仮想通貨が毎年4/20以降に高騰する理由。確定申告による所得税の引き落とし日

スポンサーリンク
仮想通貨が毎年4/20以降に高騰する理由。確定申告による所得税の引き落とし日

仮想通貨が毎年4/20以降に高騰する理由。確定申告による所得税の引き落とし日

どうも、松平です。

私は仮想通貨投資を引退した身ですが、先日復活しました。(気まぐれ)

投機相場を見ていて再度高騰が「来る」と感じたからです。(気まぐれ)

その理由を説明したいと思います。

私が仮想通貨投資を辞めた理由。漂うバブル終了感

2018.03.30

確定申告による所得税の引き落としは毎年4月20日!

まず、昨年は仮想通貨バブルにより、たくさんの人が儲けを手にしたことでしょう。

儲けたとなると、確定申告をして税金の支払いが必須になります。

 

そして確定申告をした際、税金の楽な支払い方法は金融機関からの口座振替です。

自ら支払わずに毎年支払い分を引き落としてくれるため簡単で、税務署もこのやり方を推奨しています。

多くの人がこの口座振替を利用していることでしょう。

 

その申告した所得税の引き落とし日、支払い日は本日4月20日です。

私の口座からもしっかり所得税が引き落とされておりました。(涙)

 

どういうことかというと、4月20日に投資家たちは、今年使える資金を実際に数字で目の当たりにして確認することになります。

税金の引き落としがされ、自分にどれだけの余剰資金があるのかを確認します。

 

そして、もっと仮想通貨投資に資金を回せる、と思い始める人たちが現れることでしょう。

その結果、仮想通貨の相場は4月20日以降に高騰するのです。(予想)

スポンサーリンク

毎年4月20日以降に高騰している!仮想通貨も日経平均株価も!

またここ数年、税金の振替日は毎年4月20日です。

そして仮想通貨界、ビットコインは毎年4月20日以降に必ず高騰しています。(2015年~)

 

【2015年】

2015年チャート

【2016年】

2016年チャート

【2017年】

2017年チャート

【2018年】

2018年チャート

 

昨日今日も主要仮想通貨、ビットコインの価格は上昇していますね。

もしかするとこのように相場を時期で見ていた方が多くいたのかもしれません。

 

このことからも、高騰の理由づけができます。

(ただし、仮想通貨は毎年値上がりをしているため、4月20日以降という定義に無理矢理感はある)

 

また、日経平均株価も毎年ではないものの、4月20日以降に値上がりする傾向があります。

 

日経平均株価チャート

 

スポンサーリンク

まとめ、おわりに

というわけで、4月20日に所得税の引き落としがされ、投資家たちの懐の整理がされるために、仮想通貨は4/20以降に毎年値上がりする傾向があります。

また、アメリカの確定申告の時期が4月中旬まで、というのも影響していると考える人もいるようです。

 

そして最近下降トレンドが終息気味でもあったため、何となくではありますが再度高騰が来る予感がし、数日前にめぼしい仮想通貨を仕込んでおきました。

(外れたらダサいので、プラスの結果が見えてからこの記事をまとめるに至りました)←

 

一度下がってから跳ね上がるかと思い、投資資金を半分は残しておいたのですが、昨日今日でグーンと伸びていってしまったため、半分の資金はどうしようか悩み中です。

タイミングを見計らい、早めに投入したいと思います。

 

 

 

仮想通貨投資を引退といいましたが、あっという間の再開です。

少額でビットコイン中心のポートフォリオですが、利益どうこうよりも、改めて仮想通貨って画期的だと思ったので、今後の行方を見守る気持ちで放置したいと思います。

(自分に言い聞かせています)

 

 

以上です。

 

たまたまかもしれませんが、時期を見るというのも投資(投機)において楽しいことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)