アンチや批判コメントとの向き合い方。ブログ・サイト運営

スポンサーリンク
アンチや批判コメントとの向き合い方。ブログ・サイト運営

アンチや批判コメントとの向き合い方。ブログ・サイト運営

どうも、松平です。

 

最近私のサイトに批判コメントが増えてきました。

このブログでもたまにありますが、別サイトの方が思う存分書いているのでアンチも激しいです。

 

一番最初にアンチや批判コメントが来たときは、

「これがアンチ・・・!!!」

と落ち込みましたが、今ではほとんど何も感じなくなったというか感謝すらしています。

 

むしろ記事にしてみるかということで、私なりのアンチや批判コメントとの向き合い方、付き合い方や対応方法を紹介します。

スポンサーリンク

完全無視で間違いない!

まず第一に、批判コメントを見つけた場合、相手にしたり気にする必要はありません。

アクセス数や訪れる人の数が増えればアンチが増えるのは必然で、万人に好かれるものなどこの世にはそうそうありません。

完全無視でOKです。

 

大体の人は、わざわざ自分のサイト、記事ごときにネガティブな発言、批判コメントはしないでしょう。

思考が合わない、つまらないと感じたらページを閉じて終わりです。

それを匿名で、実際会ったこともない相手にアンチコメントってどんだけ暇やねん、って話です。

 

アンチは絶対的に暇で、自分のレベルへ他人を引きずり落とそうとする、そうしてストレスを発散したい人間なのです。

すなわちアンチを相手にしてしまえば、そんな相手と同じ土俵に立ち、同じ目線になってしまうわけです。

あなたの人間としてのレベルが下がってしまいます。

 

 

「お前はどこのどいつだ消え失せろ」

と思いながら、完全無視で間違いありません。

スポンサーリンク

現実世界で言われたとして置き換えてみよう!

また無視と言っても、最初は気にしてしまう人も多いでしょう。

自分の顔、相手の顔が見えない匿名のネット世界だからこそ、現実世界では言えないような心無いコメントをする人も多いです。

 

そんな時は見ず知らずの他人に、現実世界でアンチ発言をされたと置き換えてみましょう。

 

想像してください。

どのような人がそのようなコメント、発言をすると思いますか?

 

私の想像上では、精神年齢の低いイタい奴、思想・我が強い変人系、人の揚げ足ばかりをとって努力をしないタイプの人種です。(偏見)

はい、相手にする必要はありませんよね。

スポンサーリンク

ただし!批判コメントは一理あることもある!

ただ、気分が悪くなるようなコメントの中にも、批判コメントには一理あることもあります。

 

基本無視はしていますが、

「つまらない記事」「糞記事」

とコメントをもらった記事を読み返すと、

「たしかにつまらないな」「糞記事だな」

と思うこともあります。

 

私の場合は、現状面白い記事を書けるライターではないと自負しているので、これから面白い記事を書けるようになれればいいなと思うだけです。

「管理人は糞野郎」「つまらない」 ⇒ 事実じゃん!そうだね!

これだけです。

 

受け入れて、今後どうすればいいか改めて考えるきっかけになるときもありますね。

スポンサーリンク

誰かが少しでもスッキリするなら社会貢献になる!

後は、日本といったら自分の意見を言わない人が多かったり、思ってもいないお世辞や嘘を言ったりと腹黒文化です。(偏見)

表面では笑顔を繕って八方美人を気取って、裏では陰口を言って、といった人がたくさんいます。

 

不満や闇を抱えている人が多いです。(偏見)

 

だからサイトへのアンチ、批判コメント、私が傷つくであろう言葉を匿名で書き込むことで、少しでもスッキリする人がいるのならば、それはそれで私の1つの社会貢献になるわけです。

 

アンチや批判コメントを見つけたら寛容に、

「お、スッキリしたかい?」

と思うことで社会への貢献感を味わうことができます。

スポンサーリンク

コメント欄の閉鎖はもったいない!

というように基本無視しながら、受け入れることもありながら、私はアンチ・批判・中傷コメントに対応しています。

一々反応したり相手にしたり、心無いコメントで考え込んでしまう必要は全くないのです。

争いは同じレベルの者同士でしか発生しない

 

アンチだろうがコメントが増えることで記事への反応が見れてサイト内も充実するので、今ではわざわざコメントしてくれることに感謝しています。

コメントを書き込みながらも、その後コメントへの反応が気になり、再度足を運んで見に来てくれる人も多いと思いますからありがたい存在なのです。

 

アンチコメントをしてスッキリしてもらうことで社会貢献になるわけなので、犯罪等に係わるようなことがない限り私は今後もコメント欄はオープンなままです。

 

でも精神的にタフではない人は、コメント欄を閉鎖するという対処方法をとることも1つの手でしょう。

考え方・捉え方次第でアンチは自分の力、お金にも変えられるのでもったいないですけどね。