「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」のコード進行・転調・理論分析

スポンサーリンク
「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」のコード進行・転調・理論分析

「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」のコード進行・転調・理論分析

どうも、松平です。

最近DTMにハマっていて、今日はDTM・音楽ブログです。

 

DTM、打ち込み音楽、今流行りの音楽といったら私の中ではヒャダインです。

ヒャダインの曲は転調とかコード進行とかパッと聴いても正直意味がわかりませんけど聴いていて気持ちが良いです。

 

ということで今日は「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」のコード進行・転調・理論を、Aメロ~サビまでを分析したいと思います。

【Youtube】https://www.youtube.com/watch?v=osWXbe7MbGE

Aメロのコード進行

最初はAメロから分析します。

 

【Aメロのコード進行】

F Em7-5 A7 Dm

D♭aug Cm F

Am Gm7 Csus4 C

 

【Aメロのキー】

AメロのキーはFです。

 

【ダイアトニックコード】

F Gm Am B♭ C Dm Em-5

 

 

ダイアトニックコード以外でもA7(Ⅲ7)が使われています。

Dmのセカンダリードミナントにもなりますね。

augとsus4はつなぎのアクセントとして使われています。

 

遊び心満載のコード進行です。

スポンサーリンク

Bメロのコード進行

続いてBメロ。

 

【Bメロのコード進行】

Am Dm Gm7 C ×3

B♭m Cm F

 

【Bメロのキー】

BメロのキーもFで変わりません。

 

 

最後はサブドミナントのB♭(Ⅳ)、ドミナントのC(Ⅴ)をマイナーにすることでしんみりする雰囲気になっています。

スポンサーリンク

Cメロのコード進行

続いてCメロ。

 

【Cメロのコード進行】

F B♭ C ×4

Am A♭ Gm Csus4 C

B♭ Am Gm C F

 

【Cメロのキー】

CメロのキーもFで変わりません。

 

 

パッと聴くと転調しているようにも聴こえますが、テンポが落ちているだけです。

ちなみに、

Am A♭ Gm Csus4 C
(そんなこと初めてだよ)

↑でA♭(Ⅲ♭)になっていますが、私だったらDmでありきたりな展開にしてしまいそうなところです。

 

下降していくヒャダインのイメージがあったのでしょう。

こういうちょっとしたところで曲のイメージって大きく変わりそうです。

音楽センスというやつでしょうか。

スポンサーリンク

サビのコード進行

最後にサビです。

 

【サビのコード進行】

E♭M7 F/E♭ Dm7 Gm

Am7-5 D7 Gm

×2

E♭M7 F/E♭ Dm7 Gm

Am7-5 D7 Gm G

Cm7 Dm7 Gm

Cm7 F B♭

 

【サビのキー】

サビで完全4度上げ、下属調への転調でキーがB♭に変わります。

 

【ダイアトニックコード】

B♭ Cm Dm E♭ F Gm Am-5

 

 

サビのコード進行は最初4-5-3-6、POPの王道から入ります。

サビ前(Cメロ最後)はドミナントのFを挟み転調しています。

スポンサーリンク

おわりに

そしてメロディはちょくちょく半音上がったりでイカしたかっこいいメロディになります。

サビはドミナントを使用して下属調への転調、そしてキャッチーで正に現代音楽のお手本のような曲です。(といってももう7年前になるのか)

どれだけ経験を積めばヒャダインみたいにキャッチーな曲を簡単に量産できるんでしょうね・・。

 

また、曲分析をしてみるとコードの使い方を知ることができて面白いけど、色々な曲を作って経験を積んだり、土台がなければ分析するほどの意味はないと感じました。

理論ばかり勉強して何も作曲できなかったり、理論ばかり知ったかして楽器弾けないやつが一番ダサいしな・・。

 

ということで毎日1曲作る生活を始めてみます。

誤りあったらコメントください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)