VOCALOID V4Xがインストール・使用できない際のメモ

スポンサーリンク
VOCALOID V4Xがインストール・使用できない際のメモ

VOCALOID V4Xがインストール・使用できない際のメモ

どうも、松平です。

 

大分時代に乗り遅れている自覚はありますが、先日のAmazonのセールでずっと欲しかったVOCALOID V4Xを購入しました。

元々V3は持っているのですが、そのせいでいくつかインストールに手間取りましたのでメモとして残します。

 

APIキーがインストールされていません

まずV4Xのライブラリをインストールするために、説明書通りMutantとPiapro Studioをインストールしようとしたのですが、V3でインストールしているせいでしょうか。

「既にインストール済です」

と表示され、インストール(アップグレード?)ができませんでした。

 

それならば、ボカロの歌声本体をインストールすればバージョンがアップグレードされて使えるのかな?と思い歌声の方をインストール。

 

ですが普段通りPiapro Studioを立ち上げてみると、

「Piapro StudioのAPIキーがインストールされていません」

と表示され、既存のボーカロイドV3すら使えない、Piapro Studioが起動しない事態となりました。

 

 

というわけで説明書の記載通り、MutantとPiapro Studioをインストールするため、既にインストールされているこれらのソフトをアンインストール。

その後再度Piapro Studioを立ち上げたところ、無事V3の歌声と共にV4Xの歌声ライブラリも正常に読み込まれました。

 

おそらく、Piapro StudioあたりにV4XのAPIキーとやらが付随していて、V4X版でなくてはV4Xの歌声が読み込めないのかな?って感じです。

 

【結論】

MutantとPiapro Studioがインストールできず、起動がうまくいかない場合はMutantとPiapro Studioを一度アンインストールし、再度V4Xバージョンのものをインストールする。

 

スポンサーリンク

Studio One ARTISTのインストールメディアがない

続いて、ループ素材欲しさのために同梱しているStudio One ARTISTをインストールしようと試みました。

ですがインストールメディアが同梱されていませんでした。

 

V3の場合はディスクが同梱されていて、それによりインストールができました。

同梱されていない不良品かと思いましたが、こちらも説明書をちゃんと読んで解決。

 

PreSonus公式サイトで製品をアカウントに登録し、インストールファイルをダウンロードしてインストールする仕様になっていました。

【外部リンク】My.PreSonus

 

【結論】

V4XではStudio Oneのインストールメディアは同梱されていない!公式サイトで製品登録をしてからダウンロードする。

 

スポンサーリンク

感想、おわりに

以上ちょっと手間取ったのでメモでした。

Piapro Studioのバージョンアップ、Studio Oneに関してはディスクによるインストールではなくオンラインでのダウンロード、と時代の進化を感じた一件でした。

 

肝心のV4Xのサウンドは思っていた通り、より表現力が増しました。

至るところで説明があるので詳細は省略しますが、これまた今更ながらすごい進化です。

 

 

細かい編集ができるようになった他、グロウルというシャウトが使いたくてしょうがなかったので大満足です。(超楽しい)

さあ曲を作ろう。

 

Waves、Autotune EVO、Windows10でのインストールエラーで詰みかけたのでメモ

2018.06.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)