クロールで25メートルを疲れずに泳ぐ方法

スポンサーリンク
クロールで25メートルを疲れずに泳ぐ方法

クロールで25メートルを疲れずに泳ぐ方法

どうも、松平です。

最近毎日ジムのプールで泳いでいます。

 

私は泳ぎを習ったことがなく自己流で泳いでおり、以前は25メートルをクロールで泳ぐと死にそうになるくらい息切れを起こしては疲れていました。

何とかネットで調べて疲れにくい泳ぎ方をマスターし、以前より楽に25メートル、そして50メートルを足がつかずに泳ぐことができるようになりましたので紹介します。

スポンサーリンク

とにかく脱力、ひたすら脱力

まずはとにかく体の力を脱力させます。

無駄な力が入っていればそれだけで疲れます。

よく考えると速く泳ぐ必要もないので、まずは速く泳ぐことより長く泳ぐことに重点を置きます。

上半身、下半身共に脱力させ、無駄な力を入れることを極力避けるようにします。

スポンサーリンク

下半身は下がらないように!

また、下半身が沈むと抵抗が増えるので疲れます。(速く泳ぐこともできません)

脱力しつつも足は伸ばし気味にし、水面をバタバタと蹴らないようにして水中で足を動かし推進力を得ます。

 

上半身のストロークで無駄な動作をなくす!

そして上半身のストロークで無駄な動作をなくし、効率良く泳ぐようにしましょう。

クロールの際は肩をグッと引き、肩と腕を大きく回すようにします。

手の平を下に、指先から水面に入り、腕で水を下に押し出すようにしてストロークをします。

 

 

上記動画のおかげで、効率の良い上半身の使い方を素人レベルではあるもののマスターすることができました。

ですがこれは正直後ででもいいです。

大事なのは↓です。

スポンサーリンク

一番大事なのは息継ぎによる呼吸!

色々とクロールの基本を学び実践してみましたが、一番大事なのはやはり息継ぎだと感じます。

息継ぎ、呼吸のやり方さえうまくできれば、泳いでいてそこまで疲れません、というかゆっくりなら全然疲れなくなりました。

 

まず呼吸は口から吸って、鼻から出すのがクロール時の正しい呼吸方法です。

そして息継ぎの際、体勢は泳いでいる状態を維持しながら顔の角度を変え、水面に顔の側面がついたまま息継ぎをするようにします。

 

大事なのは泳いでいる体勢を維持、顔の片側面は水面につけたままです。

 

体勢が維持できずに顔を全て出して息継ぎをすると、呼吸のために起き上がろうと無駄な力を使ってしまうことになります。

さらにフォームが崩れ体も沈んで疲れます。疲れ果てます。

 

 

息継ぎのちゃんとしたやり方さえできるようになれば疲れなくなります。(私自身そうでした)

スポンサーリンク

まとめ、おわりに

ということで、私は疲れずに泳げるようになったわけですが、息継ぎと呼吸の仕方が何よりも大事だと感じています。

 

おそらくクロールで疲れ果てる人というのは、息継ぎがきちんとできていない、または息継ぎの際の無駄な労力が原因で疲れていることと思います。

前にビート版を使ってバタ足で25m泳いでも、以前の私のクロール時と比べて全然疲れなかったですしね。

クロールの際の息継ぎが問題だったということです。

 

私のように泳ぎ方が我流の人で泳いでいて異常に疲れるという人は、正しい息継ぎ、呼吸、泳ぎ方を研究、またはスイミングスクールなどで正しい泳ぎ方を学ぶことをおすすめします。

【参考リンク】泳ぎの基本をしっかりマスター 高安亮選手直伝! 正しいクロールの泳ぎ方と教え方

ちなみに上記サイトに非常にお世話になりました。

 

 

結論:大事なのは息継ぎだ!

 

 

あとはやっぱりひたすら泳いで、より良い泳ぎ方、息継ぎの仕方を身につけていくしかないです。

終わり。