私が仮想通貨投資を辞めた理由。漂うバブル終了感

スポンサーリンク
私が仮想通貨投資を辞めた理由。漂うバブル終了感

私が仮想通貨投資を辞めた理由。漂うバブル終了感

どうも、松平です。

 

私は2017年1月に仮想通貨投資を始めましたが、先月2018年2月に仮想通貨投資を辞めました。

それまでもちょくちょく休止は挟んでいましたが、今回は完全に取引所の資金を全て出金しました。

 

今でもたまにチャートは見ていますが、ここ最近ビットコイン、他アルトコインの暴落は目立ちます。

同じように仮想通貨投資を辞めること、または辞める・引退を考えている方は少なくないのではないでしょうか。

ということで私が仮想通貨投資を辞めた理由をまとめます。

スポンサーリンク

コインチェックNEM流失事件により世間の投機熱が冷める

まず、2018/1/26のコインチェックによるNEM480億円分の流失事件で、世間の仮想通貨への熱が冷めたことが理由の一つです。

 

仮想通貨は世界的にも日本人が多く熱狂していることは明らかでした。

そんな中、日本の大手取引所コインチェック社の盗難によるNEMの巨額流失。

 

NEMそのものに問題があったわけではありませんが、取引所に仮想通貨を預けている人の割合は多いです。

仮想通貨の価値に疑いを持つ人も増え始め、世間の投機熱を冷ますには充分な出来事だったように思います。

スポンサーリンク

漂うバブル終了感

そしてその前には、仮想通貨は仮想通貨バブルと言われるほど投機熱が凄まじく、価格が1日で数10%以上、はたまた倍以上になることもザラにありました。

「この仮想通貨さえ持っていれば儲かる!」

「買わないやつは馬鹿!」

「規模が小さい!こんなのまだまだバブルじゃない!」

という人も多くなりますが、とはいえ明らかにおかしい相場状態が永遠に続くわけはないと常日頃感じていました。

 

現在では流失事件や海外諸国での規制も影響し、最高値の半分以上、1/3以上も価格が下がっています。

もちろん年単位で見るとまだまだ圧倒的にプラスであることは間違いありません。

ただ一日で倍以上になったりする今までの勢いがなくなったことから、バブル終了感を感じてきました。

スポンサーリンク

Zaifの2246兆円事件

そしてZaifの2246兆円事件です。

20億BTCの売りはZaifではなくメンメン自らの指値注文!

2018.02.19

 

麺屋銀次という男性が仮想通貨取引所のZaifで2246兆円分のビットコインを買うことができたという事件です。

仮想通貨投資というのはそもそもほとんどの人は投機目的であるため、ちょっとした事件やニュースで価格が大きく変動します。

 

こんな面白いマネーゲームは中々辞められそうにありません。。

私が暴落時にZAIFトークン(ザフト)を買った理由。ザフトとは?

2018.02.16

 

上記ブログでこのように書きましたが、この事件発覚直後、即全売りして出金しました。

私は今年Zaifをメインで使っていました。

CC社の流出事件、漂うバブル終了感、それにこの事件があってから「仮想通貨もういいや感」を感じるようになりました。

スポンサーリンク

「賢明なる投資家」を読んで投資の基礎・精神論を学んだから

そして最後、というか一番の理由はこれです。

ベンジャミン・グレアムの「新賢明なる投資家 上~」を読んでの感想、レビュー、メモ。

2018.03.07

 

投資の教科書と言われている、ベンジャミングレアムの賢明なる投資家を読みました。

私が読んだのは改訂版の、新賢明なる投資家(上)ですが、投資というものの基礎、精神論を大いに学ぶことができました。(現在下を読んでいる途中)

 

  • まず投資の世界、すぐに大金を稼ぎたいという本能・投機熱が相場を支配します。
  • また株式投資の場合、会社の収益に応じて配当や、再投資も行われていきます。
  • 会社の実績により株の適正価格は計算できますが、仮想通貨に適正価格はありません。

(感想含む)

 

などなど、投資における心構えや基本を学んだ結果、仮想通貨投資はただの投機、ギャンブルに近いものと感じるようになり、将来的に長期的な利益を見込む確信が持てなくなりました。

スポンサーリンク

まとめ、おわりに

以上の理由から、私は仮想通貨投資を引退しました。

 

ギャンブル感覚、あぶく銭感覚ならば全然良いでしょうが、投資というものについて知れば知るほど、仮想通貨投資(投機)は遠ざかりたくなります。

よく目の当たりにする「長期的には上がる」という情報も何の根拠もなく、周りの意見に惑わされることも皆無になりました。

(ベンジャミングレアムの賢明なる投資家は、どんな分野でも投資をするうえで本当におすすめです)

 

ちなみに、そのうち仮想通貨の値がもっと下がった時、利益が見込めると確信できたときは再投資の選択肢ももちろんあります。

仮想通貨には適正価格がないので、利益云々よりも世間に普及させる、通貨を応援する気持ちで投資・所持をすれば良いのではないでしょうか。(大半の人は無理だと思うけど)

今のところ仮想通貨投資を再開するつもりはないですが、今後もたまにチャートはチェックしていきたいと思います。

 

 

 

P.S.仮想通貨投資は引退したけどブロックチェーンはすごいよね♪(知らんけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)