身長を伸ばす方法。成長期に毎日500ml以上の牛乳を飲む。by180cm男子

スポンサーリンク
身長を伸ばす方法。成長期に毎日500ml以上の牛乳を飲む。by180cm男子

身長を伸ばす方法。成長期に毎日500ml以上の牛乳を飲む。by180cm男子

どうも、松平です。

僕は現在身長が180cmあります。

 

といっても昔は非常に小柄で、高校生になる頃まで周りから「チビ」とよくとからかわれていました。

今ではそういったことを言った輩共は僕から言わすと全員チビです。

 

 

 

まず僕の両親は二人とも大きいわけではありません。(父:160cm台、母:150cm台)

僕の兄と弟はかろうじて170cm台です。

 

僕だけ180cmという恵まれた体を手に入れたわけですが、それには理由があるのでお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

毎日500ml以上の牛乳を飲んだら伸びに伸びた!

まあタイトルでネタバレしているわけですが、僕は小学生~高校生まで毎日500ml以上の牛乳を飲みました。

これにはワケがありまして、当時小学生の頃、イチローの本(感想の詳細は下記)を読んだわけですが、イチローは相当な偏食家だったようです。

なぜイチローは努力を続けられるのか?『イチロー ― 進化する天才の軌跡』を読んでみたら

2017.09.25

 

 

そんな偏食家のイチローですが、成長期に無理をして毎日嫌いな牛乳を飲み続けたことで180cmの身長を手に入れた、という情報をこの本から得ました。

そしてチビチビ言われた僕も、牛乳を飲み続けることで高い身長を得られるんじゃないかと思って牛乳を飲み続けようと思い立ったわけです。

 

「毎日牛乳を飲んで身長を伸ばして絶対に周りを見返してやる!」

 

というそんな気持ちでした。

 

学校の給食で毎日200mlの牛乳が出ましたが、その他、朝、夜も小学校高学年~高校生時代まで、コップ一杯の牛乳を飲み続けました。

500ml以上の牛乳をほぼ毎日365日、数年間飲み続けたわけです。

 

その結果、中学入学当時は140cm台だった身長が卒業時には170cm、高校卒業時には177cmになり、現在では180cmになったわけです。

 

ばかにしてたやつざまあみろばーか!!!!!!!!!!←

スポンサーリンク

牛乳は身長を伸ばすという実験データがあった!

てなわけで、両親が低身長の中、牛乳を飲み続けた結果身長は伸びたので、身長は遺伝とは限らないと思っています。

牛乳を飲んだからといって身長が伸びる!という医学的根拠はないですが、兄弟の中で僕だけが牛乳を毎日飲んだことで身長が大きくなったので、牛乳は身長を伸ばすという確信はあります。

 

牛乳以外にも何か理由があったのかもしれませんが、自分の中では牛乳を飲み続けたのが一番の理由だと思っています。

ちなみに他には【特命リサーチ200X】という番組を見て、「ピーナッツを食べると身長が伸びる!」というのを見て一人で地道に試したり、小魚や煮干しを食べたりカルシウムやビタミンDのサプリを摂取したり、他にも気がついたら背伸びをしたり、といった努力をしていました。

(セノビーっていう身長が伸びるって言われていた飲み物もめちゃくちゃ飲んだ)

 

結果今では身長が日本人としては大きい部類ですから、こういった努力が報われたのかなと思います。

 

 

尚現在親は「うちの子じゃない」「そんな遺伝はない」と言ったり。

昔からの友達は「生意気なチビだったやつが・・・」と嫉妬したり。

 

そんな感じですが、何はともあれ成長期に牛乳を飲んだおかげです。

 

 

 

なお、今サクッと調べてみたところ、毎日牛乳を500ml以上飲むと飲まない人よりも2.5cm身長が高くなるという実験結果を見つけました。

【外部リンク】日欧米の調査で牛乳の摂取量が多いほうが身長の伸びが大きいという報告が出ています。

 

という実験結果までもがあるとなると、身長を伸ばすためには飲まない手はないよね。

というか180cmの俺がそう言ってるんだからね。(ドヤ)

 

二十歳を越えている人は厳しいと思いますが、身長を伸ばしたい若い学生はやはり飲むべきだと思います。(アレルギーとかの場合はしょうがないが)

 

 

 

後はもう遅いですが、ヒョロガリでもあった僕からいわすと、昔から筋トレをしてもっとごはんやお肉を食べていれば、筋肉もついてスポーツ選手としての可能性も広がったかもなあ、と思ったりします。

でも筋トレをすると身長が伸びないという説もあるから微妙なところです。

 

身長、筋トレ、筋肉、特に成長期真っただ中のみなさん。

後悔のないように過ごしてください。

 

 

※このブログは医学的な確証はないのであくまで一例のお話としてご覧ください。

終わり。