ギター指板の汚れを取る方法。歯ブラシとレモンオイルで手垢は完璧に落ちる!

スポンサーリンク
ギター指板の汚れを取る方法。歯ブラシとレモンオイルで手垢は完璧に落ちる!

ギター指板の汚れを取る方法。歯ブラシとレモンオイルで手垢は完璧に落ちる!

どうも、松平です。

 

今日は、ギター指板の汚れを取る方法 を紹介します。

ギターを弾いているとどうしても指板に汚れがたまります。

 

私は普段ギターを弾いた後は、傷がつかないようにマイクロファイバーのクロスを使ってボディやネック、指板も含め全体を拭きます。

ですがいつも拭いていても、いつの間にか指板に汚れ(手垢)がたまります。

 

一度こびりついてしまうと、クロスで思い切りこすっても全然落ちないんですよね。

どうしたものかと悩みネットで調べてみたところ、歯ブラシレモンオイルで解決とのことなので、先ほど早速試してみました。

 

歯ブラシにレモンオイルをつけて磨くだけ!

やり方は簡単。

とあるWEBサイト曰く、指板にレモンオイルを垂らして歯ブラシで磨けばいいだけとのこと!

 

ですが一部の人は、

直接レモンオイルを指板に垂らすなんてけしからん!

とお怒りの様子。

 

というわけで、歯ブラシにレモンオイルをつけ、汚れた指板を磨いていきました。

 

その結果、みるみる汚れが落ちていきました。

本当あっという間にこびりついて気持ち悪かったたくさんの手垢が落ちてピッカピカになりました。

 

綺麗なネック

 

 

尚、今回使用したレモンオイルと歯ブラシです。

 

レモンオイル&歯ブラシ

 

歯ブラシは開始直後に真っ黒になりました。

ですがたまりにたまった大量の汚れを落とすことができました。

 

スポンサーリンク

直接指板にレモンオイルはなぜNG?歯ブラシも傷がつく?

ちなみに、直接指板にレモンオイルをかける、というのは数々のネット証言曰く、木材が傷みやすくなるため、できるだけ歯ブラシにつけて間接的に使用した方が良さそうです。

 

また、歯ブラシも木材が傷つく可能性があるみたいなので、注意は必要とのことです。

ですがプロのリペアマンも歯ブラシを使って指板の掃除をしているみたいなので、やはり王道のクリーニング方法であるようです。

 

面倒だからと大雑把にやらずに、傷がつかないよう優しくブラシで磨くと良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ、おわりに

というわけで指板の汚れは、レモンオイルと歯ブラシで完璧に落ちます。

歯磨き粉代わりにレモンオイルを歯ブラシにつけて磨くだけです。

 

くれぐれも傷がつかないように丁重に、です。

歯ブラシではなくスポンジを使うのも傷がつきにくくて良いみたいです。

 

手垢や汚れでお悩みの方は是非お試しあれ。

 

ギターの値段と音質の関係性。高いギターと安いギターの違い

2018.07.20

 

 

P.S.汚れがないギターを弾くといつも以上に非常に気持ちが良いです。

こびりついた汚れを歯ブラシで落とすのも非常に気持ちが良いのですが、今後は手垢がこびりつかないよう、使用後は入念にクロスとレモンオイルで磨くようにしていこうと思います。