おごりと割り勘。1円単位、100円単位でワリカンする男と不満な女

スポンサーリンク
おごりと割り勘。1円単位、100円単位でワリカンする男と不満な女

おごりと割り勘。1円単位、100円単位でワリカンする男と不満な女

まず「1円単位で割り勘する男がいたんだ~せこいよね~」という女性がいるが、第一に・・。

確実に話を盛っていることだろう。

 

さすがに今の時代1円単位で割り勘などしない。

もしいるとしても100円単位だろう。

 

このような女性は話を盛る、嘘をつく、自分に都合の良いことだけを話す、といった性格面での癖があることだろう。(偏見)

(そして私のような細かい男に対し「こまけえんだよ●ね!」と言ってくるタイプの人間だろう)

スポンサーリンク

仮にそのような男がいるとしたら・・

仮にそのような1円単位、10円単位で割り勘をする男性がいるとしたら、普通にせこすぎる。

そしてせこいと思うからこそ、女性側も他人にそのことを愚痴、不満として言いふらす。

このことから性格面での不一致は否めない。

将来的にも確実に不満がたまることになると思われる故、早めの別れを推奨する。

 

【追記】1円単位で割り勘する男は本当にたまに存在するらしい。
そのためそのようなことを言う女性は一概に嘘つきとは言えないが、男性経験が豊富だと思った方が良いだろう。(またはそのような男性としか付き合うことができなかった地雷)

スポンサーリンク

100円単位での割り勘

また、100円単位での割り勘というのも、私の主観ではせこい男である。

会社や友人らとの集まり、コース料理の予約などによって100円単位で徴収する形なら全然あるはずだ。

 

ただ気になる女性とのデートの場でワリカン、更には100円単位での割り勘は、主観ではあるのだがその男性の器が小さく感じてしまう。

このような男性は、

 

  • 経済的、心理的余裕がない
  • 完全割り勘主義
  • 100円も多く払う女性としての価値を感じていない
  • 女性を見定めている

 

100円単位のワリカンを求める理由は、上記いずれかであることは間違いないだろう。

 

 

経済的、心理的余裕がない

経済的、心理的余裕がない男。

これは昨今の不景気な時代では少なくないはずだ。

収入が少ないため、少し遊べばお金がなくなり金銭的にも心理的にも女性におごったり少しでも多く払う余裕がない。

 

 

完全割り勘主義

完全割り勘主義の男。こういう男はたまにいる。

絶対に割り勘だ!という断固たる平等意志を持っている男だ。

 

そしてこのような男が実際に細かい割り勘をするのだろう。

家計的にはしっかりしたタイプなのかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

100円も多く払う女性としての価値を感じていない

続いては、女性に対して100円も多く払う価値がないと思うタイプだ。

女性を見下しがちな性格か、あるいはあなたにそれほどの価値を感じなかったのだろう。

相手との食事に価値を感じないのならば、気分によっては100円も多く払いたくないと思うこともある。

 

 

女性を見定めている

そして最後が、どういった女性なのか見定めている男性だ。

この女性は男を財布として見ているか、おごられて当たり前と思っている女性なのかを判断する。

100円単位でワリカンにしたときの反応で女性を見定めようとするのだ。

 

スポンサーリンク

 

おごりかワリカンかは気持ち

中には女性を見定める人もいるのだが、基本会計は気持ちが現れるように思う。

 

尚現在の私は、気になる女性との食事では全ての料金を払うが、恋愛感情が全くない友人、と認識している女性にいたっては割り勘で会計をしている。

また、男女どちらが相手でも友人の場合は1000円単位で割り勘にし、端数はこちらが払うようにしている。

 

これはとても小さなことではあるが、私が多く負担することで、

「有意義な時間でした」

と相手に少しでも伝われば良いと思って今行っていることである。

 

というように、相手への情、気持ちが強ければ強いほど、それは会計に反映される部分があるのではないだろうか。

 

 

私自身が気持ちを会計で表している部分があるため、何度かおごった女性から「今日は私が払う!」と言われるととても愛おしく感じる。

ただそれを逆手に取り計算高く、会計が安いときだけ都度「私が払う!」と言ってくる女性は中々にフxxクだ。

統一しろ。言わない方がマシだ黙っていろ。(主観)

スポンサーリンク

まとめ、おわりに

というわけで、割り勘が嫌だという女性も多いことと思うが、会計は愛情と比例する。

 

本当に死ぬほど大好きな女性と念願叶ってデートができたとき、その男は割り勘にするだろうか。

というのが答えではないだろうか。

 

ただ現実そのようなことは起こりにくく、平均年収が300~400万円位の世の中では、割り勘で距離を詰めていくことも普通なのかもしれない。

男尊女卑が根強く残っている社会のため、男性がおごる、多く払うことも普通なのかもしれない。

 

 

【結論】

  • 会計問題はやはり価値観や懐事情、性格によるとしか思えない。
  • 1円単位のワリカンはせこい!と主張する女は嘘!(or 男性経験豊富 or 地雷)
  • 100円単位のワリカンもせこいと思うけど理由はありそう!
  • お互いが気持ちの良い会計ができればそれに越したことはない!

 

 

割り勘そのものが嫌な人は別な相手を見つけることをおすすめする。

そういう女性にとって金があって財布の紐が緩い男ほど楽な人はいないだろう。

お金の問題、会計の問題というのはカップルにとって、そして大半の男女にとってとても重要だと思うしね。

 

 

【結論その2】

・男は金さえあればモテる!

 

 

男女どっち向けの記事なのかわからないし話も逸れた気がするが終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)