ヘルニアの腰痛持ちが無理をして限界まで走り続けた結果。※絶対にマネをしてはいけません。

スポンサーリンク
ヘルニアの腰痛持ちが無理をして限界まで走り続けた結果。※絶対にマネをしてはいけません。

ヘルニアの腰痛持ちが無理をして限界まで走り続けた結果。※絶対にマネをしてはいけません。

どうも、松平です。

 

僕は以前ジムで腹筋を追い込んだ結果、椎間板ヘルニアを発症しました。

腹筋をすることで発生する腰痛。筋トレ

腹筋をすることで発生する腰痛。筋トレ

2018年5月3日

 

そんな僕ですがここ最近は調子が良いのもあって、自分が腰痛持ちであることをちょっと忘れかけていました。

 

そして昨日、

「今日は限界まで走って自分を追い込もう!」

とふと思い立ち、ジムで限界まで、足が動かなくなるように高速を交えつつ約2時間ほど走り続けました。

 

途中何度も足や股関節、腰にまで痛みが来ていたのですが、「まずいかもしれない」と少々思いつつも、足の感覚がなくなる限界まで追い込もうと走り続けました。

 

その結果、ジムからの帰り道、腰が痛すぎて歩いて帰れないほどの腰痛を発症してしまいました。

 

 

 

その後なんとかタクシーをつかまえて帰りましたが、家に着いて倒れ込むように寝ました。

腰の痛さに加え疲労もあってぐっすりと寝ることはできました。

 

そして今起きてこのブログを書いています。

たった一晩ですが、まだ足腰に痛みがあるものの、何とか生活に支障がきたさない程度には無事回復しました。

 

ただ「腰が痛い」という感覚が常にある状況は続いていますが・・・。

スポンサーリンク

痛みは警告のサイン!絶対に無理をしてはいけない!

以上から学んだこと。

 

  • 腰痛・ヘルニア持ちは決して無理をして運動をしてはいけない!
  • まずい痛みだと思ったらすぐにやめる!
  • 「気持ちいいから」、「追い込みたいから」という気持ちで続けてもさらなる痛みを発症する!
  • 後悔する筋トレ、運動もある!
  • 無理をし続けるのは逆効果となり得る!
  • この腰痛の傷みを決して忘れてはならない!

 

 

非常に当たり前のことではありますが、体が発する痛みは警告のサインなわけです。

 

体が痛いのに無理をして頑張っても何もいいことはなく、その後痛みで動けなくなって結果逆効果にもなり得ます。

「無理をして頑張っている」という自覚があるというのはそれは本当に頑張っているのか?とも思いましたね。(哲学)

 

何とか無事歩けるくらいには回復をしたのでよかったですが、次無理をしたらジムからの帰り道の痛さを越える腰痛が発症しそうな気がしています。

腰痛は本当にしんどくて精神的にもネガティブになるので、発症しないに越したことはないです。

 

今後運動でも筋トレでも絶対に無理をしないようにしようと心に決めました。

スポンサーリンク

おわりに

というわけで、腰痛持ち、ヘルニア持ちの皆さんは運動で無理をして私みたいに悪化しないように本当にお気を付けください。

ここ数ヶ月油断して少し無理をして痛みが再発、というのを繰り返している気がしますね・・・。

これからしばらくは大人しく引きこもるとします。