『金持ち父さん 貧乏父さん』お金の力を自分のために働かせる!

スポンサーリンク
『金持ち父さん 貧乏父さん』お金の力を自分のために働かせる!

『金持ち父さん 貧乏父さん』お金の力を自分のために働かせる!

おはようございます。最近投資への関心が強まっている松平です。

そこで『金持ち父さん 貧乏父さん』という本を読みました。

今では改訂版が出版されているようですが、内容はほぼ変わらないとのことです。(私が読んだのは通常版)

この本を読んでみての感想、レビューをまとめました。

 

 

『金持ち父さん 貧乏父さん』の感想、レビュー

『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んでみての感想は、素直に面白かったです。

この本を書いた億万長者の著者、ロバートキヨサキとは生きている時代が違いますが、会社員としてただお金のためだけに働くのは違う、と改めて思わせてくれる本です。

 

会社員として働き、毎月の支払いに追われる日々を送る人たち、お金持ちではない人たちのことをうまく表現しています。

そしてそのような人たちが今の生活から脱出するには具体的にどうしたらいいか?ということが書かれています。

 

以下はこの本の一部で私なりのざっくり概要です。

 

—学校ではお金について教えてくれない。
そのため大抵の人は、「投資」や「お金儲け」と聞くと「危ない」という認識を持つかと思う。

そして、
頭を使ってお金を稼ぐ=楽にお金を稼ぐ=悪
と思い込み、楽にお金を稼ぐように見える人たちを批判する。

そういう人たちは毎日会社に通うのが普通で、そうしなければ生きられないと思い込む。
結果毎月の支払いに追われ、給料が上がると税金と消費も増え、生活が裕福に感じることはほとんどない。

仕事で忙しいことを理由に新しいことを学ぼうとしない。
だからそのような貧乏な生活を一生続けることになる。—

 

とのこと。

まあめっちゃわかります。

私は定年まで会社員として働きたくないと思って会社を辞めた身ですから。

 

そして私が参考になったと思う点をザッとまとめると、

 

  • チキンリトル(ネガティブな感情)で否定から入らないこと
  • 忙しいなどを理由に怠けないこと
  • 強い目的意識を持つこと
  • 欲張り心に罪の意識を持たないこと
  • 負債、ただの浪費は控え自己投資と資産に回すこと
  • 考えて学び、すぐに行動に移すこと
  • 賛成意見、反対意見、両方の意見に耳を傾け、常に自ら考え抜くこと
  • 自分への支払いを先に済ますこと
  • 学ぶために働くこと
  • ヒーローを持つこと
  • お金について学び、学んだことを周りに教えること
  • 欲しいものがあったらまずは周りに与えること

 

お金への哲学的なものから、お金への意識まで参考になることがたくさん書かれていました。

参考になった点が多すぎるのと全部本に書いているので解説はしません。

 

ただ、

怠けずに
チキンリトルにならずに
強い目的意識を持ち
資産にならない負債・浪費はせずに
ヒーローを参考に自ら学び考えてすぐに行動し、
学んだものは周りに教えていき
お金を自分のために働かせよう!

と思いました。

今後また更に読み込んで常に意識していくようにしたいと思います。

スポンサーリンク

所々の大嘘。金持ち父さんとマイクは誰?

この本を読んでとても良い本だと思いましたが、1つ気になる点は、嘘 が書かれているということです。

この本の話の中で、著者のロバートキヨサキがお金について教えてもらった『金持ち父さん』という超重要人物が出てきますが、この人について調べると架空の人物である可能性が高いことがわかります。

金持ち父さんが架空の人物の場合、著者の親友で金持ち父さんの息子(今ではハワイの大金持ち)と書かれているマイクという人物も架空の人物になります。

つまりそうなると全部嘘です。作り話の大嘘です。

【外部リンク】ロバートキヨサキ氏が言う「金持ち父さん」とは誰でしょうか?

 

ロバートキヨサキも本ではほとんど自分の良かった行いを書いていますが、本を書いた後のつい最近、自らの会社が倒産しています。

これらのことからおそらく他にも多数の嘘、誤った情報があると考えられるので、全てを鵜呑みにしないように気を付けるべきです。

スポンサーリンク

マルチ商法、ネズミ講勧誘にもってこいの本

また、この本は新たな発見ができ、お金を稼ぐために人をやる気にさせる本ではありますが、だからこそマルチ商法やネズミ講の勧誘、セミナーに多数使われているようです。

日々会社勤めの仕事で疲弊しているサラリーマンたちには目から鱗のような本ですしね。

 

さらに嫌なことに、この本では勉強のためにセミナーに行くことを推奨しています。

著者の時代の背景を気にせずにそのまま信じ、セミナーに何十万円もつぎ込んでしまった人がたくさんいそうです。

私の考えですが、今の時代はネットや書籍で何でも勉強できる時代なので、セミナーに行く必要性を感じません。

 

ロバートキヨサキの名前を使ったセミナーも今では多数見かけられますが、一部のセミナーは定員の数だけ空席があり申し込みをしている人はほとんどなし。(怪しすぎる)

・・・ただどういう実態なのか気になるので、そのうち一度このようなマルチ商法であろう怪しいセミナーにも足を運んでみたいと思います。

スポンサーリンク

『金持ち父さん 貧乏父さん』の感想、レビューまとめ

『金持ち父さん 貧乏父さん』には作り話だと感じる部分は所々にありますが、役に立つ情報、ハッとさせられる情報も多いです。

肝心なところが嘘の可能性は高いですが、著者が実際に起業、不動産業で成功した人なので説得力はあります。

 

ただ日本とアメリカでは不動産に関して税制が違うので、著者の不動産業を簡単には参考にできません。

ですが元々のお金の考え、哲学、人生とは、と考えるきっかけになり得る名著だと思います。

 

この本に書いているような投資への賛成意見と、投資を反対する反対意見と、聞き比べて自分の中で考え抜き、今後投資の世界にも足を踏み入れようと思っています。

 

稼ぎたいけど稼ぐ方法がわからない!だからゲームをする人へ

2018.01.21