ギターオーダー、デザインのシミュレーションサイト紹介

スポンサーリンク
ギターオーダー、デザインのシミュレーションサイト紹介

ギターオーダー、デザインのシミュレーションサイト紹介

どうも、松平です。

最近ギターの話題ばかりですが、実は人生初めてのギター製作に挑戦中です。

 

そこでボディの色やピックガードの色をどうしようかと悩んでいたのですが、デザインをパッとシミュレーションできるサイトやアプリはないものかと検索してみました。

すると2つのサイトにたどり着きましたので、同じくデザインで悩んでいる人向けにシミュレーションサイトを紹介したいと思います。

FUJIGENのWeb Order System

まずは国内のギターメーカー、FUJIGENの Web Order System という注文ページでギターのシミュレーションができます。

【外部リンク】Web Order System

 

このサイトではストラト、レスポール、Ibanez系のギター、そしてベースまで、デザインのシミュレーションが可能です。

使い方はいたって簡単で、ボディの木材や色、その他諸々のパーツやデザインを選択することで自分好みのギターをシミュレーションできます。

 

fujigen

 

料金も表示されるので、そのままオーダーギターを注文することも可能です。

ある程度パターン化されているものの、10万~15万円くらいでオーダーできることに驚きです。

スポンサーリンク

テレキャスやもっと細かいシミュレーションにはKisekae VIM!

ただ今回、私が制作しているギターはテレキャスタータイプであるため、テレキャスのデザインをシミュレーションできるサイトがないものかと探しました。

そして見つけたKisekae VIMというサイトアプリ。

 

【TCT】Kisekae VIM

 

上記サイトでテレキャス等、ギターの種類の写真を選んでクリックすることで、そのギターのシミュレーションページに飛びます。

そこで思う存分、より細かい設定でデザインのシミュレーションをすることができます。

 

ギターオーダー、デザインのシミュレーションサイト紹介

 

最初少しわかりにくいかもしれませんが、左側にある【Switch Part】という文字をクリックすると、ボディだけでなく他の材料やパーツも多数設定が可能です。

カラーも固定ではなくほぼ全色があり、組み合わせもたくさんあります。

 

自分だけのギターを作ろうとしている人や、デザインで悩んでいる人にももってこいのサイトです。

スポンサーリンク

感想、おわりに

というわけで私は現在  ↑ あんな感じのテレキャスを制作中です。

シミュレーションで微妙だったと感じたこともあったので、パーツ集めも再度振り出しです。

 

便利なアプリやサイトは本当に助かりますね。

ギターの値段と音質の関係性。高いギターと安いギターの違い

2018.07.20