バガボンドという最高に贅沢で面白い漫画。悩める若者におすすめしたい

スポンサーリンク
バガボンドという最高に贅沢で面白い漫画。悩める若者におすすめしたい

バガボンドという最高に贅沢で面白い漫画。悩める若者におすすめしたい

どうも、松平です。

 

先日漫画「スラムダンク」の作者である井上雄彦先生が現在描いている漫画「バガボンド」を読みました。

めちゃくちゃ面白かったので、この漫画の紹介と感想、レビュー的なものを書きたいと思います。

 

スラムダンクのIH優勝校は博多商大付属!森重寛率いる名朋工業ではない!

2018.06.21

バガボンドとは?宮本武蔵が主人公

まずバガボンドとは、昔活躍した剣豪の宮本武蔵が主人公の漫画です。

宮本武蔵といえば、巌流島にて佐々木小次郎と戦ったという話が一番有名な話かと思います。

 

この漫画の現在までのストーリー・あらすじをざっくり言うと、

「荒くれ者の宮本武蔵が天下無双の人物へと成長していく過程」

といったものです。

 

 

 

尚、原作は吉川英治という小説家が書いた『宮本武蔵』という小説が基で、井上雄彦氏が所々アレンジを加えて漫画として書いているようです。

原作は小説、そして漫画なのでもちろんフィクションですが、宮本武蔵以外にもその時期(戦国末期~江戸時代初期)に実在した人物、将軍、剣豪らが出てくるので、歴史が好きな人は非常に楽しめると思います。

 

(基本主人公は宮本武蔵ですが、佐々木小次郎が主人公となる章もあります)

スポンサーリンク

贅沢な時間、心が洗われる、意識高い

ここから感想、レビュー、というか書きたいことを書いていきたいと思います。

 

読んでいて思ったのはまず第一にめちゃくちゃ面白いです。

流石はスラムダンクという神漫画を描いた井上先生。

 

そんな先生が不定期連載気味で自由に書いているからなのか、絵やストーリーの作り込み・アレンジにも余裕が感じられます。

 

 

斬り合いをしては終始ワクワクしたりハラハラしたりドキドキしたりムラムラしたり。

さらには話もすごいリアリティのある話で、生き方に思い悩む人たちのそれぞれの描写が半端ないです。

 

各キャラクターの表情やセリフの一つ一つが見ていてすごい面白いですし、ホッとしたりハッとしたり、考えさせられたりすることが多いです。

 

 

私が印象に残っているセリフとして、

 

  • 「人を蔑む心はあなた自身の心である」
  • 「この世にあるものは元々全て美しいものです」

 

という、この2つのセリフは特にグッと心に響きました。(セリフの言い回しはちょっと違う)

抽象的過ぎるので伝わりにくいとは思うのですが、ストーリーの流れからこのような絶妙に心に響くセリフが何個もガツンと来ます。

 

 

 

ついでにもう1つ最高に心にグッと来たセリフ。

漫画上で武蔵は常に「上へ上へ」とひたすらに精進する人間なのですが、それを悪く言う人がいます。

 

 

モブ:めざわりだ、やめてくれ、頼むから出てってくれ

武蔵:何か迷惑をかけたか?

 

伊織強くなろうとあがく者が一人でもいると 何もしない自分がみじめだもんな

みんな同じなら見えないのに 異質な者がいると浮かび上がってしまう 自分のみじめさが

だから追い出そうとして それができないと分かると 嘲笑い下に見て線引きして隔てる

 

【引用】バガボンド36巻

 

 

とかですね・・・。

こんな人間の心理が漫画で表現されちゃっています。

これらは基が小説で描かれているセリフなのか井上先生が自ら考えて書いているのかはわからないです。

 

ですが面白いし感動するし非常に考えさせられて、

「悩みのない人なんていないんじゃないか」

そんな気持ちにもなれます。

 

漫画を読んでいて、何とも心が洗われるような、贅沢な時間を過ごしているような・・・。

大人の余裕、本当に意識が高い人の心の在り方というか、井上先生の心の中というか魂というか、各キャラの表情やセリフからそんなものが感じられます。

スポンサーリンク

おわりに

生き方に悩んでいる人、特に情報過多の現在社会に生きている若い人にももってこいの漫画なのではないかと思ったりします。

爆笑するような、ギャハハと笑うような漫画ではないのですが、以上そんな感じで最高に面白いと思った漫画でした。

心が洗われるので、「何だか無性にモヤモヤする、スッキリしない」という方にめちゃくちゃおすすめです。

 

 

 

P.S.井上先生はキングダムの原先生の師匠でもありますが、途中武蔵が何度も龐煖に見えました。

キングダムの神回を紹介!漫画キングダムの俺的神回ベスト6

2018.06.01