コーヒーのカフェインで本当に眠くなくなるのか検証

スポンサーリンク
コーヒーのカフェインで本当に眠くなくなるのか検証

コーヒーのカフェインで本当に眠くなくなるのか検証

どうも、松平です。

僕には最近気になっている情報が2つありました。

 

  • コーヒーのカフェインは眠気を覚ます
  • コーヒーのカフェインが眠気を覚ますというのは嘘

 

という反対的な2つの情報です。

これらは果たしてどちらが正しいのか?

 

気になったので実際にコーヒーを飲んで試してみよう、と思い立ちました。

 

普段の就寝3時間前にコーヒーを2杯飲んでみた

まず僕は最近、21時には寝て朝の4時には起きるという超早寝早起きな生活を送っています。

夜起きようと思っても、21時頃には眠くてどうしようもなくなり就寝します。

 

毎日21時には眠くて必ず就寝する私ですが、昨日普段眠りにつく3時間前。

夕方18時にコーヒーを2杯飲んでみました。

 

 

 

早速結論を言ってしまいますがその結果、いつも21時にベッドに入る私ですが、全く眠りにつくことができませんでした。

 

数時間ベッドの中で目を瞑るも全く眠ることができず寝苦しい感じが続きました。

そして普段起きる時間帯である1時間前、朝の2~3時頃にようやく眠りにつくことができました。

 

 

そんでもって午前6時に目覚めました。

 

 

全く深い眠りにつくことができませんでした。

 

コーヒー摂取以外に普段と変わった生活はしておらず、このような状況になったことはカフェインによるものとしか考えられません。

今は眠いけど眠れないような感じ、まだカフェインが体内に残っている感じがして、頭が熱くて重くて何とも気持ち悪い状況です。

スポンサーリンク

まとめ、おわりに

というわけで結論。

 

コーヒーは眠気を覚まします。

 

はい、という当たり前な結論です。

深い眠りにつくこともできませんでした。

 

「コーヒーが眠気覚ましは嘘」って言ったのは誰ですか?

誰なんでしょう。

 

寝不足で気持ち悪く、午後には寝てしまって昼夜逆転してしまいそうな気分です。

最悪です。

 

 

 

というわけで、眠ってはいけない時にはコーヒーは持ってこいの飲み物です。

ぐっすり眠りたいとき、早く寝なければいけないときにはコーヒーの摂取は避けましょう。

 

(まあでもネットを見ると眠くなる、という人もいるので体質にもよるんでしょうね)

 

以上。

シリコンバレー式最強の食事『完全無欠コーヒー』を飲んでみたらの感想。

2017.10.13