Synth1 インストール~外部プリセットの追加方法

スポンサーリンク
Synth1 インストール~外部プリセットの追加方法

Synth1 インストール~外部プリセットの追加方法

どうも、松平です。

Synth1をダウンロードするも、インストールと外部プリセットの追加に少々手間取ったのでメモです。(Windows版)

 

ダウンロード、インストール方法

まず、Synth1は以下のサイトからダウンロードできる無料のシンセサイザーです。

【外部リンク】Synth1

 

【ダウンロード Download】の項目からダウンロードができます。

 

ダウンロード後解凍し、Synth1フォルダを、使用DAWのVSTファイルを格納しているフォルダへ移します。

フォルダを移動した後、Synth1フォルダ内にある【initsettings.exe】を開くと、あっという間にインストールが完了します。

 

その1

 

DAWを起動し、他のプラグインやソフト音源を立ち上げるのと同じ要領で使用が可能になります。

スポンサーリンク

外部プリセットの追加方法

続いて、外部プリセットの追加方法を紹介します。

 

 

 

↑からダウンロードした外部プリセットを例に説明します。

 

 

上記でダウンロードしたファイルを解凍すると、たくさんのzipファイルが出現します。

これらを、Synth1のフォルダにある、【zipbank】というフォルダに移動すると、外部プリセットの追加が完了します。

 

その2

 

 

Synth1を起動し、音色選択画面の左側にある External(.zip) を展開すると、追加したファイルが出現し、プリセットの選択ができるようになります。

 

その3

 

 

やり方さえわかればとても簡単です。

 

ちなみに↑のファイルは25,000個のサウンドプリセットがあるので、入れるのはいいですが何が何やらわからなくなります。

プリセットをダウンロードして探すよりも、Synth1の最初のプリセットから、求めている音に似た音色を見つけて修正し作った方が早い気もします。

スポンサーリンク

おわりに

こんな感じです。

 

無料でソフトシンセが使えて、プリセットも何万個と多数あるのは素晴らしいと思いました。

感謝の気持ちを忘れず使っていきたいと思います。

 

終わり