オーラ・華がある人の特徴

スポンサーリンク
オーラ・華がある人の特徴

オーラ・華がある人の特徴

どうも、松平です。

 

いきなりですがこの世の中には、いるだけでオーラがある人、華がある人っていますよね。

というわけで、自分なりに考えた「オーラ・華がある人の特徴」を考えてまとめてみました。

 

自分に自信があり、落ち着いた雰囲気がある人

まず僕がオーラがあると感じるのは、落ち着いた雰囲気がある人です。

自分に自信があってどっしり構えている人、というのでしょうか。

 

挙動が落ち着いていなくてナヨナヨしている人と接しても「オーラがある」と感じたことはありません。

自分自身に自信があるからか、目、肝が据わっていて周りに左右されないような落ち着いた人ですね。

 

このような人に色気と共にオーラを感じることが多いです。

スポンサーリンク

容姿、外見が良い人

次に、やはり外見が大きく左右するとも考えます。

残酷なことではあります。

 

簡単に言えば、見た目が良い人ほど多くの人は惹かれやすいです。

容姿、身長、スタイル、そして「かっこいい」「かわいい」の延長線上で「オーラがある」「華がある」と感じることも多いでしょう。

 

ただ他にガタイがいい人も、筋肉に加え鍛えてきたことによる内面からの自信もあってなのか、オーラを感じることが多いです。

 

派手な言動が外見と合っている人

そして僕が「オーラ・華がある」とより一層感じる人は、上記二点に加え、派手な言動と外見とが合っていて魅力が倍増されている人のことを指すようにも感じます。

具体的に説明が難しいので有名人で例えます。

 

例えば、K-1王者だった魔裟斗選手。

派手なパフォーマンスに加え、戦えば強くて見た目もかっこよくて非常に華があると感じた選手です。

 

また、サッカーの本田圭佑選手。

派手な言動で自分を追い込む本田選手。見た目も良くて有言実行をする様は非常に華があり、テレビ越しでもオーラを感じます。

 

そして最後に元プロ野球選手の新庄剛志選手。

派手なパフォーマンスに加え、成績もきちんと残してサプライズを演出する様は、野球選手としての華とオーラを感じずにはいられません。

 

このように見た目も良くて派手なことをする人が結果を残すとカリスマ性を感じ、強く華を感じるように思います。

またこのような人たちが普段の私生活で落ち着いている様子を見ると、先入観もあって「オーラ」のようなものを感じそうです。

 

スポンサーリンク

良い声を発する人、先入観

後は「見た目がかっこいい人だな」と思ってもいざ話してみて、声やしゃべり方が残念だとオーラは消滅します。(失礼)

反対に「ちょっと見た目パッとしない人かな?」などと思っても、話してみて良い声だとオーラが出現することがあります。(失礼)

 

声、そして声だけの話ではないですが実績などの先入観といったものも、オーラや華には大きく影響しますね。

 

まとめ、オーラを発することは可能?

まとめると目次通り、

 

  • 自分に自信があり、落ち着いた雰囲気がある人
  • 容姿、外見が良い人
  • 派手な言動が外見と合っている人
  • 良い声を発する人

 

僕はこのような人たちから華やオーラを感じることが多いです。

見た目が良くて言動が派手、というカリスマ性を含めた華・オーラを生み出すことは後天的に難しいかもしれませんが、地道な努力によって少しでもオーラを発することはできるかもしれません。

スポンサーリンク

実際に生で見た芸能人&アスリートのオーラはすごかった!

ちなみに僕は今まで、

  • 元SMAPの全メンバー
  • 水泳の北島康介選手
  • その他お笑い芸人

上記を生で見たことがあります。

 

SMAPはコンサートで見たのですが、それまで特に好きなわけではなかったのですが、いざ目にすると華とオーラがすごくて一気に気分が高揚していくことを感じました。

また、水泳の北島康介選手は、幾度となく苦難を乗り越えてきたからなのか、非常に落ち着いた雰囲気にムキムキの体、そしておしゃれな服装もあってか普通の人とは違うオーラを強く感じました。

後はルミネにお笑いをよく観に行きますが、売れている芸人らがステージで落ち着いてしゃべくり倒す様は毎度華とオーラ、そしてパワーを感じます。

 

 

人前に立つことが多い人や、苦難を乗り越えてきた人にはやはり人としてのかっこよさがあるように思います。

そしてそれが糧となって自信となり、オーラを発するのではないかと考えます。

 

 

そうやって普通の人には経験できないことを経験するからこそ、一般人とは違った人を惹きつける能力が向上していくのかもしれません。

以上。