ストラト、テレキャス、レスポールの音質の違い

スポンサーリンク
ストラト、テレキャス、レスポールの音質の違い

ストラト、テレキャス、レスポールの音質の違い

エレキギターのお話。

エレキギターは、ストラトキャスター、テレキャスター、レスポールと、どのタイプのギターを使うかで出力される音のニュアンスが変わります。

 

  • この3つのタイプのギターは基本的にどのような音が鳴るのか?
  • どのような音がどのような音楽に合っているのか?

 

みたいなことを専門的なギターの作りは置いておいて、簡単に自分流にメモ代わりにまとめたいと思います。

ギターの値段と音質の関係性。高いギターと安いギターの違い

2018.07.20

参考動画

YouTubeの参考動画と共に考察していきます。

 

【弾き比べ】Fenderストラト VS. Gibsonレスポール by maho様

 

 

・【聴き比べ】テレキャスターとレスポール by guitar tommy様

 

 

・ストラトキャスターとテレキャスターを比べてみた byギター博士様

スポンサーリンク

考察・メモ

上記動画に加え、自分の経験を交えて考察したいと思います。

 

 

【ストラトキャスター】

  • レスポールよりも高音が強い
  • クセが少なくどのジャンルの音も出せる
  • その中でもシャキッとした爽快なロックサウンドに非常にマッチ

 

【テレキャスター】

  • ストラトよりもさらに高音が強い
  • ストラトよりさらなる軽快なサウンドに向いている
  • 乾いた音を演出したいときに
  • ジャキジャキのカッティングをしたいときに

 

【レスポール】

  • 低音、中音域が強い
  • クリーン音はセクシーなおしゃれな音が出る
  • 激しい歪みでもノイズが乗りにくく、重厚な音が出るのでヘビーな音にもってこい
  • 粘り気のある歪み、芯の通ったレーザーのような音を出したいときに
  • THEロックサウンド

 

スポンサーリンク

まとめ、感想

まとめると、

 

  • スカッとしたいときはストラト
  • ジャキジャキカッティングをしたいときはテレキャス
  • セクシートーン、重い歪みはレスポール

 

といったところでしょうか。

ですがピックアップを変えたり音色を変えたりすることでまたまたニュアンスが変わってきます。

 

他にもソロなどでスカッとする音を出したいときにストラトやテレキャスの音も良いのだけど、そういうときにレスポールの芯が通った音にすると爽快感が増したりもします。

反対にセッティングによってストラトの方がセクシーな音が出たりもします。

 

 

さわやかな曲、最近のJ-POPなどではストラト、テレキャスサウンドが多いような気がしますが、レスポール愛用のギタリストも腐るほどいますし「結局は好み」という元も子もない結論に辿り着きます。

音質の違いによる使い分けは何度も弾いて録音して聞いたり、ライブやスタジオで感覚を得たり、周りの反応を見るなどの経験を積んでいくしかないでしょう。

 

僕はレスポールの音が大好きなのですが、重くて立って弾くにくいので外ではストラト、テレキャスを使っています。

もしも初めてのギター購入を考えてこのブログ記事に辿り着いた方がいましたら、最初は特に気にせずに欲しいギター、弾きやすいと思うギターを買いましょう。

 

終わり。