嫌いな会社を辞めて自由に生きる方法

スポンサーリンク
嫌いな会社を辞めて自由に生きる方法

嫌いな会社を辞めて自由に生きる方法

 

「会社を辞めたい」

「お金があったら会社を辞めたい」

「会社以外での収入が充分あったら会社を辞めたい」

 

このように思っている人は多いでしょう。

最近は「会社を辞めて自由に生きろ」という広告やコラムも目立ちます。

 

好きな分野に就職をしたり、好きなことをやり続けてその道のプロになる、好きなことだけをして生きることに多くの人が憧れていることでしょう。

でも現状と比較しそこまで実際に行動に移すこと、努力をすることができない人が多いのが現実だと思います。

その中でも、自由に生きたくても生きられない一番の理由はやはり経済的理由でしょう。

 

私は会社勤めというのが嫌で嫌で会社を辞めてフリーになり、現在会社員時代以上には稼げています。

会社を辞めたいけど辞められないと考えている方向けに、何か参考になればと思い私がフリーになった経緯、フリーになってから稼げるようになるまでの経緯、嫌いな会社を辞めて自由に生きる方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

お金の本質について学ぶ

まず私がフリーになるまでの経緯、フリーになってからの経緯を紹介します。(ほぼ自分語り)

 

私は会社員時代、会社員として働く自分に嫌気が差し、毎日昼休みや仕事終わりには本屋に行き本を読みまくっていました。

自己啓発のものから、金融、社会、経済など、とにかく頭に知識を詰め込んで稼げるようになりたい、自分で稼げるようになって会社を辞めたいと思い、ひたすら本を読んでいました。

 

そこでお金の本質についてホリエモンが語っている本に出会いました。

 

『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』を読んでみたら

2017.09.23

 

それまで私の中で、ホリエモンは捕まった胡散臭い人というイメージしかなく、お金に対しても「多く持っていればより良い生活ができるもの」というイメージしか持っていませんでした。

ただこの本を読み、お金に対する考え方が一気に変わりました。

本には以下のことが書かれていました。

 

お金とは信用である。

 

お金がないというのは信用がないのと同じです。

信用を築き上げることで、お金に困ることもなくなっていきます。

お金を稼ぐ思考。成功者の真似をして信用を作り上げよう!

2017.12.17

 

ホリエモンの言う通り、私には全く信用がなくお金もありませんでした。

会社で働くから給料としてお金を得られるだけであり、会社を辞めたら何もなくなり収入がなくなって困るわけです。

そのような状態で会社で働くのが嫌ならば、自分自身、個人で信用を作り上げて収入を得るしかないのです。

 

この本がきっかけでお金の本質と、ホリエモンはすごい人だったということも知り、ホリエモンの自由な考えにハマっていきます。

そしてホリエモン曰く、費用はかからないけれど利益をあげている人が大勢いる、インターネット分野に私も個人で参入してみようと思いました。

 

ヤフオクにネットショップ、Youtubeなどの動画配信、サイト運営などなど、インターネットは稼げる可能性が無限大です。

ホリエモンの本を読んだことがきっかけで、私はネットで1から信用を築き上げていこうと思いました。

スポンサーリンク

まとめサイト、ブログを作ってみる

ネットで何かしらの信用を作り上げたいと思い、まとめサイト運営、ブログ運営、といった稼いでいる人が多いことを私もしてみようと思いました。

ということでまとめサイトもブログも、両方作ってみることにしました。

サイトを一から全て作ったことはないので、本やネットを見ながら手探りの状態で何とか2サイトを作り上げました。

 

サイトを作成後、サイト運営に集中するために思いきって会社を辞めました。

当時の私の給料は安月給でコンビニバイトなどでも稼げるくらいの金額でした。

私は結婚もしていなければ彼女もいない、よく考えたら会社を辞めることに対してリスクなど全くないことに気づいてすぐに辞める決断をしました。

 

それから退職後、毎日サイトの更新をしていきますが、当然のことながらサイト立ち上げ当初は全く人が来ませんでした。

まとめサイトのまとめ方も当初は雑。

ブログの書き方も今より相当下手ですし、コンテンツもないので当然です。

 

ただ絶対毎日更新するようにはして、数ヶ月。

するとサイトに訪れる人の数も次第に増え、気がつけば毎月利益をあげられるようになっていきました。

これは毎日サイトを更新するという、小さな信用を1つずつ積み重ねた結果だと思っています。

 

