漏電による停電。漏電ブレーカーが落ちたけど自力で直ったお話。

スポンサーリンク
漏電による停電。漏電ブレーカーが落ちたけど自力で直ったお話。

漏電による停電。漏電ブレーカーが落ちたけど自力で直ったお話。

どうも、松平です。

2日前のお話ですが、住んでいるマンションの部屋が停電したため、ここ2日ブログを書けませんでした。(言い訳)

 

 

↓事の経緯↓

 

2日前、ブレーカーが落ちて停電し、その後何度ブレーカーをあげてもブレーカーが落ちて停電するという事態が発生しました。

よくよくチェックしてみると、漏電ブレーカーとやらが落ちていました。

 

漏電ブレーカーとは、何かの不備が原因で漏電が起きているため、電気が漏れることによる事故やケガを防ぐために作動するブレーカーのようです。

どこかから電気が漏れているため、この漏電ブレーカーが作動して落ち、停電が引き起こされていたようです。

 

そして漏電ブレーカーをONにし、その後、玄関、リビング、キッチン、エアコンなど、各ブレーカーを1個ずつONにして、どこから漏電が発生しているかを確かめました。

その結果、キッチンのブレーカーをあげると数分後に漏電ブレーカーが作動し、停電になることがわかりました。

 

キッチンの家電や電気回路、どこかから漏電しているというわけです。

スポンサーリンク

キッチンや水回りの漏電はよくあるみたい!

そしてネットを駆使して調べてみると、建物や電気回路の劣化の他、雨漏りや水漏れなどの水分により漏電が発生することが多いとのこと。

キッチンでのIHクッキングヒーターや魚焼きグリルの電気回路に、水の吹きこぼれやこぼし、結露した水などが付着して漏電が発生することもあるようです。

 

・・・といっても、わが家でのキッチンで考えられる電子機器はIHのみ。

 

ここ最近は鍋物が多かったので、鍋の吹きこぼれや温度差によって結露した水分が、IHの電気回路に付着して漏電したのではないかと思いました。

そこでキッチンのブレーカーをあげ、IHの電源を入れると、ピッピッピッと今までに聞いたことのない音が鳴って即停電したので、やはりIHに原因があることが判明しました。

スポンサーリンク

IHを乾拭きしてドライヤーをかけたら直った?

でもIH内の水分が蒸発すれば漏電はなくなるかな?と思い一昨日、全体を丁寧に乾拭きし、外部と内部にドライヤーをたっぷり吹きかけました。

そして一晩経ち、昨日再度キッチンとIHに電源を入れてみたところ・・・・・・。

 

無事動作しました。

 

そこから今日まで、漏電ブレーカーが動作することもなく、停電することもなくなりました。

というわけで、原因はIHの電子回路、電気の回路に水分があったことが原因っぽいです。

 

最近鍋料理を作り過ぎていたこと、その際水の吹きこぼれやこぼしたものが原因だったのかなと思います。

スポンサーリンク

感想、おわりに

今では無事漏電と停電が解決しましたが、ただ昨日IHに電源をつけた当初焦げ臭い匂いがしましたので、一応管理会社に連絡をして点検に来てもらうことにしました。

IHの内部まではどうなっているかわからないのと、もしものことがあって火災にでもなったら元も子もないので。

 

 

・・・それにしても初めて家での停電を体験しましたが、電気がなければ何もできないし、夜だと真っ暗で全く身動きがとれなくなり、一人だと怖いしで大変なことだと思いました。

電気ってめちゃくちゃ便利なんだな、とそんな当たり前のことを発見できたのが良かったです。

 

電気や資源に感謝をして大切に使っていこうと思いました。(作文)

おわり。