1日1曲、毎日作曲生活を1ヶ月続けてみた結果!

スポンサーリンク
1日1曲、毎日作曲生活を1ヶ月続けてみた結果!

1日1曲、毎日作曲生活を1ヶ月続けてみた結果!

どうも、松平です。

 

先日下記の記事で『毎日1曲作る生活を始めてみます』とチラッと書きました。

「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」のコード進行・転調・理論分析

2018.04.28

 

それから1ヶ月が経ちました。

 

私は昔バンドをしていましたがほぼ音楽素人です。

だけど音楽が好き。

そんな私が1日1曲、毎日作曲生活を続けました。

 

1ヶ月前の自分と今の自分の違いを書きたいと思います。

(作った曲はJ-POP、ロック、アニソン系)

 

1ヶ月前の私の状況

まずは1ヶ月前の私の状況がこちら。

 

1ヶ月前の私は、

  • 作曲家、編曲家をぼんやり目指していた
  • といいつつ才能や技術は皆無で甘ったるい努力のみ
  • 昔から曲を作ってたまにネットにアップロードするも反響なし
  • 良い曲ができない
  • 良いメロディが思いつかない
  • 思い通りの編曲ができない
  • 曲作りが全然進まない
  • 良いサビのメロディができたと思うも、サビに合ったAメロやBメロが中々できない
  • 良いメロディができたと思い、編曲をしてみるも思い通りにはいかない
  • 1曲丸々作る際にはAメロやBメロの他、音作りや編曲、ミックスやマスタリングにより1曲で1ヶ月以上かかることもしばしば
  • コード進行や音楽理論をある程度理解していたつもりだったものの単純なコード進行ばかり

 

 

自分の中で納得した曲を作って何個かネットにあげても反響はないので才能なしです。

また、誰でもできるようなサビのメロディを作って編曲に力を入れては「自分は磨けば光る才能がある!キラリ」って感じだったと思います。(イタい)

スポンサーリンク

現在(1ヶ月後)の私の状況

そして1ヶ月後、現在の私の状況はこちら。

 

  • 様々なジャンルの曲を聴くようになった
  • 過去に私が作った曲を大いに恥じるようになった
  • 作曲のみではあるが、1日1曲完成することができるようになった
  • 作曲家、編曲家の道はあきらめました

 

こんなところです。

スポンサーリンク

この1ヶ月にしたこと、経緯

そしてこの1ヶ月にしたことと経緯を紹介します。

 

まず、ダサくてもパクりでもいいから練習として1日1曲を完成させるようにしました。(編曲は別)

コード進行とメロディを考えて1日1曲作りました。

 

パクりでもダサくてもいいと思い作ったところ、意外と曲はでき始めました。

ただ最初5日間作曲生活をしたところ、6日目には前に作った曲と似たような曲になってしまいました。

というかダサい。

 

 

このままでは1日1曲作曲生活を続けたところでしょうもない曲を量産してしまう、と思いたくさんの曲を聴き始めました。

今までは好きな曲を繰り返し聴いているだけでした。

 

そして良いと思った曲はコード進行とメロディを覚え込むことをしました。

曲を聴いてコピーをして、様々なコード進行やメロディ、発展を自分自身の作曲に取り入れようという意識が芽生えました。

そこでコード進行とメロディの関係の深さに気づき、理解していたつもりであった音楽理論を改めて勉強します。

 

そして1日1曲作っているうちに、自分の中で良い感じだと思う曲も僅かではありますができ始めていきました。

ダサくても常にアウトプットしていると洗練されていくのかもしれませんね。

スポンサーリンク

作曲家・編曲家の道をあきらめた理由

今では毎日作曲を続けたことで、ぶっちゃけ良い曲ができ始めているように感じています。

 

ですがそのような過程と共に、

『これ以上の生活を何年も続けてやっと作曲家になれる人もいればなれない人もいる』

という事実に気づきます。

 

私がやったのはたった1ヶ月。

さらに毎日やっていたのは作曲だけ。

作詞も編曲もミックスもマスタリングも、そして今では映像を作る技術すら必要な時代です。

 

結果、安易に作曲家・編曲家を目指す、といったことは考えられなくなりました。

「何を浅はかなことを口走っていたんだわしは」

という気分です。

「千鳥って何が面白いの?」と言う人のために、千鳥の面白さを解説!ダウンタウン松本&ピコ太郎の言葉!

2017.11.08
スポンサーリンク

1日1曲作曲というのは当たり前じゃない?

また、編曲をしてCDレベルの楽曲まで作り上げるなら別かもしれませんが、1日1曲作曲をするのは当たり前であると気づき始めました。

 

運良くプロの作曲家の方とお話をする機会もあったのですが、「明日までに3曲作って」と言われたこともあると聞きました。

レコーディングも含むと日数はもちろんかかりますが、デモの場合は1日で作ってしまうことが大半だそうです。

 

それ以外にも下積み時代は「1日2曲以上は作曲していた」(編曲含む)という話も聞いたので私の1日1曲作曲など屁でもないものです。

そういった何年もすごい努力をしている人、その中でも才能のある人が輝く世界なのだと思いました。

スポンサーリンク

作曲スキルは確実に上がった!

というわけで、1日1曲作曲生活をした結果、ぼんやり描いていた作曲家の道はあきらめる心境に至りました。

 

ただし!

毎日作曲生活をしてみたところ、自分の中で作曲スキルは確実に上がったように思うので、今後も趣味の範囲ではありますが1日1曲作曲生活を続けてみたいと思います。

自分でいい感じの曲が作れた時はやはりすごい楽しいというか、充実感&達成感があって気持ちが良いです。

そのうち編曲までも1日1曲完成させて、ネットにアップまでできるようになりたいと思う今日この頃。

 

 

というわけで私は悲観的になってしまいましたが、確実に上達をすることは間違いないので、プロの作曲家や編曲家を目指す人に1日1曲の作曲生活はおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)