さらには文章の書き方、まとめ方も以前よりはマシになっていることを実感します。

それ以外にも別なサイトも作ってみようとさらに複数のサイトを立ち上げ、今もそれらを毎日更新して運営しています。

スポンサーリンク

サイト運営と並行して楽器を修理して転売

他私は、サイト運営と並行して別のこともしています。

 

私は昔から楽器をやっていて、中学生の頃から壊れたギターやアンプ機器を安く買っては修理して高値で売る、ということをしていました。

いけると思った品をオークションサイトや中古ショップで見つけ、修理して売る。

これはサイト運営を始めた当初、サイト運営だけではまだ到底生活ができないと思い、手広くやろうというか死ぬ気でどうにかしようと思っていたら、「そういえば昔やってた楽器を修理して転売して稼ぐことをしよう」と思いつきました。

 

会社を辞めたことで窮地に立ち、このようなことを思いついたわけですが、この収入には非常に助けられました。

今では何個も販売し、良い評価を得ていることで修理した商品が売れやすくもなっています。

これも1つの信用なわけです。

スポンサーリンク

嫌いな会社を辞めて自由に生きる方法 まとめ

他にもちょくちょく思いついたことはやって、現在何とかフリーで生活をすることができています。

以上のことから、私なりの「嫌いな会社を辞めて自由に生きる方法」をまとめると、

 

  • お金の本質を知る
  • 信用を作り上げる
  • 自分の得意なことを生かして伸ばす
  • 自分の好きなことを生かして伸ばす
  • 死ぬ気でやってみる
  • 思いついたことは何でもやってみる
  • 実際に行動に移す

 

 

お金の本質、「お金=信用」に関しては、私の頭の中の価値観が引っくり返りましたので、フリーで生きていきたい人がお金について学ぶことは大切なことのように思います。

そして現在収入源が給料以外何もなくて不満な人、フリーになりたいという人は、会社勤めをしながらでも少しずつ何かしらで信用を築く必要があります。

 

人それぞれ得意なこと、不得意なことはあるはずなので、得意なことを生かせるように思考を巡らせる。

好きなことなら努力も惜しまずに成長もできるはず。

思いついたことは何でもやってみて、良いと思ったことは死ぬ気でやってみる。

 

Youtuberが楽しくお金を稼いでいる感じがして羨ましいと思うならやってみればいいのです。

アフィカスが人の生き血を吸って稼いでいて羨ましいと思うならやってみればいいのです。

 

思いついたことは全てやってみればいいのです。

頭の中で考えるだけ、稼いでいる人に嫉妬だけして自分は何も行動しなければ意味はありません。

スポンサーリンク

何も思いつかない人は、読書とブログ運営がおすすめ!

最後に私は特に、本を読むこと、ブログを書くことが非常に有益なことだと思っています。

 

例えばフリーになりたい人が、フリーで生きている人たち、フリーを推している人たちの書いた本を読むことで考えは非常に広がります。

こういった考えややり方もあるのか、こういったことが自分にはできそうだ、など色々と感じることができるはずです。

 

様々な本を読むことで多方面の知識もつき、物事を広く深く考える習慣も根付きます。

 

そしてそういった本を読んだ感想をブログに書くのもおすすめです。

読んで学んだことを、他人にわかりやすい文章でブログにアウトプットすることで、さらに知識が深まることでしょう。

「本を読んだ感想ブログ」というだけでも充分需要はあります。

毎日ブログを更新することで、信用を築き上げることもできますし、より深い知識が根付くはずです。

 

また、ブログを運営することでパソコンやサイト運営の知識もつきます。

パソコンが使えない人は今の世の中、パソコンが使えるようになることで収入の幅も大きく広げることができるでしょう。

 

そのためフリーを目指している人は、本を読むこと、ブログを書くことは特におすすめです。

サイト運営で収益を得るには相応の積み重ねと時間が必要になりますが、こんなブログサイトでも今では有難いほどの収入になっているくらいですからね(;_;)

スポンサーリンク

おわりに

ただ読書、ブログ、というのは文章を読む、作るのが嫌いな人には難しいことでしょう。

ですが私もまだまだ人生迷走中ですし、人それぞれ稼ぐ道、生きる道は多方面にあるはずです。

結局は自分がどうしたいかが一番大事になり、何と言われようとやりたいことを本気でやるべきだと思います。

 

私の場合はどうしてもこれ以上会社員で働くのが嫌だったので、手あたり次第手をつけてみた結果が現在です。

稼いで自立するための近道はなく、少しずつ信用というものを作っていく必要があると感じています。

 

一度きりの自分の人生ですから、悔いのないように日々考え抜き、選択と行動をして生きるべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)