Cubaseのエラーがやっと解決した。度重なるフリーズ、起動しない原因

スポンサーリンク

Cubaseのエラーがやっと解決した。度重なるフリーズ、起動しない原因

どうも、松平です。

 

昨日半日ほど、Cubaseのエラーに悩まされていました。

といっても昨日以前にも数日前から事あるごとにCubaseのフリーズ、エラーが起きていました。

 

急に画面が固まっては強制終了を試みるしかなくなり。

何度か再起動をしてUSBバングルを抜き差しすると起動するも、再度フリーズ。

 

終いにはCubaseが起動しようにも起動しなくなる事態に。

eLicenserという面倒くさい認証システムにもいら立ちを覚え。

 

今までほとんどこのような不具合が起きることがなかったので、Windows10のアップデートが原因かと疑うも特に情報はなし。

 

 

・・・・・・本当に発狂ものでございました。

 

半日は費やしました。

USBバングルの故障かとも思いました。

パソコンをOSごと買い換えてやろうかとも思いました。

 

といっても私のパソコンは、i7、メモリ16GB、SSDという仕様のため、パソコンの機能の問題とも思えないのです。

ですが、最近同じようにCubaseの調子が悪いという人もいるわけではなく・・。

 

悩みに悩みましたが、無事解決したので私が悩んだ経緯と解決した方法を紹介したいと思います。

(ちなみに私のバージョンはCubase8です)

スポンサーリンク

ライセンスエラー?リモートプロシージャコールに失敗?

尚、私が直面したエラーは、

『cubase media service component is missing』

『リモートプロシージャコールに失敗しました』

というエラーメッセージが出ることがありました。

 

Cubaseがフリーズしたり正常に起動しないため、Cubaseとパソコンの強制終了を試みるも、Cubaseが起動しているためにPCはシャットダウンできない、というよくわからないメッセージが出たとき、そのときに強制終了をキャンセルすると上記のエラーメッセージが見られました。

スポンサーリンク

Cubase付属の各ソフトのアップデートを試すも・・

というわけでCubaseのライセンスメンテナンスソフト「eLicenser Control Center」や、Cubaseの内臓シンセなどのアップデートを行いました。

とりあえず最新にすることでエラーがなくなるかと思ったからです。

 

ただ、これが数日前ですが効果なし。

 

翌日には再度のエラー、翌々日の昨日には起動できないほどの状況に見舞われました。

また、Windows10のアップデートが原因かとも思ったのですが、最近のアップデートの履歴を見てもウイルス対策以外はアップデートされていなかったので違うと判断しました。

スポンサーリンク

eLicenser Control Centerのアンインストール、対策案を試みるも・・

そしてそんなときにYAMAHAから公表されている対策案がこちら。

【Cubase共通】Cubase起動時に「eLicenser Control – Error」または「eLicenser POS Error Message」が表示されて起動できません。(Windowsのみ)

 

◆ 対策ツールを適用する

2-1. すべてのアプリケーションが終了していることを確認し、
「プログラムと機能」を開きます。

各Windows OSにおける「プログラムと機能」の開き方は以下の手順をご参照ください。

[ Windows 7 ] Windowsのスタートメニュー > コントロールパネル > プログラムと機能

※ コントロールパネル内に「プログラムと機能」が表示されない場合、コントロールパネルの
画面右上「表示方法」を「カテゴリ」から「大きいアイコン」に切り替えてください。

[ Windows 8 / Windows 8.1 / Windows 10 ] コンピューターのキーボードの「ウィンドウズマーク」を押しながら「X」キーを押し、
表示される項目から「プログラムと機能」をクリックする。

2-2. 表示されるプログラム一覧より「eLicenser Control」をアンインストールします。

2-3. アンインストール完了後、コンピューターを再起動します。

2-4. コンピューターを再起動後、以下のURLより、eLicenser Control Centerの対策ツールを
ダウンロードします。

・ 対策ツール ダウンロードURL
【リンク】http://support.steinberg.de/elc/win/elc-installation-overwriter.exe

2-5. 念のため、インターネット接続をオフにし、ウィルスセキュリティソフト、
ファイアウォールの機能を完全に停止します。

※ 「対策ツールを適用する」の作業完了後、設定は元にお戻しください。

※ ウィルスセキュリティソフト等の停止方法につきましては、
恐れ入りますが、ご使用のソフトウェアメーカー様までご確認ください。

2-6. 手順2-4.でダウンロードした、対策ツールを起動し、インストールを実行します。

2-7. Cubase を起動し、状況に改善が見られるか確認します。

 

 

eLicenser Control Centerをアンインストールし、↑の対策ツールをインストール。

これにより、無事フリーズや起動しないといった問題から解決できるのか・・・?

 

尚この対策ツールをインストールする際、Windows10付属の「Windows Defender Antivirus」が起動し、このインストールを防ごうとしていました。

これらから察するに、Windows10のウイルス対策のアップデートにより、Cubaseの動作が安定しないものになっていたのではないかと推測。

 

インストールしてみると、最近開けなかったVSTプラグインが開けたため、直った!と思いました。

やはり原因はWindows10のアップデートだったんだな!

 

と思いきや、再度使用しているとフリーズという事態に。

もう本気で発狂しました。

スポンサーリンク

これが本当の解決方法!ASIO-Guardを有効化!

そしてネットを漁っているうちに、私と同じようにCubaseの調子が悪いという人を見つけました。(2年前)

【外部リンク】Cubaseの不具合ついに治りました

 

この方曰く、Cubaseのデバイス設定で以前はASIO-Guardにチェックが入っていたものの抜けていた、これのチェックをつけると不具合が解決した

とのことです。

 

私もそのチェックを確認してみると・・・、抜けていました。

 

そしてチェックを入れただけで、完全にヌルヌル動くようになりました。

フリーズや起動しない、といったことも一切起こらなくなりました。

 

Cubaseのエラーがやっと解決した。度重なるフリーズ、起動しない原因

 

尚チェックをつけたときと外した時のVSTパフォーマンスを見ると違いは一目瞭然。

チェックをつけない状態だとreal-time-peakとやらが限界に近いです。

 

【チェックOFF】

チェックオフ

 

【チェックON】

チェックオン

 

 

どうやらASIO-Guardは動作を安定させてくれるものみたいです。

チェックを外す必要、理由は軽く調べたところではなさそうです。

 

これで解決しましたが、私も以前はこのASIO-Guardにチェックが入っていたように思います。

何かの拍子、オーディオインターフェイスのドライバ更新などによりチェックが抜けた?のかもしれません。

スポンサーリンク

感想、おわりに

というわけで嫌な時間を過ごしましたが無事解決しました。

結局は落ちたり、起動しなくなったりという事態は、処理の問題だったみたいです。

 

ですがASIO-Guardを使わないとなると、CPUはi9、メモリは32GB以上とかが必要になるのかとも思ってしまいました。

まあでもASIO-Guardにチェックを入れて無事正常に動作しているので良かったです。

 

 

この状況を解決に導いてくれたブロガーさんにマジ感謝m(__)m

もし私と同じ状況の人、最近Cubaseの調子が悪いという人がいたら是非ASIO-Guardにチェックが入っているかを確認してみてください。

 

さて、週末もCubaseをいじり倒そうと思います。

 

 

【追記】再度エラーが発生しましたが今度こそ解決しました。

Cubaseが初期化中から起動しない。エラー、バグ、フリーズとの戦いに終止符を打つことができた

2018.06.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)