Apple Musicを使ってみたけど最高過ぎた!初めての音楽定額サービス メリット・デメリット

スポンサーリンク
Apple Musicを使ってみたけど最高過ぎた!初めての音楽定額サービス メリット・デメリット

Apple Musicを使ってみたけど最高過ぎた!初めての音楽定額サービス メリット・デメリット

どうも、松平です。

今世間では音楽定額サービスとして、

 

  • Apple Music
  • Amazon Music
  • Google Play Music

 

などがありますが、僕は今まで音楽定額サービスを使用したことがありませんでした。

ただ現在Apple Musicが3ヶ月無料とのことなので、初めてこういったサービス、Apple Musicに登録をし使用してみました。

 

CDを買ったりレンタルしたり、YouTubeで音楽を聴いていた僕にとって、ちょっと革命的で最高過ぎました。

スポンサーリンク

5000万曲以上が無料で高音質で聴ける!

まずApple Musicでは5000万曲以上、世に出ている邦楽・洋楽・その他ジャンルの音楽など、ほとんどの曲を聴くことができます。

 

曲名を検索してクリック、1秒後にはストリーミング形式で曲を全て聴くことができます。

iTunesのライブラリ上にダウンロードも可能、ダウンロードせずともプレイリストの作成も可能です。

 

ファイル形式はわかりませんが音質もばっちりです。(おそらくMP3?)

スポンサーリンク

当たり前だけど広告もなし!

そして当たり前ですがYouTubeでよく見る煩わしい広告もありません。

無駄な時間ロスや広告に気が散らずに済みます。

 

また繰り返しますが音楽の音質も劣化されることなく最高です。

音楽好きを公言しながらなぜ今まで音楽定額サービスに登録していなかったのか、そんな自分が謎に感じますね・・・。

スポンサーリンク

新曲は有料、iTunesの動作がやや重い、ローカル保存できないのが難点。

ただデメリットといいますか不満も少々あります。

 

まずは比較的新しい曲、新曲は有料という点。

定額サービスなのでそういったものも無料で聴けると思っていましたが・・・、まあでもこれは勘違いだったのでしょうがないっすね。

 

そしてiTunesの動作がやや重い点。

僕はPCでiTunesを開いていますが、曲名を検索するときのページ遷移動作がもっさりとしていてちょっとストレスです。

僕の環境は光回線、最新のデスクトップPCですので、おそらくApple側のWindowsでの仕様だと思いますがこれが早くなったらうれしい。

 

後は曲をダウンロードをしてもライブラリ上で通信無しで聴けるだけで、PC自体にファイル保存ができない点。

Apple Musicでダウンロードした曲をフリーソフトでローカルに保存する術はあるようですが、違法な匂いがするので手が出せません。

iTunes、Apple Musicの仕様でできたら超うれしいよね。

スポンサーリンク

感想、おわりに

というわけで多少の不満はあれど、でも最高です。

こんなに曲数があって簡単に聴くことができるのであれば本当もっと早く使うべきでした。

 

今後3ヶ月使ってみて、その後にAmazon Music、Google Play Musicも試してみて一番良いと思うサービスを固定利用しようと思います。

 

月額1000円しないでこんなことができるなら今までCDをレンタルしまくっていたのは何だったのか・・・。(情弱でした)

まだ音楽定額サービスを使ったことがない音楽好きな方がいたらマジでおすすめです。

 

おわり。