未完成なものほどウケる今の世の中。「ツァイガルニク効果」とは。

スポンサーリンク
未完成なものほどウケる今の世の中。「ツァイガルニク効果」とは。

未完成なものほどウケる今の世の中。「ツァイガルニク効果」とは。

どうも、松平です。

 

今の世の中、そして人というのは、

「未完成なものほどウケる」

「未完成なものほど魅力を感じて惹かれやすい」

のです。

 

そしてこれを、

ツァイガルニク効果(ツァイガルニック効果)

といいます。

 

 

  • 「人は完成されたものより、未完成のものに興味をひかれる」
  • 「人は達成できなかった事柄や中断している事柄のほうを、達成できた事柄よりもよく覚えている」

 

という現象です。

 

 

ドラマなんかでは、続きが気になるように話が切られますよね。

ドラマは未完成であり、見たいものを途中で中断されるため、余計気になって記憶に残るのです。

 

正にツァイガルニク効果です。

 

 

未完成なものほど惹かれる、今日はこのツァイガルニク効果についてまとめます。

スポンサーリンク

ジャンルで例えると地下アイドルやYoutuber

ですが、言ってしまえば上記の説明通りです。

未完成なものほどウケやすく惹かれやすく、中断されて続きが気になるものに強い記憶や印象を持つのです。

 

 

恋愛でいうと、失恋を引きずるのはいわゆるツァイガルニク効果です。

 

  1. ずっとその人といたかったのに振られる
  2. 中断
  3. その恋は未完成
  4. ツァイガルニク効果により記憶に残る
  5. 引きずる

 

 

また恋愛対象となる異性として、かっこいい男性、美しい女性、隙の無い完璧なルックスの人よりも、少しかわいい人、微妙にかっこいい人など、中途半端な人の方が魅力的に映ることはないでしょうか。

ルックス以外でも少し口下手であったり、隙のある人、未完成、半端者の方が印象に残ることも多いです。

 

「自分でもイケそう、自分と釣り合いそう、応援したい、完璧にしてあげたい」という感情も相まっていることでしょう。

 

 

ジャンルで簡単に例えるなら、地下アイドルやYoutuberです。

 

  • 決して綺麗なわけではなく、歌がうまいわけでなくても人気のあるアイドル。(例外はある)
  • 面白いわけでもなく、イケメンでなくても人気のあるYoutuber。(例外はある)

 

未完成だからこそ惹かれ、応援したいという気持ちになるのでしょう。

反対にいくら見た目が良くても売れていない芸能人の方も大勢います。

スポンサーリンク

この効果は創作物にも表れる!

そしてもちろん、ドラマや映画、本や漫画でも同じように考えられます。

続きが気になったり、作中で段々と謎がわかっていく過程が一番面白いです。

 

漫画ワンピースでいうと、Dの一族の謎やワンピースは実在するのか、といった大謎が明らかになっていないのが非常に面白いです。

エヴァンゲリオンや進撃の巨人といった漫画も、最初何も謎がわからなかったときが一番面白かったと言われています。(ごめん僕知らない)

 

このように未完成、続きが気になる、というものが記憶に残りやすいというのがツァイガルニク効果です。

スポンサーリンク

まとめ、おわりに

というわけで恋愛でも完璧に演じる必要はなく、隙のある人を演じたり、楽しい電話やデートはピークで切り上げる、ということをするとより魅力的に映るかもしれません。(急に恋愛観)

 

また、未完成でも創作物は世に出すことで、ひょっとしたらそれを好く人や、応援する人が現れる可能性も充分あり得ます。

完璧なものは世にありふれていますからね。

 

このブログも到底完璧なものではないので、そのツァイガルニク効果を狙っているところもあります。(後付け)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)