JASRACの音楽使用料問題とブロックチェーンを考える。

スポンサーリンク
JASRACの音楽使用料問題とブロックチェーンを考える。

JASRACの音楽使用料問題とブロックチェーンを考える。

こんにちは、松平です。

 

最近音楽業界では、事あるごとにJASRACの料金徴収の制度変更が波紋を寄せていますよね。

音楽教室でのピアノの演奏に料金を徴収したり、映画音楽の料金徴収制度が変わったりなどなど・・。

 

 

まず、正直な感想。

 

JASRACは時代遅れだと思っています。

 

音楽の形態がCDを売るからネット販売に変わり、Youtube等で音楽を無料で公開し、広告で収入を得る音楽家も増え、ネット販売すらも時代遅れになりつつあります。

そこで減った自分たちの利益をどうにかするために、独占している日本の音楽業界の料金徴収を増やす、という判断は結果、日本の音楽業界と映画業界を衰退させることになるでしょう。

 

坂本龍一もJASRACに苦言

これらの件に関しては、巨匠・坂本龍一もJASRACに対して苦言を呈しています。

【外部リンク】坂本龍一、JASRACに苦言 「襟を正して透明性の確保を」

 

 

「映画館への料金徴収の影響もあるため、小さな映画館はつぶれてしまう。」

「音楽教室のなかで複数の生徒さんが演奏したとしても、内輪の範囲だと僕は思いますけどね。」

「JASRACはちょっと踏み込み過ぎたんじゃないかな。そんなことよりも、ほかにやるべきことがあると思いますよ。」

 

 

日本と海外では音楽業界の状況がまるで違うのに、海外に倣えと一部だけマネをしても意味がない、逆効果ですよね。

 

ちなみに、調べたところ、映画の音楽使用料はたしかに外国と比べて日本は安いです。

ですが、元々低いものを値上げするということに対して、音楽教室での増収も見込んだJASRACに対し世間は「金の亡者」と、反感を買わずにはいられません。

スポンサーリンク

絶対安泰と思い込んでいる音楽協会が問題だ。

ここからは私の勝手な考察です。

 

JASRACは、時代に沿った改革、進化をすることができてこれなかったのでしょう。

というのも、今急激に進化しているテクノロジーを充分に取り入れて音楽の権利管理ができていないのだと思います。

 

音楽管理をする協会はJASRACしかない!

上記のように絶対安泰と思ってあぐらをかき、昔から変わらないやり方で業務を続けていたら、収益が減り、余裕がなくなるのも無理はありません。

⇒使用料徴収額の推移 JASRAC

 

結果音楽使用料金の徴収を増やすという、時代に逆行をした策をとることになっています。

 

 

※資料リンク

⇒JASRAC 2012年度事業報告

⇒JASRAC会社概要

 

今の社会では、より良いシステムにより、効率良く業務ができるはずなのに、徴収額が減って職員数にはほぼ変動がないことから効率の良いシステム化をしていない。(2012年と比べて)

更なる増収にばかり目がいくあたり、今いる人材で効率良く著作権管理を追求しようという意思がない。

 

日本の企業での大規模なリストラや合併等が相次ぐ中、協会として音楽の権利をほぼ独占しているJASRACに対して私はそう判断しました。

スポンサーリンク

ブロックチェーンで音楽の著作権管理を刷新する。

※これも私の完全主観なものです。

 

私が考えた効率の良い音楽著作権管理方法。

 

一瞬仲介業者というのはいらないとも思いましたが、今はまだJASRACのような、利益を分配する役、管理する団体が必要です。

そのような団体の中で、ブロックチェーンで効率よく、高い透明性を持って著作権を管理するべきだと思うのです。

 

 

今JASRACが利益の増収を見込んで様々な策をとっていますが、どれほどの利益が、その利益が何のために使われるのか?

ほとんどが昔ながらの考えを持った役員たちの報酬として支払われるだけではないのか?

 

その利益の割合、行き先を明らかにし、作曲者、作詞者に正当に利益が払われるようにするシステムを作るべきだと思いました。

 

 

ちなみに下記の記事では音楽著作権管理とブロックチェーンについて書かれており、著作権管理システムをブロックチェーンで組むことは別の話で現実的ではない、といったことが書かれています。

【外部リンク】ブロックチェーンがあればJASRACは不要になるか

 

  1. 権利委託者(作詞家・作曲家・音楽出版社)の作品を登録して作品データベースを管理する。
  2. 作品の利用者(レコード会社、放送局、ライブハウス等)から利用データを収集して、それに応じた使用料を徴収する。
  3. 徴収した使用料を権利委託者に分配する。
  4. 所定の使用料なしで音楽を利用している人に対して著作権を行使する。

 

2,3,4はブロックチェーンのテクノロジーの範疇外とのこと。

ですが、1をブロックチェーンでシステム化し、それに応じて2と3も円トークン等を組み込めば徴収と分配がシステム化できる、そして透明性の高いシステムの構築ができると私は思いました。

 

4はこのシステムを運営する団体、もしくは個人が対応するで解決。

これができれば近い将来、今のJASRACという仲介業者が不要になる。

 

 

 

・・・と思うし効率良いと思うんですけどね。

 

誰かブロックチェーンを基にこんなシステム作ってくれねえかな・・・。

 

 

 

・・・・・・ということでブロックチェーンについて私も勉強をしてみることにしました。

このように言うだけなのは簡単なことですからね。誰でもできます。

 

音楽業界には多数のしがらみ、パイプがあることでしょうし。

上記で述べた私の空想がどれほど難しいものなのか、間違いや矛盾がどれほどあるのか、学び想像し身を持って体感したいと思います。

ブロックチェーンじゃなくてもいいのかもしれないしね。

 

 

あぐらをかいているだけではいつか淘汰される。

という思いは変わらないはずです。

音楽は大好きだから、音楽業界がいい方向に転んでほしい。

歯フェチの私が芸能人の歯並びを引くぐらい分析する。ホワイトニングかセラミックの差し歯か、保険治療かどうか。

2017.11.15

 

言いたいことだけを書きましたが以上。。

 

ブロックチェーンを学び深いところまで理解します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)