お得!住民税や国民健康保険料などの税金をnanacoを通してクレジットカードで支払う!

スポンサーリンク
お得!住民税や国民健康保険料などの税金をnanacoを通してクレジットカードで支払う!

お得!住民税や国民健康保険料などの税金をnanacoを通してクレジットカードで支払う!

どうも、松平です。

 

最近住民税や今季払う国保の支払い書が届きました。

昨年は稼ぎが良かったため、支払う額も百万単位という初めての金額で震えています。

 

ただこれってどうやって払えばいいんだろう?

口座引き落としもできるようだけど、カード経由とかでもっとお得に払う方法がないかな?

と探したところ、セブンイレブンのnanacoで支払いができることが判明しました。

 

nanacoにクレジットカードでチャージすることで、税金等も払えるうえチャージの際にチャージ分カードのポイントとして還元されるということです。

 

ややこしい!ポイントがつくクレジットカード

ただnanacoにチャージする際、クレジットカードによりポイントがついたりつかなかったりするようです。

面倒くさいですが今後ずっと支払うワケですし面倒なのは最初だけ!

 

というわけで私はYahoo!JAPANカードを作りました。



 

尚、nanacoにチャージをすることでポイントが貯まるカードは、

 

  • Yahoo!JAPANカード
  • リクルートカード
  • セブンカード・プラス
  • ローソンPontaカードVisa
  • ファミマTカード

 

これらのクレジットカードがnanacoチャージの際にポイントが貯まります。

還元率はリクルートカードを除き0.5%です。

 

また、リクルートカードはポイント還元率が1.2%と一番高いですが、月のポイント付加の上限が3万円のため、多くの支払いを必要とする人には向かないでしょう。

これは自分の支払額やよく利用するお店、お得度を考えてどれを申し込むか決めると良いでしょう。

 

私はYahooでたまにショッピングやオークションで買い物をすることがあるのと、ポイントがお得だと感じたため、Yahoo!JAPANカードを申し込むにいたりました。

スポンサーリンク

nanaco1枚のチャージは5万円!月のチャージは20万円まで!

そしてもう1つ頭に入れておかねばならないことがあります。

というのもnanacoカードは、1枚につき5万円までしかチャージしかできません。

 

カードに5万円と、nanacoの残高センターに5万円を入れることで1枚で10万円分の支払いができるようではありますが、やや面倒くさいです。

【外部リンク】10万円までの税金を1枚のnanacoカードで支払う裏技

 

5万円以上の支払いをするには、請求書を分割してもらう、または何枚かnanacoを持つ必要があります。

 

またそうしたところで、1回の会計で25万円までしか支払うことができません。

さらに、nanacoは月に20万円までしかチャージをすることができません。

 

この点ややこしいので要注意ですね。

スポンサーリンク

感想、おわりに

そんなところです。

 

還元率が0.5%だと100万円払って5000円。

1000万円払って5万円。

 

塵も積もれば山となりそうな額です。

どうせならお得に支払いたい!という方、税金等の支払いにnanacoがおすすめです。

 

 

【追記】

この記事を書いた後、実際に支払いをしてみたところ、何回もチャージをするのが面倒だったので、5万円分はnanaco+現金でしばらく払っていました。

結局チャージすら面倒くさくなったのでやめました。

 

セブンが家に近い人やチャージが苦でない人はお得で良いと思います。