「巨大な夢をかなえる方法」という成功者のスピーチをまとめた本が面白い!感想、レビュー

スポンサーリンク
「巨大な夢をかなえる方法」という成功者のスピーチをまとめた本が面白い!感想、レビュー

「巨大な夢をかなえる方法」という成功者のスピーチをまとめた本が面白い!感想、レビュー

「巨大な夢をかなえる方法」という本。

 

この本は、amazonのジェフ・ベゾスやGoogleのラリー・ペイジ、Facebookのシェリル・サンドバーグの他、Twitter、アリババ、テスラモーターなどの大企業のお偉いさんからハリウッド俳優まで、

様々な超成功者の、大学卒業式のスピーチをまとめた本です。

 

大学の卒業式でスピーチをすることは、アメリカではとても名誉なことです。

そのため、様々な分野の成功者・有名人が、若者に伝えたい良い話を面白くスピーチするわけです。

 

この本を購入したのは半年以上前ですが、たまに読むとすごい元気とやる気がもらえる本なんですよね。

成功者が練りに練った卒業式のスピーチですから、良い話なのは当たり前、さらに成功者の思考についても詳しく知ることができます。

 

ということで、この本を読んで印象に残ったお話、自分が心に留めておこうと思った2人のお話を軽く紹介、そしてこの本を読んだ私の感想、レビューをまとめました。

スポンサーリンク

人生は「選択」で作られる

amazon(アマゾン)の創業者、ジェフ・ベゾスのお話。

 

ジェフ・ベゾスは人生において選択が大事だと話していて、エリートサラリーマンを辞めてamazonを創業する際も、起業するべきかサラリーマンでいるかで悩んだようです。

そして考え抜いた結果、自分が後悔しないであろう脱サラ、起業という「選択」に至ったようです。

 

【人生は「選択」で作られる】

  • 惰性で人生を生きますか?それとも、本当に好きなことをやりますか?
  • 世の中の常識に従いますか?それとも、独創的な人間になりますか?
  • 楽な人生を選びますか?それとも、リスクを取り世界に貢献する人生を選びますか?
  • 批判に屈しますか?それとも、自分の信念に従いますか?
  • 間違いを犯したとき、ごまかしますか?それとも、正直に謝りますか?
  • 恋をしたとき、振られるのがこわくて何も行動しませんか?それとも、思いきって行動しますか?
  • 冒険するのをやめますか?それとも、ちょっと向こう見ずなこともやってみますか?
  • つらいとき、あきらめますか?それとも、あきらめずに挑戦しつづけますか?
  • ただの批評家で終わりますか?それとも、何かを創造する人になりますか?
  • 他人を犠牲にしてでも賢い人でいたいですか?それとも、他人に優しくする人でありたいですか?

 

人生は自分の選択次第という、当たり前でも実際には難しいことを表現している文章です。

 

惰性で人生を生きますか?それとも、本当に好きなことをやりますか?

↑特にこの文章は、だらけた生活を送っている私には改めて身に染みるものがありました・・・。

スポンサーリンク

努力をし続けないと夢は叶わない。

続いてGoogle(グーグル)の創業者、ラリー・ペイジのお話。

 

寝ているときにふと、

「もしすべてのウェブサイトをダウンロードできて、そのリンク先を記録しておけたら、どうなるだろう」

と思いついたのが、Googleの始まりのようです。

 

そこからあきらめようと思ったこと、大変なことは数多くあっても、夢を捨てずに努力をし続けた結果が今のGoogle。

 

Googleは今では世界中の人が利用しない日はない、当たり前になり過ぎていますよね。

壮大過ぎる夢でも、本気で努力をし続けると夢は叶えられる。

ただ夢は叶わないこともある。

でも努力をし続けないと夢は叶わない。

 

楽ではないけれどワクワクすることに常に挑戦することで、世界は変えられる。byラリー・ペイジ

 

そして、夢は達成することで次から次へと湧いてくるものである、とも書いていました。

 

 

・・・・・・私の夢とは何だろう。

毎日ブログを書いて、サイトの更新をして、投資をして、夜になったらお笑いを見ながらお酒を飲む生活。

 

これが本当に私のやりたいことなのだろうか?

こんな生活が今後何十年も続くのだろうか?

 

ラリー・ペイジのスピーチ文を改めて読み、深く考えることになりました・・。

スポンサーリンク

自分を信じて、自分の好きなことに全力で取り組もう!

この本は他にも10人、全部で12人のスピーチ内容が記されており、とても気持ちが引き締まる本になっています。

成功するためにふさわしい人間になろう!

自分の強みを知ろう!

・・・とかね。

 

そして成功者の皆さんが一貫して言っていることは、

自分を信じて、自分の好きなことに全力で取り組もう!

ということです。

 

他人の言葉や中傷、できないだろうといった意見に耳を傾ける必要はない。

自分の中でできると思ったなら、その実現に向けて本気で取り組むだけ。

決して夢はあきらめるな、ということです。

 

自分の好きなことをやり続けて実際に大成功を収めている人たちの言葉なので、とても重みがあるし信用性もあります。

 

 

久しぶりにこの本を読み、今後の生き方を考えるとても良い機会になりました。

でも・・・・・・私の夢って本当に何だろう・・・。

 

何かやる気になれない人や、夢を持っている人には是非読んでほしいです。

とてもやる気になる、とても気持ちが良くなる一冊です。

 

私は自分のこと、自分の夢について、もっと考えてみることにします。

 

それでは以上!