最高に面白いパディントン2。可愛いし感動するし映画館で一人泣いた。レビュー 感想

スポンサーリンク
最高に面白いパディントン2。可愛いし感動するし映画館で一人泣いた。レビュー 感想

最高に面白いパディントン2。可愛いし感動するし映画館で一人泣いた。レビュー 感想

どうも、松平です。

 

本日、少々時期は遅いながら映画「パディントン2」を観てきました。

昼間に一人で映画館へ行きましたが、後半嗚咽するほど泣いてしまいました。

周りに引かれていたんじゃないかと思うくらい泣きました。。

 

それほど感動し、かつめちゃくちゃに最高に面白かったので、レビューと感想をまとめました。

※ネタバレを含みます。

スポンサーリンク

私が映画パディントンを見に行った経緯、理由

まず、私が映画パディントンを見に行った経緯、理由。

 

というのも、最近やけにパディントンを薦めてくる友人がいました。

「パディントンめっちゃかわいいし面白いから!パディントン2見てみ!」

と言ってはLINEでたくさんパディントンのスタンプを送ってきますが、私はパディントン1すら見たことがありませんでした。

 

何も知らない私からすればパディントンはただのおっさんみたいな熊です。

何もかわいくありません。

 

と思いながら、そこまで推すならと、昨日時間があったのでAmazonプライムで「パディントン」を見てみました。

 

amazonプライム

 

すると、

私「パディントンかわいい!!!!!もふもふパディントンきゃわわきゃわわ!!!ぺろぺろぺろぺろぺっろえりえぐお!!!!!!!!」←

とパディントンの魅力にどっぷりハマってしまいました。

 

そして翌日である今日、映画館にまで足を運び、「パディントン2」を観てきたのでした。

スポンサーリンク

かわいい!可愛い!きゃわいい!可愛すぎるパディントン

そしていざパディントン2を観ましたが、第一の感想として、やはりパディントンの性格、表情が可愛すぎます。

 

  • ルーシーおばさんの100歳の誕生日に、本をプレゼントしようとする健気で純粋なパディントン。
  • 床屋で静電気の機械に触れて毛並みが逆立つパディントン。
  • 窓を掃除する仕事を始めたパディントン。
  • 泥棒を必死に追いかけるパディントン。
  • 脱獄の際、悪いことはしないように心がけている良心の塊であるパディントン
  • 刑務所に入り、ブラウン家に忘れられた、と落ち込むパディントン。
  • ゴミ箱の中に隠れるパディントン。

 

 

かわいい!!!ぎゃわいい!!!!!きゃわわわあわぺろぺろぺろぺろぺろぺろええええええ!!!!!←

 

というようにですね、パディントンの表情については挙げたらキリがないのですが、とにかくかわいすぎるので「パディントンがかわいい」というだけでパディントンは見る価値があります。

スポンサーリンク

悪い奴が次々と良い奴に変わっていく様がたまらない!

そして次に印象に残ったことは、刑務所で出会った悪い囚人たちがみんなパディントンの仲間になり、良い奴に変わっていく様がたまりません。

 

最初はみんなどんくさい熊のパディントンを良く思わないのですが、ふとしたことの連続で次々とパディントンの仲間になっていきます。

最初「怖い、敵」という印象から、「良い奴、友達、仲間」となることで、見ていて頼もしくて愉快な気持ちになります。

 

最後もパディントンが水辺に溺れ、メアリーが助けようとしますが扉が開かず、パディントンが生きることをあきらめて死にそうなシーンがありました。

私は、

「死ぬわけないよな?え?死ぬの?死ぬの?死なないよね!?あああ??ええええ!!!???」

と思いながらハラハラで見ていましたが、それを助けるのが脱獄囚の3人であったり。

 

思えばブラウン家のパパも最初はパディントンのことを良く思っていませんでしたよね。

・・・というように、悪かった奴が味方・仲間になるというシチュエーションは本当にたまらないのでございます。

スポンサーリンク

怒涛の伏線回収!ストーリーも全てが完璧なパディントン2

他にも挙げればキリがないのですが、パディントン2は本当に全てが完璧です。

 

  • ブラウン家父、ヘンリーの仕事と、本を盗んだ犯人であるブキャナンの関係性。
  • ブラウン家母、メアリーが趣味として泳ぎ始めたことから、最後の水辺での救出劇。
  • ブラウン家長女、ジュディは新聞を作ることがストーリーに非常に重要になるし。
  • ブラウン家長男、ジョナサンは趣味のおもちゃ感覚で電車を動かすし。
  • バード夫人はいつも核心を突くし。
  • 最初の床屋でパディントンがヘマをした客が、裁判長であったり。

 

などなどなどなど。周りの人の言動や全ての伏線を次々と回収していきます。

そして最高のクライマックスへと一気に突き進みます。

 

最後は私、泣きながらも「もう終わったの?時間過ぎるの早!」という感じで見ていて本当にあっという間に感じたのでした。

スポンサーリンク

おわりに

つらつらと書きましたが、パディントン2は本当に感動して泣きました。

ハッピーエンドで全員が幸せな結末なので、私は大好きな終わり方でした。

感動する以外にもちょっとした面白いシーンやギャグ、

 

  • 床屋で客の頭にマーマレードを塗るパディントン
  • 序盤に犯人をメアリーに告げるオウム
  • 女装おっさん好きの役所の職員
  • パパがかっこいい泣けるセリフを言った後に車のエンジンがかからない

 

などなど笑えるシーンもたくさんあり、終始目を離すことができませんでした。

非常に面白かったですし久しぶりに泣くことができて本当に心がスッキリしました!

 

 

イギリスの街並みも綺麗で、そのうちパディントン駅には是非足を運んでみたいと思います。

こんなにすごい映画を作った製作陣は人智を越えていますね・・。

 

 

まだ見たことがない人には「パディントン」&「パディントン2」!

本当におすすめの最高に面白い映画です。

 

 

見た映画(洋画)を記録、ランキング付け!

2017.12.21

(レ・ミゼラブルに非常に迫りました)