Youtubeの音楽動画をブログに埋め込むのは著作権違反!

スポンサーリンク
Youtubeの音楽動画をブログに埋め込むのは著作権違反!

Youtubeの音楽動画をブログに埋め込むのは著作権違反!

どうも、松平です。

ここ最近著作権について改めて勉強中です。

 

その中でよくブログなんかで、Youtubeの音楽動画をまとめて掲載しているブログ(私のサイトも含む)がありますが、

これって著作権的にいいの?

と疑問に思ったので調べてまとめてみました。

 

Twitter埋め込み画像も著作権的にアウト?壁ドンのイラストを無断転載事件

2018.07.31

広告収入が発生する営利目的のサイトでの埋め込みはNG!

まず結論としては、原稿料を受け取ったり、広告収入が発生するような営利目的のサイトでは、Youtubeの音楽動画の埋め込み掲載は完全にNGだそうです。

そのページに広告があるなしに関わらず、サイト全体で収入が発生する場合はダメとのこと。

 

まず大原則としてDVD等を勝手にコピーしてアップロードしている動画はそもそも著作権違反です。簡単に言えば埋め込みが認められるものはアーティスト公式チャンネルの動画のみとなります。

 

【ルール】

・アフィリエイト、アドセンス等で広告収入のあるブログには埋め込み不可。埋め込みを希望する場合は著作権料が発生する。歌詞の掲載もNGとなります。よって、アドセンス広告を貼った動画まとめサイト等は著作権法違反という事になります。

※動画を埋め込んだページのみアドセンスを外せば良いというわけではなく、サイト全体での話になるそうです。つまり、ページ単位ではなくサイト全体を通して広告収入がある場合は掲載不可。

・掲載したい場合はブログ内で再生できる埋め込み形式ではなく、リンクを張れば場合はOK。

 

【引用】ブログにYoutubeの音楽を埋め込んでもよいか JASRACへ電話取材してみた

 

 

上記記事を書いた人は、実際にJASRACに電話で聞いて確認したようです。

 

  • 収入があるサイトの場合は埋め込みはダメ。
  • 収入がないサイトの場合は公式チャンネルの埋め込みはOK。

 

ということみたいです。

スポンサーリンク

公式チャンネルのみ外部リンクの掲載はOK!

収入があるサイトやブログの場合、Youtubeの音楽動画の埋め込みはダメです。

ただし、公式チャンネルの外部リンクを掲載するのはOKとのことです。

 

【コメントから引用】

 

  • >広告収入が発生するサイトや企業のブログは動画埋め込みは一切禁止。どうしてもやりたい場合はリンクを張る以外に方法なし。
    ってありますが、これもすべての動画にリンクを貼っていいわけじゃなくて、アーティスト公式チャンネルの動画のみをさしてリンク貼りならOKって意味合いで言っていましたか?
  • 仰る通り、公式チャンネルの動画のみOKというニュアンスでした。

 

【外部リンク】ブログにYoutubeの音楽を埋め込んでもよいか JASRACへ電話取材してみた

 

 

うーん、なんとわかりやすいサイトなんでしょう。

こういうわかりやすくてためになる記事やコメントを書けるようになりたいものです。

 

 

【まとめ】

広告収入が発生するサイトの場合、埋め込みはダメだけど公式チャンネル動画の外部リンクの掲載はOK

 

スポンサーリンク

感想、おわりに

というわけでYoutubeの音楽動画のまとめが、NAVERまとめや色々なサイトで多数存在していますが、おそらくほとんど収益が発生するものなので著作権的にダメだと思われます。

私自身Youtubeにアップロードされているものを引用するだけだから埋め込みは良いでしょう?と思って普通にやっていました。

 

Youtubeにある音楽動画の掲載で、小規模のサイトを取り締まったり訴えられることはないとは思いますが、私は音楽へのリスペクトを込めて今後気を付けていきたいと思います。

 

と思いながら書いたのが昨日の記事です。↓

Tom-H@ckという最強かつ最先端の作曲家。MYTH & ROID

2018.08.06

本来ならめちゃくちゃ音楽動画を埋め込みたいところでしたが、公式チャンネルの外部リンクのみを掲載しました。

 

ただ埋め込みはダメだけど外部リンクはOKという1クリックの壁、著作権のシステムがいまいち納得できないところはありますが、これがルールのようです。