フリーのギター音源「Standard Guitar」がヤバすぎるw

スポンサーリンク
フリーのギター音源「Standard Guitar」がヤバすぎるw

フリーのギター音源「Standard Guitar」がヤバすぎるw

どうも、松平です。

最近DTMをやっている中で、ギター音源が欲しくなりました。

 

知人のELECTRI6ITYを触ってみたり、JUNK GUITARっていうフリー音源を触ってみたり。

いまいちしっくりこなかったのですが、フリーの音源で「Standard Guitar」というギター音源を発見しました。

 

 

どんなものかというと、

 

 

 

こういったギターの音を鳴らしてくれるフリーのプラグインです。(アンプシミュレータは各々必要)

紫式部さんという方が制作し、無償で公開しているようです。(神)

 

正式にはプラグインというよりも「sforzando」というプラグイン専用のサウンドフォントになります。

 

  • sforzando ⇒ サンプラー
  • Standard Guitar ⇒ 音源

 

みたいなもんです。(多分)

どちらも無料でダウンロード、使用が可能です。

 

【外部リンク】sforzando – Plogue

【外部リンク】Unreal instruments Standard Guitar

 

スポンサーリンク

音もすごい良くて使いやすい!

尚今回私は最新バージョンである、Standard Guitar 2 をダウンロードしました。

そしていざ使ってみたところ・・・。

 

BIAS FXが安くて音質が半端ない!POD HD、AmpliTube4、Guitar Rig5の比較感想、アンプシミュの進化。

2018.10.02

 

 

・・・・はい・・・・・・・・・感動しました。

歪はもう少し音とMIDIを調整して、コンプで潰してEQでちょちょいってやれば、曲中でもバッキングに十分使えると思います。

クリーンも動画では音色をミスりましたが余裕で使えます。

 

 

打ち込みギターに手をつけたことのない私にとっては、

「ELECTRI6ITYと何が違うんだろう?」

とまで感じてしまいましたね・・・。(ELECTRI6ITYは高いギター音源ね)

 

 

ちなみにELECTRI6ITYを少し使ってみた際、より複雑な音を出せるのだとは思うのですが重いのと機能がありすぎて使いこなせない雰囲気がありました。

Standard Guitarの場合、めちゃくちゃ軽くてアーティキュレーションもシンプルで直感的で非常にわかりやすかったです。

 

アンプシミュレータが別というのも自分好みの音にいじれるので最高っすね。

正にドライ音を録音せずに入力できるってやつです。

スポンサーリンク

おわりに

こんなにすごいギター音源をフリーで公開している、というのが本当にすごいことだと思います。(神)

 

音源とかプラグインって高いの買ったり増やすよりも、使いこなす方が絶対に重要だと感じている今日この頃。

とりあえず今のところ打ち込みギターの音源はStandard Guitarで充分過ぎると感じているので使い倒したいと思います。

 

良い音で使いやすいし軽いし無料だしで持っておいて損はないです。

全DTMerにおすすめです。