【漫画】ヴィンランド・サガが最高に面白い!キングダムやバガボンド好きにおすすめ!

スポンサーリンク
【漫画】ヴィンランド・サガが最高に面白い!キングダムやバガボンド好きにおすすめ!

【漫画】ヴィンランド・サガが最高に面白い!キングダムやバガボンド好きにおすすめ!

どうも、松平です。

 

先日漫画 ヴィンランド・サガ を、1巻から最新巻である21巻まで読みました。

めちゃくちゃ面白かったので紹介と、感想・レビューを書きたいと思います。

 

あらすじ:11世紀初頭、ヴァイキングのお話

というわけで、この漫画のあらすじをネタバレを控えめにざっくりと紹介。

 

—————-

 

まずこの漫画は、11世紀初頭の北ヨーロッパ、西ヨーロッパが舞台です。

ヴァイキングの全盛期時代のお話になります。

 

主人公はトルフィンというアイスランド出身の少年。

トルフィンは幼い頃、アシェラッドというヴァイキングの首領に父親を殺されます。

 

トルフィンは目の前で父親が殺されたことでアシェラッドを憎み、アシェラッドに復讐をするために、アシェラッドが首領を務めるヴァイキング集団の一員となります。

ヴァイキングとして略奪や殺人を行い、その褒美としてアシェラッドへの決闘権利を得ては決闘を挑み、負けることを繰り返すトルフィン。

 

アシュラッドへの恨みだけを抱いて生き、多くの人を殺してきたトルフィンが、多くの戦争と激情の渦に飲み込まれていく物語、といったところでしょうか。

時代を感じる古い戦争シーンに、人の感情の描写、欲望にやけにリアリティを感じて考えさせられることも多くて非常に面白かったです。

 

 

なお、

  • クヌート
  • のっぽのトルケル
  • レイフ・エリクソン
  • グズリーズ

など、実際にその時代に実在した人物も多数出てきます。

 

主人公のトルフィンは、この時代に実在したソルフィン・ソルザルソンという冒険家がモデルでもあるそうです。

スポンサーリンク

読む手が止まらないほど面白いです。

感想、レビューに移ります。

 

 

この漫画は本当に、読む手が止まらなくなるほど面白かったです。

次の巻が見たくて見たくてたまらない漫画に久しぶりに出会いました。

 

 

なぜ面白いのか?パッと思いついたことを箇条書きであげてみます。(ネタバレ含む)

 

  • 北、西ヨーロッパ、古くも美しい中世の世界観。
  • ヴァイキングの自由で喧嘩っ早い感じ。
  • 欲望に真っすぐな人間の様子。
  • 主人公トルフィンが強くて爽快で面白い。
  • トルフィンの感情の変化もたまらない。
  • アシェレッドが気だるくも頭が良くて強くてたまらなくいいキャラ。
  • トルケルの真っすぐで痛快な様。
  • クヌートの驚くほどの性格の変化。
  • レイフのかわいすぎるじいちゃんキャラ。
  • 実際にあった出来事も多くあり、現実離れしていないことが多い。

 

テンポが良くて絵もコミカルでとても読みやすく、話がスッと入ってきます。

絵もうまくて話も面白くて登場人物のキャラもみんな最高です。

スポンサーリンク

キングダムやバガボンドのようなリアリティのある面白さがある!

 

ちなみにこの漫画を読んだ理由は、

「キングダムとバガボンドが好きなら絶対ハマる!」

と知人に勧められて読んだのが始まりでした。

 

時代に沿った歴史あるお話になっていて、現実離れしていないリアリティのある漫画なんですよね。

中世ヨーロッパのヴァイキングの自由な感じに加え、戦闘や戦争がメインとなるのもやはり男にはたまらない。

 

 

そして主人公が成長していく様といいますか。

多くの人を殺してきた人が、自らを改めて成長していく様は、バガボンドの宮本武蔵にもそっくりでした。

バガボンドという最高に贅沢で面白い漫画。悩める若者におすすめしたい

バガボンドという最高に贅沢で面白い漫画。悩める若者におすすめしたい

2018年10月24日

 

 

知人の言葉をそのまま使わせていただきますが、

「キングダムとバガボンドが好きなら絶対ハマる!」

と思う、そんな最高に面白い漫画でした。

 

 

面白過ぎて世界史を勉強したくなる漫画でもあり、世界にも過去に様々な人がいたのだと気づく漫画でもありました。

 

 

ううむ・・・、今年一の面白さかもしれません。