自宅で作るステーキが安くてうまい!お店のソースの作り方

スポンサーリンク
自宅で作るステーキが安くてうまい!お店のソースの作り方

自宅で作るステーキが安くてうまい!お店のソースの作り方

どうも、松平です。

 

最近ジム帰りにいつも近くのステーキ屋にステーキを食べに行っていたのですが、意外とお金がかかることに気づきました。

正直そこまでおいしくもないので満足度も低いです。

 

高級店ならおいしいだろうと思いますが、これくらいなら自分でも作れるのではないかと思いました。

ということでスーパーでステーキ肉を買い、家で焼いて食べてみたのですが、想像以上においしくできました。

 

もう安いステーキ屋なら行く必要がないとすら感じました。

お店のようなステーキソースの味もおいしく再現できたので、ステーキを食べるための一連の流れと共にまとめます。

スポンサーリンク

ステーキをおいしく食べるための材料

まずステーキをおいしく食べるための材料は、

 

【ステーキ】

  • ステーキ肉
  • こしょう
  • 牛脂
  • にんにく

 

【ソース】

  • みりん(大さじ2)
  • お酢(大さじ1)
  • おろしにんにく(大さじ1位、チューブも可)
  • 砂糖(大さじ1)
  • 醤油(大さじ2)

 

上記になります。

 

私の家の近くのスーパーだと、ステーキ用ランプ肉300gが600円くらいで手に入ったりします。

安い時には500gのステーキ肉、安いサーロインが700~800円で手に入ります。

 

調味料類は家に揃っているので全て合わせても1000円しないくらいでしょうか。

うまく調理さえできればコスパ良しです。

スポンサーリンク

下味~ステーキの焼き方

続いて下味のつけ方、ステーキの焼き方を紹介します。

 

  1. まず肉を常温に戻します。
  2. 片面に塩胡椒をします。
  3. スジがあったら切ります。
  4. フライパンを熱して強火で牛脂を溶かします。
  5. にんにくを入れ良い香りがしてきたら、塩胡椒をした面を下にして肉を投下します。
  6. 焼き目がついてきたら火を弱め、裏返します。
  7. お好みの焼き方(焼き時間)で焼きます。

 

これで完成です。

スポンサーリンク

お店の味!ステーキソースの作り方

これだけでも充分おいしいですが、ステーキソースの作り方も紹介します。

お店の味を再現できるので、お店に行ったときのような満足感も味わうことができます。

 

先ほども紹介しましたが、材料は以下になります。

  • みりん(大さじ2)
  • お酢(大さじ1)
  • おろしにんにく(大さじ1位、チューブも可)
  • 砂糖(大さじ1)
  • 醤油(大さじ2)

 

まず、みりんとお酢を混ぜ合わせ、電子レンジで20~30秒ほど温めアルコールと酸味を飛ばします。

続いておろしにんにく、砂糖、醤油を加えて混ぜ合わせ、蒸発をしない程度の時間、10~20秒ほど再度チンをします。

醤油は蒸発しやすいので注意です。

 

これで完成です。

 

ステーキソース

 

本来は鍋やフライパンで煮詰めて作るようなのですが、電子レンジのチンで充分です。

普通にお店のステーキソースの味になります。

 

初めて口にしたときは「よく口にする店のステーキソースは醤油とニンニクで作られていたのか!」と感動ものでした。

スポンサーリンク

コスパと満足度が非常に高い!

そして完成したステーキを頬張ります。

 

300g

 

先程は500gのステーキ肉を調理して食べましたが、満足度が半端ないです。

手間暇はかかりますが、好きな量を、周りを気にせずに自宅で、しかも安くおいしく食べることができますからね。

 

お店ではなく、手間暇をかけて女性を口説き落とす感覚と似ているかもしれません。←

 

ただし、後半は冷めて味が落ちるので、そのうち鉄板皿も購入しようかとも考えています。

溶岩プレートもIHに対応するものがあれば買いたいですね。

 

 

 

というわけで、

  • コスパ良し!
  • 味良し!
  • 満足度高し!

の自宅でのステーキはおすすめです。

 

無我夢中でお肉を頬張りたくなった時、是非自宅でのステーキも試してみてはいかがでしょうか。

初めていきなりステーキを食べた感想。ワイルドステーキの味は普通においしいステーキだった!

2018.03.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)