尊敬する人のもとで学び働くことの大切さを実感した

スポンサーリンク
尊敬する人のもとで学び働くことの大切さを実感した

尊敬する人のもとで学び働くことの大切さを実感した

どうも、松平です。

 

実は先月から、前の会社員時代に知り合った先輩のお仕事を手伝うことになりました。

先輩は仕事もできてかっこよくて前から尊敬していて僕が大好きな人です。

 

忙しすぎて猫の手も借りたいとのことで、週1,2でちょっとしたシステムやサイトを作ったり、業務委託という形で手伝うこととなりました。

僕自身、今年は誰かと交流して仕事をしたい、WEBやプログラム関連のお仕事をやっていきたいと思っていた矢先にお仕事の紹介があったので、タイミングもばっちりでした。

 

在宅か会社勤務かどっちでも良かったみたいですが、人と関わりたかったので先輩の会社へ出勤することにしました。

 

 

 

そしていざ働いてみると・・・・・・。

何だかもう自分のやる気や熱の入り方が今までやっていた仕事と全然違うんですよね・・・。

 

仕事自体もやりたいことだし、尊敬する先輩のもとで働いて、見てもらって教えてもらって、たくさんのことを学べるわけです。

 

今まで勤めていた会社での自分の態度とは180℃変わっているような自覚すらあります。

先輩に教えてもらい、認めてもらい、自分自身も先輩のようになりたい、成長したいと心から願って仕事ができているわけです。

 

 

 

仕事の捗り具合や周りとの連携、周りへの態度、とかもう自分の全てが変わったように思います。

会社自体もすごい良い会社で、みんなすごい楽しくて良い人。

 

周りが良いというのもあるかもしれないし、自分が尊敬できる人のもとで働くことで変わったのもあるのかもしれない。

週1,2で楽に働いているから、たまに人と関わるのが楽しくてしょうがないのかもしれない。

 

 

まあでも尊敬する先輩がいなければ働くことはなかったし、良い会社と感じることもなかった。

・・・というわけで、尊敬できる人のもとで働くことの大切さを、自らの体でひしひしと感じている今日この頃です。

スポンサーリンク

成功者「尊敬する人のもとで働け!」

また、よく色々な成功者の自伝などを読むのが好きなのですが、バフェットだとか他の成功者の本だとかを読むと、

「尊敬する人のもとで働きなさい」

という言葉をよく目にします。

 

 

・・・・・・こういうことだったのか、って思います・・・。

 

 

「クソ上司がさ~」

「同僚がさ~」

「部長のやつがだめだめで~」

「社長がおかしくてさ~」

 

とかこういう愚痴は会社員の人との間でよく耳にしますが、そうやって尊敬できない人に対する愚痴を言ってしまう環境よりも、尊敬できる人のもとで働いた方がその人の人生にとって絶対にいいと思いました。

じゃなければ自分で会社を興すのもいいし。

 

その方が負の感情は消えるだろうし何よりも楽しいし充実するしね。

スポンサーリンク

人の価値は環境が全て!

ちなみに・・・・・・前にもこういうこと書いた記憶があるな、と思ったらやっぱり書いていました。

人は環境が全てである。李斯「人の才不才などネズミと同じで、場所が全てだ」

人は環境が全てである。李斯「人の才不才などネズミと同じで、場所が全てだ」

2018年4月19日

 

秦(中国)の丞相、漫画キングダムでも出てくる李斯は、「人の価値は環境が全て」ということを言っていました。

今の世の人間も同じだと思います。

 

 

・・・と、僕良いこと書いてますね。

良いと思ったことを書いて終わっていました。

 

良いと思ったことは思うだけではなく、すぐに実践していかないといけないですね。

ですがタイミングよく素晴らしい会社で働くことができたので、今年は楽しくイキイキと過ごせそうです。

 

 

 

最後に言いたいことは変わらず。

尊敬できる人のもとで働くと人生は非常に充実します!(体験談)

 

終わり。