ホリデイという映画がめちゃくちゃ面白かった!感想、レビュー

スポンサーリンク
ホリデイという映画がめちゃくちゃ面白かった!感想、レビュー

ホリデイという映画がめちゃくちゃ面白かった!感想、レビュー

どうも、松平です。

本日Amazonプライムでホリデイ(2006年公開)という映画を観ました。

恋愛要素満載、笑いあり、苛立ちありで、とても面白かったです。

 

普段あまり恋愛ものは見ないのですが、最後にはハッピーエンドでほのぼのする、元気になる、やる気が出るといったレビューが多かったので観てみました。

その結果想像以上に最高な内容で、幸せな気持ちになりました。

 

 

ネタバレにならない程度のあらすじや見どころをざっくりと、感想を交えて紹介します。

スポンサーリンク

ホリデイのあらすじ。失恋した二人が家を交換!

まずホリデイという映画は、

 

  • アメリカのロサンゼルスで暮らし、恋人に浮気をされた女性アマンダ。
  • イギリスのロンドンで働きながら近郊の小さな村で暮らし、彼氏に二股をされていた女性アイリス。

 

男運に恵まれず、失意のどん底にいたそんな2人がインターネットで出会い、お互いの家を2週間交換して休暇(ホリデイ)を過ごすという映画です。

最悪な心境にいる二人が、何も知らない土地へ傷心旅行を兼ねて家の交換をします。

 

そこから生まれる物語が刺激的で、笑いあり、苛立ちあり(二股男)、でも最後にはハッピーエンドで面白かったのでした。

立場や境遇は違えど、本質的には似た者同士の二人が家を交換する、という設定だけでも面白いですよね。

スポンサーリンク

演じる女性陣がかわいすぎる!LAの豪邸についた時の反応は神がかり的。

そしてこの映画は、何といっても主演女優二人がかわいすぎました。

 

  • アマンダ役 ⇒ キャメロン・ディアス
  • アイリス役 ⇒ ケイト・ウィンスレット

 

キャメロンディアスはナイト&デイでしか見たことがなかったのですが、こんなにたくさんの表情が出せる女優だったのかと今さらながら感動。

現在45歳(当時34歳)と若くはないですがめっちゃかわいいです。

こんな人がやっているスナックがあったら、毎日通いますね。←

 

ケイトウィンスレットはタイタニックのヒロイン、ローズ役を演じた人でした。(全く気付きませんでした)

現在42歳(当時31歳)ですが、キャメロンディアスよりも大分若く見えました。

 

 

そして私の中では、アイリス(ケイトウィンスレット)がロンドンの田舎から、LAの豪邸についた時の反応がたまらなかったです。

 

喜びの舞

 

ベッドに飛び込む

 

↑これらは一部ですが神がかり的な演技でした。めっちゃかわいいです。かわいすぎました。反則です。

豪邸に住めることに驚き喜び、超嬉しそうで無邪気に騒ぐ様子が見られます。

 

この演技を見ただけで、

「俺もたくさん稼いで豪邸に住んでこんな反応を見せる女性とお付き合いしたい!」

とすら思いました。←

 

この演技だけでもこの映画を観る価値ありです。

 

ちなみに他俳優陣もジュードロウやジャックブラックなどの超大物です。(ジュードロウかっこよすぎ)

もちろんみんなすごい自然で面白い演技で、気がつけば完全に見入ってしまいました。

スポンサーリンク

イギリスの田舎、LAのセレブ街の街並みが良い!

後は外国の街並みや生活感が随所に見られるのもまた良いです。

レビューでも書いている人がいましたが、この映画を見ていると海外旅行に行きたくなります。

 

例えば、田舎のコテージ風なハウス。
チャーリーとチョコレート工場に出てきそうです。

田舎の家

 

LAの住宅街の街並み。(アーサーというおじいちゃん役もかわいい)
GTAというゲームでも見たことのあるような景色です。

ロスの街並み

 

クリスマスシーズン、イギリスの街並み。

イギリスの街並み

 

ビバリーヒルズ青春白書に出てきそうな食事風景。

ビバリーヒルズ青春白書

 

など、日本では目にすることができないような風景を楽しむことができました。

生活感のない部屋を作るためのインテリア等にも参考になる部分がありますね。

スポンサーリンク

感想まとめ、おわりに

以上ざっくりとした、あらすじや見どころの説明でしたが、大前提として物語がとにかく良いです。

最後にはハッピーエンドでほっこりするし、やる気も出るので少し落ち込み気味のときに見るのもいいかもしれません。

私は映画を観て気分が良くなりたい派なので、やはりハッピーエンドの映画はいいものだと改めて実感しました。

 

あとは恋愛要素が満載なので、男性よりも女性向けかもしれませんね。

 

 

悪女の魅力

 

 

「なぜ悪女と知りつつホレちまう?」

「悪女の魅力には逆らえないからよ」

 

作中の↑の言葉は身に染みましたね・・。(過去の自分)

 

 

数年恋愛などしていないですが、恋愛した気になってしまうような、そんなめちゃくちゃに面白い映画でした。

浮気しない!っていう男よりも浮気する男の方が明らかに魅力的であることがわかったので、今後恋愛をするときは浮気をしたいと思います。(?)

 

 

とにかく・・・・・・愛って素晴らしいね(誰

 

ぉれも恋がしたくなるょぉっ(*‘ω‘ *)!!(←死)

終わり。

 

 

 

P.S. ニューシネマパラダイスの曲が何度かBGMで流れたときは感動しました。

見た映画(洋画)を記録、ランキング付け!

2017.12.21