Nano Hysteriaのコード進行。オルタナティヴロック

スポンサーリンク
Nano Hysteriaのコード進行。オルタナティヴロック

Nano Hysteriaのコード進行。オルタナティヴロック

どうも、松平です。

最近DTM、そしてオルタナティヴ・ロックとやらにハマっています。

 

定義は知りませんが、ONE OK ROCKとかMY FIRST STORYなどの音楽をそう呼ぶみたいです。

そういった曲をYoutubeで聴いていたらかっこいい曲を見つけました。

 

 

NANOというミュージシャンのHysteriaという曲で、何だか炎のような3Dのテクスチャの絵がかっこいいです。

曲もかっこいいです。

 

こういう曲を作りたい!

と思ってどんなコード進行なのか確かめようとしましたが、コードが掲載されていなかったので耳コピをしてみました。

 

コード進行を確かめたい方へ共有したいと思います。

スポンサーリンク

コード進行

 

【前奏】

A♭ B♭ B♭7
A♭ B♭ E♭/B♭ E♭

A♭ B♭ B♭7 Cm Dm E♭
A♭ B♭ B♭7 E♭

 

【Aメロ】

A♭ B♭ Cm E♭ ×4

 

【サビ】

A♭ B♭ Cm Gm
A♭ B♭ Cm E♭
A♭ B♭ Cm Gm
A♭ B♭
E♭

 

※ざっくり耳コピなので正確に合っている保証はありません。

スポンサーリンク

おわりに

♭のせいでちょっとわかりにくいかもしれませんが、いたってシンプルなコード進行です。

サビをキーCで置き換えると、

 

F G Am Em
F G Am C
F G Am Em
F G
C

 

4-5-6-3の王道コードです。

今私がハマっているオルタナティブロックとやら、そしてNANOの曲のほとんどがこのようにコード進行自体はいたってシンプルです。

 

ただメロディの音程が複雑であったり、歌い方やちょっとしたアクセント、Bメロでのハッとするような展開や転調でイカした音楽になっています。

ある程度道を極めたボーカル、そして音楽も聴きまくっていなければ生まれないようなメロディも多いように感じます。(主観)

 

 

 

逆にアイドルソングやアニソンなどの単純なメロディーになりがちな曲は、複雑なコード進行や編曲で、斬新かつ聴きやすくも面白く仕上げている曲が多いです。

こっちはこっちで、第一線で活躍している作曲家や編曲家たちの発想は考えられません。

 

「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」のコード進行・転調・理論分析

2018.04.28

 

アイドルやアニメの世界観に沿って、メロディや音色を駆使してキャッチーな1曲を作るわけですからね。

メロディの他、ギターやベース、ドラムやピアノも一人で全て把握しているのでしょうな・・。

ばけもんやで・・・・・・。

 

 

 

結論:音楽は奥が深い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)