会社を辞めるときは、後悔しないと確信できた時

スポンサーリンク
会社を辞めるときは、後悔しないと確信できた時

会社を辞めるときは、後悔しないと確信できた時

どうも、松平です。

私は初めて就職した会社を辞めて半年近くになります。

 

今現在、会社を辞めたい、辞めよう、と思っている人はたくさんいることと思います。

その人たちへ少しでも参考になればいいなと思い今回記事にまとめてみました。

ちなみに私が退職を決めたときは、会社を辞めたところで後悔はないと確信できたため、思い切って辞表を出すことができました。

スポンサーリンク

金銭面や正社員の地位を天秤にかける

まず仕事を辞めたいと思っても、毎月の給料が支払われないとなると金銭面でどうしても不安になることかと思います。

 

私の場合、会社員として働いていたときは月の給料が20万円ちょいでした。

ボーナスも年に二回でしたが各10万円くらい。

給料は仕事の出来と関係なく年功序列です。

 

数年後には会社員として給料が上がるかもしれないですが、フリーになりたい気持ちが日に日に強くなっていました。

また、月20万円程度ならフリーでうまくいかなくてもバイトで稼げる。

私には嫁も子供も彼女もいない。

 

まずここで、私が会社をやめたところで金銭面のリスクはないと確信しました。

本当にお金が足りなくなったら再就職をする、またはバイトでもすればいいと思いました。

 

 

次に退職にあたり気になったのが正社員という地位です。

私は今までフリーターで自分が楽しそうだと思う職を何個も転々としていましたが、人生で初めて正社員になった会社が直近で辞めたこの会社です。

 

初めての正社員。

初めてなった正社員という地位を数年で捨てるのか?

これはすぐに結論が出ました。

 

私がその会社に入社した理由を思い返すと、未経験でIT技術者としての経験が積めるとのことだったので入社しただけでした。

ある程度の経験を積むことができ、会社には感謝をしていますが私にとって正社員という地位は全く意味を持ちません。

 

世間や親などは会社を辞めることを良く思わないと思いますが、そんなどうでもいいことよりも今は色々なことをやってみる時間が欲しかったのです。

スポンサーリンク

自分が後悔しない道

このように金銭面と正社員という地位について自分の中で考えた結果、会社を辞めたとしても全く後悔はない、と確信することができたので私は辞表を出しました。

退職を決める際は、自分の中である程度悩み、考える時間は必要だと思います。

 

正直会社を辞めたい人はみんな辞めてしまえばいい、とも思っていた時期もありますがその人その人で事情があることでしょう。

悩みに悩み、考えに考えて、「後悔はない」と確信できたときに辞めるべきだと思います。

 

転職してキャリアも給料も上げることはめちゃくちゃ良いと思うし、フリーになることも良いと思います。

退職を考えたけど考えたら気持ちが変わったため会社に留まるというのも良いでしょう。

 

それは人それぞれだと思いますので、自分が後悔しない道を歩んで生きましょう。