【映画】ハングオーバーという最低で最高な映画が面白い!

スポンサーリンク
【映画】ハングオーバーという最低で最高な映画が面白い!

【映画】ハングオーバーという最低で最高な映画が面白い!

どうも、松平です。

 

先ほど「ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い」という映画を見ました。

この映画は2009年に公開され、現在Amazonプライムで無料で見ることができます。

 

 

見た感想、レビューをサクッと書きます。

 

ハングオーバーのあらすじ

まずこのハングオーバーのあらすじ。

 

ざっくりとあらすじを説明すると、結婚式を控えた主人公のダグが、結婚最後の夜に男友達とラスベガスへ旅行し、バカ騒ぎをするお話です。

 

そして気づけば、二日酔いで全員記憶なし。(部屋にはなぜかライオンやニワトリが・・・)

また、主人公のダグは行方不明となり、男友達みんなで探す、というのがメインとなります。

 

男友達らはみんな素行が良いとは言えないような、普通とは言えないぶっ飛んでいる人たちで、そのせいもあってとても愉快なコメディ映画に仕上がっています。

スポンサーリンク

下ネタがひどくて最低で最高

そして合間合間の下ネタがひどくて最低に下品な映画です。

人により、笑えない、しょうもなさすぎる、くだらない、と感じる人もいることでしょう(笑)

 

ここでは説明できないくらいの下ネタが多いですが、映画のTedよりもリアルな下品な下ネタです。

そういった下ネタが大好きな人にはとてもとても面白いことでしょう。

 

おそらく女性には向きません。

また、Amazonのレビューでは☆1のレビューも多くあって、一部非難の嵐なので、見る人を選ぶものだと思いますw

スポンサーリンク

アランが最高すぎる!!!

また、登場人物の中にアランという男性がいます。

僕はこのアランという男性にドハマりしました。

 

 

アランは主人公ダグの婚約者の弟です。

 

ダグの友人らとは面識がほとんどないのであまり親しくないアランですが、ダグの誘いにより今回の旅行に参加します。

あまり友人や彼女がいるタイプではない変わり者のアラン。

 

ですが物語の中でダグの友人らと急激に仲良くなっていきます。

 

 

そんなアラン(演:ザック・ガリフィアナキス)のキャラがとにかく最高でした。

 

  • 普通に話しかけてきたおっさんをボロクソに貶したり。
  • 友人が振った女性を口説こうとしたり。
  • エンディングの写真では噴水で泳いだり。

 

そんな人を見たことがないので、あくまで映画ですが衝撃的過ぎて笑いが止まりませんでした。

今でも顔を見るだけで笑ってしまいそうです。

スポンサーリンク

おわりに

・・・という感じで、僕はアランが面白い、という感想が一番強いですが非常に最低で最高に面白い映画でした。

 

他にも、女性に束縛をされている友人のスチュアートがいて、この旅行を機に変わったのも面白かったです。

フィルもかっこいいし、というか登場人物はみんなかっこよくていい感じです。

 

何にも縛られない自由な感じもまたアメリカっぽい感じでいいんですよね。

 

 

面白いもの、くだらないものを見て笑いたいと思った時におすすめの映画です。

 

 

↑の続編もあることがわかり、そのうち続編も見たいと思える映画でした。

ああよかった。