知らない人から、つばをかけられた時の対処方法

スポンサーリンク
知らない人から、つばをかけられた時の対処方法

知らない人から、つばをかけられた時の対処方法

先ほど自転車で美容室に行った帰り道。

自転車でも安全運転第一の我は、通行人に気をつけてゆっくりと自転車をこいでいました。

そして無事帰宅、と思いリュックを降ろすと、何やらリュックに白い液体がついていました。

 

??????????・・・・・何の液体だこれ・・・?

 

嫌だったが、調べるために引き伸ばして乾燥させたところ、

 

「くせえええええ!!!!!唾液だ!!!!!!!!!!」

 

誰だ!?誰だ!?誰だ!?誰が何のために!!??

 

必死に記憶を探り、何十人とすれちがったのは覚えていますが、安全にだけ気をつけて自転車を運転していたため、誰一人顔を思い出すことができません。

潔癖な点がある我。買ったばかりのリュックでしたが、すぐにゴミ箱行きとなりました。(ブランド物で自分としてはいいものを買ったつもりだったのに・・)

 

それにしても誰が?何のために?我の外見が気にさわったのか?

※ちなみに我が住んでいる町は比較的年寄りが多くて治安の良い町である。

 

また、我は体が大きく自分で言うのも何だが見た目が怖いので、基本調子に乗っている輩やヤンキーに絡まれたことはない。

ということで、我のリュックはおそらく、少々一般的ではない変なタイプの人間に唾を吐かれたのだろう。

警察に連絡すれば暴行罪となる

自転車に乗っているとき、次からは背後にも気をつけなければいけない、と思うと同時に、今後もしまた他人に唾を吐きつけられた場合どうすればいいのだろう?と考え調べたら、

ツバをつけた少年が“暴行”罪になるのはなぜ?弁護士が解説

どうやら、人に唾を吐きつける行為は暴行罪となるらしい。

暴行罪と傷害罪との違いは、怪我を負わせた場合は傷害罪になるとのこと。
なので、唾を吐かれた場合は基本的に暴行罪となる。

 

よって今後また誰かに唾を吐きかけられた場合は、警察に連絡する。

逃げようとしたら捕まえる。

おそらく関わらない方がいい人間だとは思うが、捕まえると今決めた。

 

警察に突き出した結果、吐きつけられた【服や物の弁償代金+少々の金額】で和解となるのが一般的だろう。

反省の色がない場合、我は刑事事件にし、反省させる気もあるのだ。(高いバッグの恨みである・・次は許さん・・)

 

第一に、まず人に唾を吐きつけるな!くせえ!!!きたねえ!!!

というように、この記事を見たあなたが、もし誰かに唾を吐きつけられた時はすぐに警察に連絡しよう。

唾を他人に吐きつけるような事態が、この世からなくなることを願っている。

 

この地域が危険に感じ、近々引越すことを決めた、そんな一日でした。

 

では、さらばだ。