大人になると一年があっという間。時間の経過が早く感じる理由は「ジャネーの法則」にあった。

スポンサーリンク
大人になると一年があっという間。時間の経過が早く感じる理由は「ジャネーの法則」にあった。

大人になると一年があっという間。時間の経過が早く感じる理由は「ジャネーの法則」にあった。

どうも、最近時の流れを早く感じている松平です。

 

今年もあと今日と明日の大晦日で終わり。

社会人になると一年が本当にあっという間ですよね。

 

幼稚園から小学校低学年くらいの頃は、運動会やクリスマスなどの行事までが毎年とても長く感じ、一年もとても長く感じていた記憶があります。

それが今やあっという間に過ぎる一年間。

 

これらの濃い時の流れが、今と同じ一年、同じ時間を過ごしていたようには感じられません。

何事にも無我夢中で取り組んでいたため、濃い時間のように感じて時間が長く感じていたのでしょうか。

スポンサーリンク

ジャネーの法則、加齢とともに時間の心理的長さが減る!

なぜ社会人になると、時間が早く過ぎるように感じるのか?

早速その理由を調べてみたところ、この現象にはジャネーの法則という名前がありました。

 

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

【引用】https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャネーの法則

 

年を重ねる毎に、時間の心理的長さは短くなっていくという心理を、ポール・ジャネ、ピエール・ジャネがジャネーの法則で説明しました。

スポンサーリンク

初めての経験が多ければ時間の流れは遅くなる!

というのも、子供というのは、物事を何も経験しておらず、何も知りません。

そんな子供が幼稚園や学校などの公の場に出て、様々な初めてのことを経験し、学んでいきます。

 

初めての経験をすることで、大人に比べて感じることも学ぶことも何倍も多いです。

そのため脳的にも濃密な時間を経験し、時間が長く濃く感じられるのでしょう。

 

逆に大人になると、毎日自宅と会社の往復という人も少なくありません。

子供に比べて新鮮なことがなければ刺激も少ない、同じ時間でも新たな発見が少ない薄い経験の繰り返し。

毎日同じことの繰り返しだと時間は早く感じ、初めてのことが多ければ多いほど、時間の流れは遅く感じるというのが人間の心理であり、そのことを説明したのがジャネーの法則のようです。

 

いろいろなことをやった時間は「長かった」ように感じられるし、たいしたことをしなかった時間は「短かった」と感じられる

【引用】大人になると時間の経過が早くなるのはどうして?

スポンサーリンク

おわりに

というわけでジャネーの法則に基づくと、新鮮なことが少ないために大人になると時間の流れが早く感じているということがわかりました。

常に人生で新鮮な刺激を求めると、子供のころのように時間の流れが長く感じられるようになるのかもしれません。

 

せっかくの人生なので、できる限り新たなことや挑戦を考えなかったジャンルにも挑戦してみようと思いました。