやつになっていたり。

悪いやつだと感じるような人は因果応報をくらうのでこれまた痛快です。

 

 

みんなキャラがいいしテンポが良くて面白いので、本当見ていて痛快です。

「痛快痛快痛快!!!」って感じで、前情報通り元気になって明るい気分になれましたね。

スポンサーリンク

素晴らしいレビューに感謝!

というわけで以上ざっくりな感想ですが、

  • つらい時や落ち込んでいる人に是非見てほしい!
  • 見終わった後は必ず明るく前向きになれる!

というレビューは完全にその通りでした。

 

素晴らしいレビューに感謝です^^

おかげで素晴らしい映画を見ることができました。

 

2も3も公開されているようなので、そのうちまずは2も見てみたいと思います。

 

 

つらいとき、落ち込んでいるとき、元気が欲しいときに是非見てほしい映画です!

 

 

 

P.S.偏見とかではないですが、ヴィクターハーバーが同性愛を指摘する場面があり、カミングアウト前だったのでどういった心境だったのかと少々気の毒に思うところもありました。