即時インデックス登録をする方法。今月からGoogleへの登録が明らかに遅くなった。

スポンサーリンク
即時インデックス登録をする方法。今月からGoogleへの登録が明らかに遅くなった。

即時インデックス登録をする方法。今月からGoogleへの登録が明らかに遅くなった。

どうも、松平です。

 

先日同じ単語を使いすぎるとGoogleにインデックス登録がされないという記事をあげました。

これは他にも事象があるため、同じ単語を使いすぎることはSEOの効果に影響する、登録されないというのは、自分の中で有力なものだと思っております。

同じ単語を使いすぎるとGoogleにインデックスされない!

2018.03.12

 

ただ2018年3月現在。

他の記事全てもGoogleへのインデックス登録が明らかに遅くなりました。

 

今までは記事を書き、Search ConsoleのFetch as Googleでクロールを要請することで、ほぼすぐにインデックス登録が行われていました。

それが大体12時間~2日くらいはかかるようになりました。

 

この影響についてネットで検索してみると、他の人たちも同じように感じているようなので、Googleの仕様によるものと考えて間違いありません。

スポンサーリンク

Fech as Googleの仕様変更

インデックス登録が遅くなった原因は、先月Fech as Googleの仕様変更があったことが大きな要因と思われます。

 

今までは、Fech as Googleでクロール申請を出す際、

  • このURLのみをクロールする(月間割り当て500件)
  • このURLと直接リンクをクロールする(月間割り当て6件)

といった表記があったのですが、2018年2月にこちらの仕様が変更されました。

 

この変更により月間割り当て数の表記はなくなり、クロール申請は1日当たり10件までとなりました。

1日に10件以降はエラーとなり、時間が経たなければクロール申請ができませんでした。

 

そしてこの仕様変更に伴い、インデックス登録の仕様も大きく変わったものと思われます。

実際今まではほぼ即時登録されていたものが12時間~2日程度かかるようになってしまいましたからね。

スポンサーリンク

Googleが仕様変更をした理由

ちなみにGoogleのスタッフであるジョンミューラーさんは、以前Googleのクロール申請についての質問に以下のように答えています。

 

 

アンディ「クロール申請の上限を上げられないのですか?」

ジョン「それの使用率はスパム系が高いのです。私は通常の更新にはサイトマップを使っているだけです。」

 

 

 

Fetch as Googleはスパム系のサイトが多く使っていることにより、今回の改革にも踏み入ったように見受けられます。

というか普段はサイトマップで十分!ということですし、数日後にインデックス登録がされるのであれば、今後クロール申請は必要がないと見ていいかもしれませんね。

 

最新情報を提供するサイトや薄いアフィ系のサイトや記事が淘汰されることになりそうです。

そういったものを生業にしている方にとっては辛いですね・・。

スポンサーリンク

大手ブログサイトは即時登録されている謎

ただ1つ気になった点があります。

大手ブログサイトはどうなっているのだろうと思い、アメーバブログやはてなブログのトップページを見てみました。

するとトップページで紹介されている記事の場合は最新記事ながら、何の問題もなくインデックスに登録されていました。

 

ちなみに私が先ほどこのサイトで書いた下記のブログ記事は、今現在まだグーグルに登録されていません。

街中にいる鳩が嫌い

2018.03.17

 

軸となるサイトの規模?質?が問題なのでしょうか。

 

何これ?

 

スポンサーリンク

即時インデックス登録の方法

ただその後、アメーバブログとはてなブログにあるマイナーなサイトの最新記事を見て、インデックス登録がされているか確認をしてみましたが、これらは全てGoogleに即時登録がされていませんでした。

 

つまり、大手サイトで運営されている全ての記事が即時登録されるわけではありません。

トップページにある、おすすめ記事として紹介されている記事のみ、即時登録がされているということです。

 

そのため、

  • 注目度が高いサイトで紹介されているページは即時登録がされる傾向にあります。
  • アクセス、人気が高いページは即時登録がされる傾向にあります。

という推測ができます。

 

なので即時インデックス登録をするためには、

 

  • 大手サイトにリンクをしてもらう
  • アクセス数を増やす

 

ということが必要になります。

スポンサーリンク

有名まとめサイトも即時登録されていた!

その後、有名なまとめサイトも数個確認してみましたが、やはり大手サイトはどれも数分前にあげたような最新の記事が即時インデックス登録されていました。

クロールの仕様が変更しても、アクセス数が多いサイト、多いページは特に大きな影響を受けないようです。

 

となると規模が小さいサイトの場合、せっせと記事を書きSNSなどを駆使しながら少しずつ成長していくしかないということです。

最新の情報を得て更新するまとめサイトにおいては、今後格差が広がりそうな予感がしますね。

 

 

 

つらいっすねえ・・・。

 

Youtubeの埋め込み動画が多いとGoogleにインデックスされない?SEOにも影響あり!

2018.01.22

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)