安すぎるキーボードには気をつけろ!USB電源、PC周辺機器のお話

スポンサーリンク
安すぎるキーボードには気をつけろ!USB電源、PC周辺機器のお話

安すぎるキーボードには気をつけろ!USB電源、PC周辺機器のお話

どうも、松平です。

先日パソコンのキーボードが壊れました。

 

毎日叩きすぎているせいか一部のキーが反応しなくなりました。

というわけで、特に欲しいキーボードもなかったのでAmazonで1番安いキーボード(S社)を注文しました。

 

その結果、サブPCでの入力が不安定で反応も遅く、使い物にならないといった事態が起きましたので記録したいと思います。

 

最新のパソコンなら大丈夫!おそらく問題は電源!

まず、私はパソコンをメインとサブとで2台使っているため、キーボードの接続方法が少し独特です。

 

というのもUSBのハブにマウスやキーボードを接続。

それを切り替えスイッチを経由して2つのパソコンに接続し切り替えています。

 

 

↑この2つの商品を使っています。

 

 

このように延長接続しているせいで、古くて電源が弱いサブのパソコンの場合、USB機器が不安定になるという現象が今までに何度か発生しています。

ただ、USB機器の中でも電力をそこまで必要としないマウスやキーボードの場合、今までこうした問題は発生しませんでした。

 

 

ですが今回、おそらく安すぎるキーボードを買ったため、そのキーボードの電力消費が大きいためか相性が悪いためか、サブPCでハブを経由した接続が不安定で使い物にならない結果となりました。

 

  • ハブを経由しないで直接接続するとサブPCでこのキーボードを使用しても不具合はありません。
  • また、メインの電源が強い最新のパソコンだとハブを経由しながらでも問題なく動作します。

 

というわけでおそらく、消費電力(USB接続の電流)と電源との相性により、安すぎるキーボードの場合、動作が不安定になることがあるのだと思います。

スポンサーリンク

結局別のキーボードを買い直したら大丈夫だった

といっても、今まではハブやスイッチを経由してもキーボードは何の問題もなく使えていました。

 

  • ならばパソコンの電源にも問題があるのかもしれないが、キーボードにも問題があるのでは?
  • 使うパソコンを変える度に毎回キーボードを直接挿し直すのも面倒!

 

というわけで、今まで使っていたメーカーであるLogicoolのキーボードを買い直したところ、

サブPCでハブ経由しても問題なく使えました。

 

 

なので、電力が弱いパソコンを使っている人や、USBハブなどを使って延長している方。

よくわからないメーカーの安すぎるキーボードを買う際は、私のように不安定な動作になることがあるので要注意です。

 

 

 

 

尚、私が今回買い直したキーボードは↓です。

LogicoolのK120というごく普通のこれまた安っいキーボードですが、静音設計(といっても普通に音は出る)で使い心地が良くてめちゃくちゃ気に入っています。

 

 

Logicoolの安すぎるキーボードの場合、メインでもサブでもハブやスイッチ経由でも問題なく使えるという謎。

すごいしっくりきているので今後壊れてもまたこれを買いたいと思っているところです。

 

初めて自作パソコンを組み立てた経緯と感想。メリット デメリット 注意点など

2018.06.28