やる気&元気が出ない、パッとしないという時は重い体を起こして行動!

スポンサーリンク
やる気&元気が出ない、パッとしないという時は重い体を起こして行動!

やる気&元気が出ない、パッとしないという時は重い体を起こして行動!

どうも、松平です。

ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね。

 

私は会社勤めをしていないため、GWも関係なく一人ずっと家で引きこもっていました。

そんな孤独な毎日を過ごしていると、パッとしない、元気が出ないといった状況に必ず出くわします。

 

会社員の方はGWが終わり、今日から仕事で体がだるい、やる気&元気が出ない、といった方が多いのではないでしょうか。

いわゆる5月病、だるい、やる気が出ない、元気が出ないという状況です。

 

そんな状況の解消法を見つけたので紹介したいと思います。

やる気が出ない場合

まず、何かをやろうと思うもやる気が出なかったり、体が重いという場合。

そんな時はずばり、面倒な気持ちを押し切ってやってしまうしかありません。

 

「だるい」と思えば人間はだるく感じてしまうものです。

「だるい」と思う前に行動してしまえばいいのです。

5秒でやる気が出る方法。メル・ロビンスの5秒の法則

2018.04.26

 

もしも「だるい」などと感じてしまった場合、そういった感情を極力頭から消すことに努めてみましょう。

思考、習慣で人間というものは成り立っています。

 

だるいと思ったとしても、きっとそれはやらなければいけないことなのでしょう。

気持ちを押し切りさっさと行動してしまうこと、負の感情を脳裏から消し去ることを心がけることで、面倒と思ってしまうこと自体を避けられるはずです。

スポンサーリンク

なんだかパッとしない場合

そして続いて、なんだかパッとしない気持ちの場合です。

特にやることもないけど、暇ってわけでもない、でも気持ちがなんだかパッとしない場合ってありますよね。(私だけかも)

 

そんな場合は、一旦パソコンやスマホなどの電子機器から離れましょう。

 

常日頃ネットにつながる電子機器と接していると、集中力が削がれます。

結果、何だかパッとしないような精神状況に陥ります。(体験談)

 

心が浮ついているのです。

一旦インターネットから離れ、散歩でも瞑想でもして心を落ち着けましょう。

スポンサーリンク

元気が出ない場合

そして最後、元気がない場合は、

好きなことや気持ちの良いことをしましょう。

 

  • 筋トレ、散歩、ジョギング、ヨガ、瞑想
  • 家事、掃除
  • 入浴、アロマ
  • 読書、映画鑑賞、音楽鑑賞
  • 友人&恋人や家族と会う、電話で話す
  • 好きなものを食べる、飲む
  • 外出、ショッピング
  • 創作活動ややりたいことをやる
  • 寝る

 

簡単にできるのはお風呂や読書、寝るという気分転換方法でしょうか。

また、上記の全てをやっても元気が出ない、気持ちが変わらない、ということはほぼないでしょう。

 

元気が出ないと嘆いてばかりでは何も変わりません。

重い腰をあげ、自分が元気が出ることを探求して行動するしかありません。

スポンサーリンク

おわりに

というわけで、やる気が出ない、元気が出ないと嘆いたとしても、やること自体は変わらず、行動をしなければその気持ちも変わらないのです。

 

負の感情を抱く前にやってしまう!

という5秒の法則にはとても助けられていますので、やる気が出なかったり、行動ができないでいる人には非常におすすめです。

5秒でやる気が出る方法。メル・ロビンスの5秒の法則

2018.04.26

 

 

面倒と思う前にさっさと行動。

気分がパッとしない場合はパソコンやスマホから離れて瞑想。

元気が出ない場合は好きなことをして気分転換。

 

さすればやる気も元気も出るのではないでしょうか。

 

 

 

以上最近私が心がけていることでした。