魔法のプラグイン!WavesのScheps73を買った感想、レビュー

スポンサーリンク
魔法のプラグイン!WavesのScheps73を買った感想、レビュー

魔法のプラグイン!WavesのScheps73を買った感想、レビュー

どうも、松平です。

 

セールで29$と安かったため、今さらではありますがDTM用プラグイン、WavesのScheps 73というEQを購入しました。

このEQは他のEQに比べて「音に艶が出る」「すごい良い音になる」といったレビューが大量にあるので、ここ最近気になってしょうがありませんでした。

 

やっと購入しましたので、使ってみてのレビューや感想を、浅くではありますがわかりやすく書きたいと思います。

 

音がガッと、ツヤッと、ブリッとします

このEQ、いざ使ってみたところ、キックとベースは一気に図太くなりました。

プリセットを選択して少々いじってみただけですが、EQで無駄な音域をカットしながらも音は太くなりました。

 

どういう理屈かと思いましたが、どうやら倍音を付加してくれるようです。

Scheps73は単体のEQというよりも、プリアンプ&EQというものみたいです。

 

つい先日に低音の倍音を付加するというRenaissance Bassも買ったのですが、Scheps 73を買うならいらなかったかな、とも一瞬思ったりもしました。

 

 

そしてスネアの音は抜けて艶が増しました。

ギターはオーディオインターフェースを使用して録音しているのですが、暖かいアナログ感が出てブリッとめちゃくちゃ良い音になりました。

 

ピアノやシンセにかけても実に気持ちの良い音になりました。

ボーカル(ボーカロイド)にかけたところ明らかにガッと抜けが変わり、いかにもプロのようなよく耳にする良い音になりました。

 

何にかけても良い、まるで魔法のプラグインです。

スポンサーリンク

Scheps 73の正体、NEVE 1073をベースに開発

なぜこんなに良い音がするようになるのか?このプラグインScheps 73は一体何なのか?

と気になったので調べてみました。

 

その結果、NEVE 1073という世界的に超有名なプリアンプをベースに開発されたものだということがわかりました。

 

 

NEVE 1073とは

そもそもNEVE 1073とはどのようなマイクプリなのでしょうか。1960年代から1970年代のかけてレコーディングスタジオや放送局用にコンソールを製造していたNEVEですが、1073は1970年にウェッセックス・スタジオからのオーダーに合わせて設計されたコンソールに搭載されたH/A EQモジュールと言われています。コンソールに搭載されていたモジュールを個別に使用するようになり、現在レコーディングスタジオで見ることのできるような電源供給用のラックにマウントされ、持ち運びが可能な姿になっていきました。

そのなめらかなかつ存在感のあるサウンドは今なおレコーディングの定番として君臨しています。シルクのようななめらかな音質と形容させるその音色は多くの人を魅了しています。しかしながら、50年近く経った今ではオリジナルの状態で残っているものは皆無ではないでしょうか。修理等でどこかしら手が加わっているでしょうし、経年劣化もしているはずです。S/Nの悪い個体も多いようです。コンディションの良いオリジナルのもの手に入れようとした場合、100万円以上の費用はかかってしまい、導入は現実的ではありません。個体差もあるでしょうし、メンテナンスに関してもパーツの有無等含め、不安要素は多いのが現状です。

【引用】渋谷店にNEVE1073系マイクプリが大集合!自分にぴったりのアウトボードと出会おう!

 

 

良い感じの音にしてくれる、名機と呼ばれる1073のプリアンプを基に開発されたのがScheps 73というわけです。

ただのEQではなかったのでした。(歴史を知りました)

 

 

尚、現在NEVE 1073の実機をネットで探してみると、普通に数十万円はするので驚きです。

 

下記のスタジオでも使われているようですが、レコーディングスタジオでは今でもNEVE 1073の実機を使っているところは多そうです。

【Platinum Garage】スタジオ設備 音楽機材のご紹介

スポンサーリンク

おわりに

適当な音色でも、Scheps 73にかけるだけで何だか音が良くなるので、音作りの面でサボることがあり得ると思いました。

今まで作ってきた曲の各パートに、片っ端からScheps 73を突っ込んだだけでも一気に垢抜けたサウンドになったように感じます。

 

これは良いですね・・・。

びっくりするくらい良すぎたので、他のDTMerさんたちは使わない方がいいです。←

 

DTMによる録音。ノイズ除去にはWavesのZ-Noiseが楽ちん!声、効果音

2018.05.13