踊ってばかりの国&下津光史がイケメンでかっこいい!年齢等をまとめてみた。

スポンサーリンク
踊ってばかりの国&下津光史がイケメンでかっこいい!年齢等をまとめてみた。

踊ってばかりの国&下津光史がイケメンでかっこいい!年齢等をまとめてみた。

最近、「踊ってばかりの国」というロックバンドにハマっている松平です。

知らない人が多いと思うんですけど、この「踊ってばかりの国」というグループは、めちゃくちゃ渋くてかっこいいロックバンドなんですよね。

平成生まれのロックバンドです。


「踊ってばかりの国」というロックバンドはこのようなしんみりする曲を歌う、味のあるロックバンドです。

今はメンバーがほぼ入れ替わってしまったようですが、元々のメンバーはみんな平成元年生まれのようですね。(2017年現在は28歳の年代)

 

上記の曲は2012年にレコーディング&発売したそうですから、23歳のときにはこのような技術と音楽センスを持ち備えていたということですね・・。

すごすぎる・・・!ギターめっちゃうまいし。(このギターの人は去年脱退したみたいだけど・・)

スポンサーリンク

現代版ビートルズみたい!第一に下津光史がかっこいい!

20代前半で既に素晴らしい音楽を世に送り出している踊ってばかりの国。

なんとなくでしかありませんが、私には踊ってばかりの国が現代版ビートルズ(日本版)のように感じます。

 

浅はかな感想ですが、曲がすごく聴きやすい!

演奏力、演奏技術も高くて半端ねえ!!!←

 

・・というか第一に下津光史というボーカルが、めちゃくちゃかっこいい!!!(2017年現在28歳)

shimotsu-kouji

こんなイケメンで歌がうまければ惚れない女性っていないんじゃないのか・・・。

どうしてもお笑いと結び付けてしまう。

また、少し話は反れるかもしれませんが、数年前に放送していた、深夜のお笑い番組「ざっくりハイボール」、「さっくりハイタッチ」。

これをYoutubeにアップする人がいたのですが、動画の最後に、この踊ってばかりの国の「話はない」をつけ加えていつもアップする人がいました。(著作権的に×)


結果私は、そのお笑い番組の動画をYoutubeで見ることで、彼らの存在を知ることになりました。

 

 

そして最近なんとなく、あの曲聴きたいなーとYoutubeを漁り、「踊ってばかりの国」にどっぷりハマってしまったというわけです。

※追記:アップした人がこの曲を付け加えたわけではなく、ざっくりハイボールのエンディング曲として使われていたようです。)

 

 

あと下津光史はダウンタウンと同じ兵庫県尼崎市出身のようです。

これらのことがあり、私はどうしても踊ってばかりの国、下津光史はお笑いと結び付けて連想してしまいます。

 

火花の映画とか、お笑いに関する映画やドラマで踊ってばかりの国の曲を使ってくれればいいのになあ・・・。

小汚い居酒屋などでこの曲が流れていたら、雰囲気がめちゃくちゃマッチしそうっていつも勝手に思っています。

 

古臭いエンターテイメント、映画やドラマにこの曲が使われるなら私はまた邦画でも何でも見に行くぜ・・。

映画「火花」を見たが超絶つまらなかった。菅田将暉の無駄遣い。

2017.11.24
スポンサーリンク

何気なく耳にした人がハマっていくバンドかもしれません。

 

別に話はないけれど 戦争が終わったことを知らせてほしい♪(←本当にめっちゃいい!!!)

 

 

・・今記事を書いていて思ったのですが、もしかしたら踊ってばかりの国は、がっつり曲を聴くというよりも、ふとしたときに耳にして耳に残ってハマるという人が多いのかもしれません。

Youtubeで踊ってばかりの国の曲を聞いている人達は「最初FMラジオで聴いた」とか、どこかで何気なく聴いたという人が多いような気がします。

 

私もYoutubeにアップされたお笑い番組を観たことがハマるきっかけになりましたし。

なので是非踊ってばかりの国の曲を聴いてみてください!というのもちょっとハマらないかもしれない、とも思います。

 

 

・・・それでもめちゃくちゃいい曲ばかりなので、やっぱり是非聞いてみてください!←

 

 

いやー・・。ボーカルの下津光史がめちゃくちゃかっこいいんですよねえ・・・。

ロックが苦手な方、そんな激しいうるさい曲ではないので、ボーカルがかっこいいというそれだけの理由でも一度は聞いてみる、または一度だけでもYoutubeで見てみる価値はあると思いますよ!!!

 

それでは以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)