ベンジャミン・グレアムの「新賢明なる投資家 上~」を読んでの感想、レビュー、メモ。

スポンサーリンク
ベンジャミン・グレアムの「新賢明なる投資家 上~」を読んでの感想、レビュー、メモ。

ベンジャミン・グレアムの「新賢明なる投資家 上~」を読んでの感想、レビュー、メモ。

投資の神ウォーレン・バフェット。

そんなバフェットの師匠であるベンジャミン・グレアムが書いた「賢明なる投資家」。

投資家の教科書ともいわれているこの本ですが、改訂版である「新賢明なる投資家 上~割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法~」を読みました。

この本を読んでの感想、レビューと共に記憶しておきたいことをまとめます。

 

 

はじめに

投資の世界では、簡単に大金持ちになろうと投機行動に走る人が大勢いますが、賢明で偉大な大投資家グレアムは自分で決めた投資のルールを守って株式投資で結果を残し続けました。

この本にはグレアムの株式市場への見解、投資で利益をあげる方法が、自らの経験や様々なデータを使用しながら事細かに書かれています。

グレアムはこの本で自らが薦める投資方法をとても慎重に説明しており、堅実でまじめなグレアムの性格、人間性が伝わってきます。

時代は違えど投資世界の真実がわかる本です。

スポンサーリンク

記憶しておきたいことのメモ

  • 投資において上がれば買って、下がれば売る、では成功を収めることはできない。
  • 安きを買い、高きを売るという手法も確実性があるものではない。
  • 投資と投機は完全に別物であり、投資資金と投機資金を同じ口座で運用してはならない。
  • 並みはずれたパフォーマンスではなく適切なパフォーマンスを望むこと。
  • 積極的にトレードをする人(投機家)よりも、辛抱強くトレード数が少ない投資家の方がリターンは多い。
  • 株式ニュースを頻繁にチェックする投資家のリターンは、一切ニュースをチェックしない投資家のリターンの半分。
  • 機関投資家の買い、売りの判断など個人ができるわけがないため、個人投資家が短期で稼ぐというのは非現実的である。
  • 利益が出たから利食いするフォーミュラ投資プランを実行しても、その後株価が上がり続けるとポジションを買い戻しできず、それ以上の利益を得られなくなる。
  • 上げ幅に相当する1/3以上下がることを、可能性ではなくて見込んでおく。
  • 投資で勝つには感情的規律の訓練が必要である。
  • 一度決めた方針を周りの影響で曲げない、日々の相場で一喜一憂しない。
  • 株価が大幅に上昇したすぐ後には絶対に株を買ってはならない。また、大幅に下落したすぐ後には絶対に売ってはならない。
  • 投資家が持ち株を売らなければいけない状態などめったになく、もし株価が下がったとしても無視して構わない。
  • ミスターマーケット(株式市場)が、株価の大幅な上げ下げを見せたとしても自分で価値を評価して判断すればいいだけで、売る売らないは自由。
  • 投資とは他人のゲームで他人に勝つことではなく、自分のゲームで自制すること。
  • 他人がどれだけ稼ごうが、相場がどれだけ動こうが投資は自分との闘いである。
  • 人の脳は株価が何日か上がり続けると、反射的にそのまま上がると思って期待してしまう。短期間の成果から将来の価格を予想できると信じてしまう性向がある。
  • 下落すると怖がり狼狽売りをするのも人の脳の本能。優れた心理学者は、「損失を被った時の心の傷みの大きさは、同じ額の利益をあげたときの喜びの倍以上」と示している。そのため本能は、下落時損失にビクビクして底値で売ることが多く、買い増しを拒む。
  • 自分がどれほど自制ができていないかに気がつけば、もっと自制ができるようになる。高きを買い安きを売るという生物学的傾向を抑える。
  • 上昇、下落により売買をしたくなる気持ちはわかるが、他人に投資判断を下されるのは拒絶する必要がある。
  • 投資信託(ファンド)が並外れた収益を得たとしても運の要素である確率が高く、驚異的な利益を上げ続けることはプロでも不可能に近い。
  • 個人投資家が投資を成功させるには、機関投資家が買った銘柄は買わない、または辛抱強く所持し続けること。
  • インデックスファンドは個人投資家にとって最高の選択肢。
  • 過去の実績により今後がわかるわけではない。スポーツとは違い、投資の世界はそれが顕著である。(投資信託)
  • 以前投機家がほぼ確実に損をする時代があった。顧客に投機から距離を置くように勧める証券会社もあったが、手数料を稼ぐことが全てで客の望む情報を提供することに熱を費やす証券会社も未だに多い。このような投機家は最後は損して終わることがほぼ決まっている。ギャンブルに等しい。
  • どれだけ知的努力を注ぎ込めるかで投資のリターンが決まる。
スポンサーリンク

感想、レビュー、おわりに

この本を読んで投資と投機の違い、昔の株・債券・ファンドの収益率のデータ、投資をするうえでの心構えなど様々なことを学ぶことができました。

ビットコイン・仮想通貨でモロに投機をしてきた自分にとってはとても身に染みる本でした。

精神面での教えが非常に多くて深く、これらは時代が変わっても本質的には変わらない正に投資理論書のバイブルだと思います。

 

私は株式投資を本格的に始めようと思いこの本を読み、今現在バフェットの本も多数読んでいますが、株式投資は難しく考える必要はないように感じています。

自分が研究し買いだと信じる株を適正~安い価格で永遠に保持するつもりで買う。

配当を得ながら株価の上昇を待ち、自分の中の株価と相場とを比較し売るべきと感じたら、もしくは会社の方針が変わり投資が失敗だと感じたら売る。

時代は変わっているのかもしれませんが、グレアムやバフェットはこんなにシンプルな投資方法で富を築いてきたのかという感想です。

もちろん株を選ぶための知的努力やたくさんの知識は必要になり、そこは決して簡単なものではありませんが、株式投資で成功するための手法自体はシンプルだと思いました。

 

投資の世界では、短期間で大金持ちになりたい人たちが大半であり、それが株式市場の本能、心理でもあります。

その本能に逆らうとなると実際そのように行動するのは精神面で難しそうではありますが、グレアムやバフェットのようにマーケットに左右されず自分を自制して保持、売買の判断をすればいいのです。

もちろん失敗することも大いにあるでしょう。

 

株式投資について何もわからない状況でこの本を読んだので、理解するのにとても時間がかかりましたがとても面白くて非常に勉強になった素晴らしい本でした。

続きの下には、グレアムが推奨する株式についても具体的に書かれているようなので、そのうち新賢明なる投資家の下の方も読んでみます。

 

 

時代は変わっていると思うので、他の投資家のことも参考にしたいと思いますが、自分で実践しなければ始まらないということもわかったので、少額からでも株式投資に参入していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)