人と会うことが疲れる人へ。魔法のコミュニケーション術「相手を好きになる」

スポンサーリンク
人と会うことが疲れる人へ。魔法のコミュニケーション術「相手を好きになる」

人と会うことが疲れる人へ。魔法のコミュニケーション術「相手を好きになる」

 

人と会うことが疲れる、人と遊ぶことや飲み会が楽しく感じなくて疲れるだけ。

 

最近私はこのように感じていました。

私以外にもこのような方は案外多いのではないかと思います。

以前からこのようなことは思っていましたが、最近特に強く感じていました。

 

人と会うのが疲れるから一人家にずっといて、そんでもってつまらない生活。

 

このままでは絶対にダメだと思い、アマゾンのkindle読み放題で人と仲良くなるための本を読み漁りました。

 

 

 

上記などの本を読み、過去の自分の知識も引っ張り、人と仲良くなるための方法と疲れないためのコミュニケーション術を自分のための備忘録としてまとめてみました。

(以下から口調がポジティブに変わります)

スポンサーリンク

自然体でいよう!

それでは人と会っても疲れないための方法とコミュニケーション術を紹介します。

 

まず人と会う前には、大きく空気を吸って吐くことを何度か繰り返しましょう!

深く呼吸をすることでリラックス。

 

変に身構えたり、気取ったりすることなく、家にいるときと同様、自然体でいましょう!

人と会うことにより緊張したところで疲れるだけ。

 

どうしても緊張してしまう場合は仕方ないけど、自然体を心がけましょう!

そうすることで相手もリラックスをして、より心を通わせることができる上、何より人と会うことが特別なことで疲れることだと思うことも少なくなっていくでしょう!

スポンサーリンク

相手の話をちゃんと聞こう!上から目線、否定発言はNG!

続いて実際に会話をし、仲良くなるために大切なこととして、相手の話をちゃんと聞くようにしましょう!

相手の話をゆったりと落ち着いた気持ちの中、ちゃんと最後まで遮ることなく聞くようにしましょう!

話したいことを遮られて途中で話せなくなったら相手はストレスが溜まるだろうしね。

これは会話のマナーとしてきちんと心に留めておきましょう!

 

また相手と会話をする際、上から目線の発言はNGです。

「そんなこともわからないの?」

「まだそんなことやってるの?」

などなど、明らかに印象が悪い発言は避けましょう。

 

そして、上から目線の発言と同じように、相手を否定する発言も避けるようにしましょう。

人格や容姿に対する否定発言は絶対にダメ!

 

発言に関しても当たり前ですが、自分の発言が否定されると嫌な気持ちになる人が多いです。

相手が間違っていることを言っていたとしても、否定する発言は避けた方がいい場合が結構ありますので、そこは難しいですがケースバイケースで。

基本的に相手の発言には同調し、否定したい場合は相手に間違いを気づいてもらうような発言をするなど、否定をしたくなった場合は一度ワンクッション置きましょう。

 

気持ちの良いコミュニケーションをとることで、お互い良い気分になることは間違いないですし、コミュニケーションが楽しく感じられることでしょう!

スポンサーリンク

相手を好きになろう!

そして何より大事なのはこれに尽きると思うのですが、対人の際にいつもこのことを忘れてしまいます。

前田裕二氏(SHOWROOM社長)も言っていました。

 

相手を好きになることで相手も自分を好きになる、と。

SHOWROOM代表、前田裕二氏の『人生の勝算』を読んでみたら。BLUE GIANTを感じた。

2017.10.10

 

恋愛とかでもよく言いますよね。

人に愛されたいならまずは人を愛しなさい、と。

 

まずは相手の長所を見つけ、接する相手のことを本当に好きになってしまいましょう!

優しい人だとか、ワイルドな人だとか、見た目が良いだとか、面白い人だとか、芸能人に似てるだとか、そんなことでいいのです。

長所を見つけて理由をつけ、とにかく本当に相手を好きになることで、相手にもその好意が伝わり、相手も自分を好きになってくれるのです。

 

相手のことを本当に好きになると、相手への興味がどんどん湧いて話題も尽きないだろうし、自分の対応も好きな人と接する対応になるはずです。

ちゃんと最後まで話を聞いたり、適切な相槌、反応、笑顔を心がけるようになることでしょう。

その結果お互いの仲が深まるというのは言うまでもありません。

 

これは私は今まで3,4回しか実践したことはないですが(つい忘れる)、実践した時は相手や周りととても仲良くなったので、真理というか本当に魔法のようなコミュニケーション術だと思っています。

 

長所を見つけて本当に相手を好きになる!これだけ!!!

それでも相手に嫌われたらしょうがないけどね。(これは経験を重ねるしかない!)

スポンサーリンク

魔法のコミュニケーション術、相手を好きになる。

おそらくですが、この4つだけで人と会うことにより疲れる、と思うことは少なくなり、接する相手ともより仲良くなることができるのではないかと思います。

何より最後の「相手を好きになる」ことで、好きな相手と会うことが疲れることや面倒くさいことだと思うことも大幅になくなるはずです。

 

 

ただ他に人と会うことで疲れる人の特徴として、自分の意見を口にできないから疲れる、ということもあるようです。

 

自分の本音を相手に中々言えないという人は、言い方や物事の考え方に問題があるのかもしれません。

長所を見つけて相手を好きになってしまえば、物事に対して否定的なとらえ方をすることが少なくなりますし、ポジティブな考えが本音になるのではないでしょうか。

その結果、言いたいことが言えるようになる!かもよ!知らんけどな!←

 

 

正直昔の自分はこれだったと思います。

というのも、中々相手に本音を言えずにいたため、家族や友人など、人とのコミュニケーションでストレスがたまっていました。

 

それが嫌なので、最近はただ相手に言いたいことを言うだけ。

長所を見つけて温かい気持ちで接するわけではなく、相手に対して否定的な発言ばかりをした結果、喧嘩だらけで疲れる、と感じてしまっていたのでした。

否定的な人が、言いたいことを重箱の隅を楊枝でほじくるように相手に言うだけでは、喧嘩もするし友達が離れていくのは必然ですよね・・・。

 

 

その結果の読書、そして今回の記事のまとめだったのでした。

 

これからは交流の際、本当に気をつけなければいけません。

これらに気をつけて相手を好きになってしまえば、私のコミュニケーション能力不足は解決するはずだ!と思っています。

 

 

 

 

上記はガチのコミュ症の人に対してのものではないですけどマジで効くと思っています。

相手を好きになろう、好きだ!と思って接したときは、自分自身周りと良い関係ができていたんです、本当に・・・。

 

魔法のコミュニケーション術、相手を好きになる。

 

これだけなのについ忘れてしまうので、私はこれから人と会う際はこの記事のことを忘れず実践します。

人を本当に好きになるということは、最初は中々難しいとは思いますけどね!

 

それでは以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)