初めて1万円以上の高いワインを飲んだ感想

スポンサーリンク
初めて1万円以上の高いワインを飲んだ感想

初めて1万円以上のワインを飲んだ感想

どうも、松平です。

先日某忘年会にて、初めて1万円以上の値段がする赤ワインを飲みました。

 

飲んだワインはボトルで1万円越え。

友人宅にていただいたのですが、その友人曰くお店だったら一杯3000円以上するのではないかとのこと。

 

一般庶民である僕にとっては高いワイン初挑戦です。

 

 

 

ですが!

 

・・・バカ舌の僕には正直全く味の良さがわかりませんでした。

おいしいと感じることはできませんでした。

 

 

 

というのも今まで僕はワインを飲むといっても、家飲みの場合はボトルで500~3000円くらいのワイン。(現在自宅では禁酒中)

ちょっとしたイベントなどで奮発したときでもボトル5000円くらいのワインしか飲んだことがありません。(味もあまり覚えていない程度)

 

今まで行ったお店で中々高いと思うものでもせいぜいワイン一杯1000~2000円です。

 

安物のワインで舌が慣れてしまっているのでしょうね。

1万円以上するワインを飲んでも、コノスルなどの安いワインの方が断然飲みやすくておいしいと感じてしまいました。

 

味・後味、香り・風味が全然違うと思ったのは確か

おいしいと感じなかった僕ですが1万円以上するワインは、味は確かに今まで飲んでいた安物のワインとは全く違うものであるように思ったのも確かです。

 

飲むとワインの香りが口いっぱいに広がり、後味の広がり具合も今まで飲んできたワインと比べると段違いでした。

今まで飲んだことのあるどのワインよりも深さを感じました。

 

かといってそれがおいしいとは感じなかったのですが・・・。

 

もしかすると、

  • おいしい、おいしくない
  • 飲みやすい、飲みにくい

ではなく、このようにワインそれぞれの風味が口いっぱいに広がるのを楽しむのが本来のワインの飲み方・楽しみ方なのかもしれないと感じました。

スポンサーリンク

ギターやオーディオに近いものを感じた

またワインというものは、僕の趣味であるギターやオーディオに近いものなのではないかとも感じました。

 

安いギターと高いギターの違いは、ある程度耳やギターを極めた人にしかわかりません。

ギター歴や音楽経験がない人は、基本的に安いギターと高いギターの違いには気づけないでしょう。

 

ギターの値段と音質の関係性。高いギターと安いギターの違い

2018.07.20

 

ただワインの味の違いがわかる人にとっては、安いPCスピーカーとスタジオにある高級スピーカーとの音の違いが明らかにわかるように、ワインの味の違いもわかるのではないかとも感じました。

 

何を言いたいのか自分でもわからなくなってきましたが、毎日音楽を聴く人がスピーカーによる音質の違いが明らかにわかるように、毎日ワインを飲んでいる人にとっては安物と高級ワインの違いは明らかなのかもしれないと思いました。

それくらい全く別の飲み物だったように感じますからね。

スポンサーリンク

おわりに

毎日高いワインを飲んでいれば舌が慣れて安いワインには戻れなくなるような・・・、そんな気はします。

けど今は特に好んで飲みたいとは思えない、そんなところです。

 

ただ自分の中で思う高いワインを初めて経験できてよかったように思います。

ワインとは、ぶどうの香りや自然の雰囲気を感じ、口全体で香りを楽しむ、優雅な飲み物なのかもしれないなと思った今回の忘年会でした。

 

結論:結局バカ舌の僕にはコノスルが最高!

 

終わり。